カテゴリー「ボーカル」の記事

2018年6月12日 (火)

Michael Franks 「The Music In My Head」(2018)と、マイケル作品のカバー集

81iuewf5z1l_sl1500_

マイケル・フランクスの新作は、前作「Time Together」(2011 )以来、7年ぶり、通算19枚目のオリジナル作品。73歳になるマイケルだが、その歌声には年齢の衰えは感じられない。デビュー当時からのウィスパー・ボイスは健在で、枯れたと言うより円熟度が増した歌声に魅了される。全て新曲の10曲からなる新作は、いつも通りのスタイルが、安心して浸れるマイケルの音楽世界だ。前作はもちろん、過去作品からの延長にある、ジャズやボサノバを下敷きとしたサウンドのフォーマットは鉄板のごとく変わらない。参加しているミュージシャンも、チャック・ローブ、ジミー・ハスリップ、デヴィッド・スピノザなど、マイケルとは長年に渡る仲間たちが固めていて、殊更にリラックスしたムードを作っている。とりわけて、チャック・ローブが客演した、M1「As Long As We’re Both Together」は、必聴の1曲だ。去年早逝した、ギター奏者チャック・ローブは、長年に渡りマイケルの作品に欠かせない盟友だった。このトラックは、チャックがプロデュースして、ギター演奏をした、最後の曲となってしまった。ボッサのリズムに、流れるようなフレーズを奏でる、チャックのソフトなギターの美しいこと。M5「To Spend The Day With You」は、女性ジャズ・ピアノ奏者レイチェルZが参加した曲。明るいボッサのメロディーは、これも常套句的なマイケル節だけれど、レイチェルZのピアノ・プレイは若々しくて、華やいだムードを演出している。M7「Where You Hid the Truth」は、かたや切ないメロディのマイナー・バラード。こういったナイーヴなメロディも、マイケルの得意とするところで、名曲の「Antonio’s Song」や「Vivaldi’s Song」といった代表曲の路線を踏襲する曲。何年か先の次作を心待ちにして、この珠玉の10曲をじっくりと味わいたい。

Leosidran このマイケルの新作リリースに合わせたように、シンガー・ソング・ライターのレオ・シドランがマイケル・フランクスの作品集を出した。こちらも、なかなかの秀作だ。  その新作「Cool School」(2018)は、マイケル作品11曲を歌ったカバー集。レオ・シドランの父親は、ベン・シドラン。ベンといえば、70年代から活躍するピアニストでシンガー。ジャズに限らず、フュージョン、ロックなどクロスオーバーな音楽性は唯一無二のミュージシャンだ。ベンも、マイケルと同世代で、今でも現役だ。そのベンの息子のレオは、学生時代に、「Depleting Moral Legacy」(1999)でソロ・デビューしたシンガー・ソング・ライター。デビュー作から数えて、この新作が6作品目。レオの歌声は、当然ながら、父親ゆずりの歌声なのだが、父親ほどの「ドス」の強さは無いとは言え、時折聴かせる線の太いところがセクシーなボーカリストだ。レオが歌うマイケルの名曲は、若々しく、やや艶っぽい歌い方が魅力的で、原曲をほぼ忠実にした解釈も、マイケルのファンもきっと好感が持てることに間違いなしのカバー集だ。ハイライトは、M6「The Cool Scool」、マイケル自身とのデュエットによるバージョンだ。デュエットなので、オリジナル・バージョンとは趣きが異なるが、2人がブルージーに歌うところが聴きどころ。名曲の、M5「Antonio’s Song」は、白眉なバージョンで、ブラジルの歌手レオ・ミナクスとのデュエットと、ハーモニカの演奏が心地よく、数多ある同曲のカバーの中でもベスト級のトラックだろう。なお、CD盤には、レオ自身のオリジナル曲「Easy」がボーナス・トラックとして収録されている。この曲は、マイケル・フランクスにオマージュしたような、まるでマイケルの新曲のような趣きの佳作、必聴です。

マイケルの曲をカバーするミュージシャンは多いけれど、アルバム丸ごと、マイケルの曲集といえば、この2枚の過去作品も紹介しておきたい。

Veronicanann 女性ジャズ歌手、ヴェロニカ・ナンの「The Art of Michael Franks」(2010)は、マイケルの曲13曲をカバーしたアルバム。ヴェロニカは、90年代からマイケルのツアーや、アルバムでコーラスを担当している人。マイケルのアルバムでもデュエットしているトラックがあって、「Watching The Snow」(2003)収録の「Island Christmas」や、「Time Together」(2011)収録の「My Heart Said Now」、がそう。彼女のこのマイケル作品集は、長年マイケルをサポートしてきた彼女ならではの作品。同様に、マイケルとの共演が長い、ピアノ奏者チャールズ・ブレンジィッグが協力していて、いわば「マイケル・フランクス」ファミリーの作品の趣き。彼女のボーカルは、正統的なジャズ・ボーカルで、アレンジも同様にジャズのアプローチで解釈したマイケル作品集だ。中でも、M7「Leading Me Back to You」は貴重なトラック。オリジナルは、ピアノ奏者ジョー・サンプルのアルバム「Spellbound」(1989)の収録曲。マイケルとサンプル2人の共作で、マイケルがボーカルを務めた曲。このヴェロニカのアルバムに収録されたトラックは、彼女とマイケル本人のデュエット・バージョン。マイケル・フランクスのファンなら、絶対に必聴のバージョン。ヴェロニカは、マイケルの新作「The Music In My Head」でもバックコーラスを務めている。

Gordonhaskell ゴードン・ハスケルの「The Lady Wants To Know」(2004)は、11曲のマイケル作品集。かつてキンング・クリムゾンのメンバーだったこともある、ゴードン・ハスケルは、シンガー・ソング・ライターとして、70年初めから活躍するミュージシャン。彼も、マイケルと同世代のシンガー。このアルバムは、14年前の作品だが、マイケルの中性的な歌声と違って、ゴードンの男性的でシブーい枯れた歌声が痺れます。プロデュースは、ヘイミッシュ・スチュアート(アヴェレージ・ホワイト・バンドの元メンバー)だから、このブルー・アイド・ソウルなムード作りは彼のお手のもの、というところ。「The Lady Wants to Know」や、「Antonio’s Song」、「B’wana He No Home 」、「Monkey See」といった、マイケルの初期のエバーグリーン曲が並ぶセレクションも嬉しい。

2018年1月13日 (土)

Christopher Cross 「Take Me As I Am」(2017)

Takemeasiam

クリストファー・クロスの、デビュー作「Christoper Cross(邦題「南から来た男」)」(1979)は、彼の出世作で、最大のヒット作品、何より今でも色褪せない、AORの、いやポップスの「名作」の一枚だ。残念ながら、彼のその後の作品は、チャート的にはそのデビュー作を超えることは無く、「Walking in Avalon」(1998)を最後に、しばらくは録音作品のリリースも無かった。そして、新曲のスタジオ録音としては、13年ぶりとなる「Doctor Faith」(2011)のリリースは嬉しい「復活」だった。その後も、ライブ録音の「A Night in Paris」(2013)、「Secret Ladder」(2014)と、再び積極的な新作のリリースの連続。もうチャートをにぎわすヒット曲は無いけれど、あのハイトーンボイスが聴けるのは嬉しい限りだ。そして、この新作「Take Me As I Am」は、彼の「新機軸」を聴かせてくれる秀作だ。メジャーなレーベルから離れて、自身のレーベルからのリリースだからか、自由奔放で、リラックス・ムードが伝わって来る。何より、特徴は、従来のボーカル・アルバムと異なる構成だ。いずれの曲も、彼が弾く、伸びのあるフェンダーストラスキャスター・ギターが主役で、加えてピアノ(Eddy Hobizal)やサックス(Andy Suzuki)などのインストが中心の演奏だ。全ての曲で、ボーカルやコーラスは、曲の中盤から現れるという構成で、ボーカル自体の録音も、後方に下がったような控えめのミックスで、演奏の1要素の位置づけになっている。 中でも、M4「Down to The Wire」は、「典型的」な構成で、キャッチーなメロディーは往年のクロスを思わせるソフト・ロックだけれど、ギターや、エレキ・ピアノ、サックスの演奏が中心で、彼のボーカルと混声コーラスさえも、曲の中盤、それも3分の1を過ぎた頃に入ってきて、歌詞も同じフレーズのループなので、インスト作品と言ってもいいぐらいだ。彼のボーカルをたっぷり聴きたいファンにしてみると、少し失望するリスナーもいるかもしれないが、ユニークな演奏作品で、ウエストコーストを思わせる視界の広がる爽快なグルーヴは、従来のクリストファー・クロスの音楽世界と変わらない。復活後の作品としては、ベストな新作だと思う。スムーズジャズ・ファンにもぜひ一聴を勧めたい。

2017年1月29日 (日)

Rumer 「This Girl's In Love」(2016)

Rumerbacharach

ルーマーの新作は、バート・バカラックとハル・デヴィッド作品のカバー集。ルーマーの繊細な歌声はもちろん、オーケストレーションの世界観に魅了される秀作。オーケストレーションとプロデュースは、ロブ・シアックバリの手による。シアックバリは、ディオンヌ・ワーウィックのプロデューサーや、バカラック自身のバンドのアレンジャーやキーボード奏者を務めた人。ルーマーとは、「Into Colour」(2014)、「B-Sides & Rarities」(2015)に続くプロデュース作品。ルーマーのパートナーでもある。シアックバリこそ、バカラック・サウンドを知り尽くした現代の表現者だろう。弦や管の情緒的なオーケストレーションは、バカラックの黄金時代を蘇らせる王道のポップス・オーケストラ。アレンジの中核となるのは、しっとりとしたピアノ演奏で、M1「The Look of Love」や、M7「Land of Make Believe」などで聞けるピアノ・フレーズが印象に残る。取り上げている曲のオリジナルは、ほとんどがディオンヌ・ワーウィックが60年代後半に歌った曲。M2「The Balance Of Nature」、M9「Walk On By」などのワーウィックの名唄曲も、ルーマーの透明感ある歌声で新鮮な趣き。ルーマーは、カレン・カーペンターの再来とも評価されるけれど、M5「Close To You」のスローなテンポで丁寧に歌い込む歌声は、カレンとは重ならない。落ち着いたピアノの演奏と相まって、ルーマーらしい名唄のベスト・チューン。アルバムを通して統一感のあるサウンドと、ルーマーのささやくような歌声をリアルに記録した録音も素晴らしい。

2016年8月27日 (土)

Stephen Bishop 「blueprint」(2016)

Blueprint

スティーヴン・ビショップの前作「Be Here Then」(2014)は、企画盤などを除けばおよそ20年ぶりのスタジオ作品で、長いこと待たされたファンとしては狂喜のカムバックだった。その後も、新録ライブ作品「Stephen Bishop Live」や、1989年の作品「Bowling in Paris」の再編リマスター盤の再発、アンドリュー・ゴールドの作品カバー「Thank You for Being a Friend」など、あの長い沈黙を忘れるような、積極的なリリースが続いて嬉しい限り。そしてこの新作フルアルバム「blueprint」も、スティーヴン・ビショップらしいナイーヴな歌声と楽曲の並んだ珠玉の作品集。収められたほとんどの楽曲は、以前にデモ集などで発表していたもので、今回すべて新たなアレンジで新録音されている。アルバムタイトルは、かつての「青写真=Blueprint」の作品集というわけ。旧作品といっても、初期の作品だろう、かつての名曲を思い起こして、聴き込むごとに愛着の深まる佳作が並んでいる。M3「Ultralove」は、ナイーヴなメロディーがヒット性を感じるバラード。少し不安定にも聞こえるファルセットの歌声も、これもビショップらしい曲。M10「Someone Like You」も、かつての名曲「Looking for the Right One」を思わせる、切なく美しいバラード。同様に、M7「Before Nightfall」や、M12「Blue Window」など、傾向としては、「おはこ」のラブ・バラードだけれど、聴くたびに心をつかまれる珠玉の楽曲。注目は、M9「Holy Mother」で、エリック・クラプトンとの共作品。オリジナルはクラプトンの「August」(1986)に収録されている。この曲は、オペラ歌手ルチアーノ・パヴァロッティが、クラプトンを迎えて1996年のコンサート「War Child」で歌ったことでも有名。ビショップ自演の録音はこのトラックが初出のはず。クラプトンや、パヴァロッティのバージョンはゴスペルのクラッシックのようだけれど、ビショップが歌うと彼らしいメロディーラインが際立って、この曲はやっぱりスティーヴン・ビショップの作品だと再認識。同様に、珍しいトラックは、60年代オールディーズをカバーしたM1「everyone’s gone to the moon」。オリジナルは、ジョナサン・キングの1965年のヒット曲。ビショップのオリジナル曲のようにも聴こえて、彼の原点なのかな。最後に、アップテンポに編曲された、おなじみの「It Might Be You」も入っているけれど、このヒット曲さえ、少し違和感を感じるぐらい、他の12曲で充実している作品。

2016年4月17日 (日)

Thierry Condor 「So Close」(2016)

Soclose_2

ティエリー・コンドルの新作は、前作「Stuff Like That」の続編と言ってもいい、もろに、80年代の西海岸サウンドの秀作。前作でも感激したけれど、コンドルの中性的なボーカルといい、懐かしいサウンドといい、AORファンなら歓喜するに違いない。幾つかのカバー曲では、TOTOやシカゴなど、あの頃のAORサウンドを思い起こす懐かしさはもちろん。それ以上に、何とも新しさを感じるグッド・ミュージック。前作同様、プロデュースはウーズ・ウィーゼンダンガーで、この作品のサウンド・クオリティの高さは、彼によるもの。コンドルともに、スイスで活動していて、この作品が作られたというのも興味深い。 M1「Heart to Heart」は、おなじみケニー・ロギンスのヒット曲。これぞAORのクラシックと言っていい名曲。コンドルの爽快な歌声がかっこいい。 M3「Deeper Than The Night」は、オリビア・ニュートン・ジョンが歌った邦題「愛の炎」。コンドルが歌えば、最高にキャッチーなAORチューン。フュージョンファンには懐かしい、聴いたらすぐに分かるサックス奏者のトム・スコットの演奏が聴けるのも涙もの。M8「So Close」は、ディズニー映画「Enchanted(魔法にかけられて)」の挿入歌のカバー。コンドルの魅力的なボーカルと、TOTOを彷彿とするサウンドが最高。M9「Music Prayer For Peace」は、オリジナルはアーニー・ワッツの曲で、クインシー・ジョーンズがプロデュースしたアルバム「Musican」(1985)に入っているフュージョンの名曲。オリジナルのボーカルはフィル・ペリーだった。コンドルのカバー・バージョンは、彼のボーカルに加えて、Gサックスのサックス客演がかっこいい必聴曲。その他、オリジナルらしい、M3「Love Will Rise and Fall」、M6「Hard To Say Goodbye」にしても、まるでAORのクラシック曲のようだ。収録曲12曲(1曲はバージョン違い)、すべての曲を聴けば、コンドルのボーカルと、AORの色褪せない魅力に感激するすばらしい作品。

2015年6月20日 (土)

Shaun Escoffery 「In the Red Room」(2014)

Redroom

今年のグラミー賞で最優秀新人賞他3部門を受賞した話題のシンガーといえば、サム・スミス。新人ながら、楽曲といい、歌唱力といい、評価に値する素晴らしいアーティスト。サム・スミスもいいけれど、一方で、あまり、日本のメディアでは、取り上げられないアーティスト、同じ英国のシンガー、ショウン・エスコフェリーを紹介したい。ファルセットを多用した歌い方に共通点はあるけれど、ショウンはキャリア豊富な、骨太のソウル・シンガー。マーヴィン・ゲイを彷彿する、伝統的なソウル・シンガーの継承者。彼の、7年振りの新作「In the Red Room」は、ノリのいいダンス・ミュージックにあらず、チャートを賑わすポップス路線でもないけれど、メッセージと歌のパワーが振動する素晴らしい作品。M1「Nature’s Call」、M2「Perfect Love Affair」、M3「Nobody Knows」、M6「People」、と並ぶキャッチーな佳曲が特に素晴らしい。M7「Do U Remember」やM12「By Your Side」のゴスペル・ムードの曲では、まさにマーヴィン・ゲイを思わせる。M11「Get Over」は、ビートフルなR&Bナンバーで、終始聞かせてくれるファルセット・ボーカルに圧倒されて、サム・スミスとの比較なんて、申し訳ない。

2015年4月12日 (日)

Diana Krall 「Wallflower」(2015)

Krall

多方面で絶賛されている、ダイアナ・クラールの新作。70年代中心のヒット・ポップスを歌ったカバー集で、選曲もいいし、デヴィッド・フォスターのアレンジ、クラールのボーカル、と3拍子が揃った素晴らしい内容の秀作。何といっても、フォスターのオーケストレーションが素晴らしい。個性の強い名曲のオリジナル・バージョンのムードをそのままに、ストリング中心のオーケストレーションで表現したアレンジメントはまるでマジックのよう。10CCの名曲「I’m Not In Love」は、オリジナルの「シート・オブ・サウンド」が、ストリングスやピアノで表現されて、かつ室内楽のような品位もある解釈で仕上げた感動のバージョン。クラールのボーカルは、低音の魅力が輝いている。スローテンポでストリングスをバックに歌う「Superstar」は鳥肌ものだし、「Don’t Dream It’s Over」の囁くような低音の導入部、「I Can’t Tell You Why」のハスキーな歌い方、それぞれほとんどフェイクせずにオリジナルメロディーを忠実に歌うところも、かえって枯れたところも持ち合わせた、巧者なヴォーカリストであることを聴かせてくれる。取り上げている選曲もいい。イーグルスに、ギルバート・オサリバン、ジム・クロウチ、エルトン・ジョン、ボブ・ディラン、カーペンターズに、なんとクラウデッド・ハウスと来るんだから、もう涙もの。ベビーブーマーが青春時代を過ごした黄金ポップスで、久しぶりに出会った旧友ような懐かしさと感傷を、思わずにいられない。クラールも、1964年生まれだから、リアル・タイムに思い出のある曲の数々なのかもしれない。クラールは、「When I Look In Your Eyes」(1999)や、大ヒットした「The Look of Love」(2001)、傑作ライブ盤「Live In Paris」(2001)など、スタンダードを歌う、正統派ジャズ・ボーカリストだし、ピアニストとしても巧者。今回のポップス・カバー集は、意外な企画のようだけれど、実は、クラールは以前から、同時代ポップスをカバーしていて、それぞれ光った録音を残している。「Live In Paris」(2002)では、弾き語りで歌ったアンコール曲、彼女の同郷カナダ出身のジョニ・ミッチェルの「A Case of You」が何といっても素晴らしい。同じアルバムの最後に入っている、この曲だけがスタジオ録音の、ビリー・ジョエルの「素顔のままで(Just the Way You Are)」は、マイケル・ブレッカーのサックス演奏も必聴の素晴らしいカバー。「Quiet Nights」(2009)では、ビー・ジーズの「傷心の日々(How Can You Mend a Broken Heart)」と、ディオンヌ・ワーウィックで有名な「Walk On By」。クラールがエルヴィス・コステロと結婚した後に作った、「The Girl in the Other Room」(2004)には、ジョニ・ミッチェルの「Black Crow」、トム・ウェイツの「Temptation」、コステロの「Almost Blue」。その7曲を集めたら、”Another Wallflower”といった趣の、いいコンピレーションになるはず。ところで、今回の作品に、ポール・マッカートニーの未発表曲「If I Take You Home Tonight」が収録されていて、話題だけれど、クラールは以前に、ポールと共演している縁があってのことだろう。ポール・マッカートニーが、ジャズ・スタンダードをカバーした「Kisses on the Bottom」(2012)では、クラールと彼女のバンドが録音に参加していたから。ポールはそのアルバム用に3曲を書き下ろして録音したらしい。その時のアウト・テイクがこの曲。マッカートニーの曲というだけで話題だけれど、個人的には、他のカバー作品の方が秀逸だ。今度は、クラールのピアノ演奏をフューチャーして、スムーズ・ジャズの作品を作って欲しいなあ。

2014年12月14日 (日)

Eric Nolan 「Mood Swing」(2014)

Ericnolan

スムーズ・ジャズではないけれど、最近ハマっているのが、このエリック・ノーランの新作。エリック・ノーランは、フルネームをエリック・ノーラン・グラント、1995年からオージェイズのメンバー。そもそもオージェイズは、1958年結成のグループで、オリジナル・メンバーはエディ・レヴァートとウォルター・ウィリアムズ、の二人。長い変遷を経て、メンバーもかなり変わっているけれど、今は、そのオリジナル・メンバーの二人(二人とも70歳!)と、ノーランで現役活動しているらしい。そのノーランの新作ソロ・アルバムがこれ。オージェイズを形容したらいいのか、オールド・スクールなソウル・ボーカルの秀作。サウンドを作っているプレイヤーやバックグラウンドはわからないけれど、ノーランのスウィートなボーカルは若々しいし、なんともスムーズなムード。オールド・スクール的なソウルだけれど、最高に心地いい好盤。ハイライトは、7分に及ぶM1「Do My Thang」。ソウル・パーティーのようなクールなMCの始まり、ファンキーなコーラスやサウンドをバックに歌う、ノーランのボーカルがかっこいい。7分があっと言う間のヴァイブレーション。この曲だけでも、スムーズ・ジャズ・ファンに聞いてほしい。M2「Reminds Me」も、スウィート・ソウルな秀曲。どこか懐かしくて、新しい、美メロのボーカルにうっとりします。M8「Give Her Your Love」は、オージェイズのウオルター・ウィリアムズがゲストでデュエットした曲。少しかすれた声のほうが、ウィリアムズ。古さなんて感じない、なんともスウィートなソウル・コーラス。M9「When You Cry」は、バラード曲。何十年も歌ってきたキャリアで、ナチュラルに歌いこなすファルセット・ボーカルが、いやあ、たまりません。

2014年2月23日 (日)

Lisa Stansfield 「Seven」(2014)

Lisastansfieldpng1_600x600

リサ・スタンスフィールドといえば、最大のヒット曲「All Around the World」(1989)が印象的で、その後も聴き続けている訳ではないけれど、彼女のようなUK出身の「ブルーアイド・ソウル」のシンガーがなぜか好みである。90年代のディスコブームでは、日本でもかなり人気があって、それ以降、女優もしていたようだが、作品もしばらく出てなかったのでニュースも伝わってこなかった。忘れた頃に久しぶりにこの嬉しい新作。アルバムとしては、前作「The Moment」(2004)以来、およそ10年振り、オリジナル作品としては7枚目の新作で、タイトルも「Seven」。 先行シングルで出ていたM1「Can’t Dance」は、90年代を思わせるちょっとレトロなディスコ調チューン。ピッキング・ギターや、タイトなドラムス、ブラス・セクションのサウンドが、どこかマイケル・ジャクソンを思わせてかっこいい。そのはず、この曲のドラムスは、マイケルの作品で叩いていたジョン・ロビンソン(!)。M7「The Rain」や、M8「Conversation」はストリングスが入る劇場型の曲だが、スタンスフィールドの唄い方は、ちょっとオーバー・パワーで聞き苦しい。この人は、やっぱりR&Bビートのダンスチューンが似合う。M9「Carry On」は、ストリングが入った、ちょっとモータウンっぽい、ヒット性のキャッチーな曲で、スタンスフィールドの「復活」にふさわしいガツンとくる作品。M10「Love Can」も、アシッドなテイストのメロディーと、ストリングの組み合わせがクールなアレンジで、力を抜いたスタンスフィールドの歌がアルバム中一番ファンキーな曲。プロデュースは、スタンスフィールドの夫のイアン・デヴェニーで、曲もほとんどをスタンスフィールドと共作。パワフルなストリングスを取り入れながら、ソウルでファンキーなサウンドは豪華だし、久しぶりのスタンスフィールドの歌もブランクを感じない。今の歌姫アデルの成功に刺激されたのかな、アデルの生まれた年(1988)のすぐ次の年に、スタンスフィールドがデビューアルバム「Affection」をリリースしているわけで、比べたら失礼だね。

2014年1月26日 (日)

Stephen Bishop 「Be Here Then」(2014)

Beherethen

スティーヴン・ビショップの新作は、スタジオ録音のフルアルバムとしては7年振り。といっても、前作「Romance In Rio」(2008)は、「On And On」などのセルフカバーをボサノバ風にまとめた企画盤だったし、その前の作品「Yardwork」(2003)も、アンプラグドなセルフカバー集だった。その2作を除くと、「Blue Guitars」(1994)以来の、およそ20年振りの新曲フルアルバムということになる。デビュー・アルバム「Careless」(1976)から、「Bish」(1978)、「Red Cab to Manhattan」(1980)の3作品は、AORの名作といってもいいぐらいの、すばらしい作品だった。その後、映画「トッツイー」の主題歌「It Might Be You」(1983)が大ヒット(この作品は彼の作品ではなく、デイヴ・グルーシンの作曲。でも、ビショップ自身、最大のヒット曲)。映画「ホワイト・ナイツ」の挿入唄で、フィル・コリンズとマリリン・マーティンが唄った「Separate Lives」(1986)はビショップの書き下ろしのすばらしい曲だった。その後、数枚のアルバムや、デモ集やライブ盤など、セルフカバー集など、出していたけれど、90年代からはこれといった作品も見られなかった。メジャーレーベルとの契約の問題や、失恋などがあったとか、の話は伝わってきたけれど、ついぞ長いことフルアフバムが出なかった。この新作は、メジャーレーベルからではなく、自己のレーベルから出した、インディーズ作品。音楽業界のことは分からないが、いろいろあっての作品なんだろう。ビショップの作品は、ほとんどがラヴソング。ポップで明るい曲、「On and On」や、「Save It for a Rainy Day」「Everybody Need Love」「Send A Little Love My Way」などは、そういったポップ路線の名曲。方や、ナイーヴな心情を唄ったバラードがこの人の真骨頂で、アート・ガーファンクルが唄った「Looking For The Right One」や、「Red Cab To Manhattan」、「Madge」、「Separate Lives」などこそ名曲中の名曲。この新作でも、久しぶりのビショップの唄声は、さすがに少し年をとったかな、くぐもった感じがするけれど、昔と変わらない。とびきりのヒット曲になりそうな曲はないが、いずれも聴くごとに味の出る珠玉の10曲。やっぱりこの人はバラードで、M6「Vacant」は、それこそガーファンクルに唄ってもらいたい佳作だし、M9「Loveless」、M10「Love Is You」も、ビショップの過去のバラード作品を思わせるいい曲。M4「Make It Last」、M5「Promise Me the World」、M2「Rescue You」は、2003年のデモ集や、「Yardwork」に入っていた曲で、この新作で形を整えての発表だ。ビショップも62才だけど、これからもっと新曲を出して欲しいなあ。

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」