« Michael Franks 「Time Together」(2011) | トップページ | Matt Marshak 「Urban Folktales」(2011) »

2011年8月21日 (日)

Andy Snitzer 「Traveler」(2011)

音源:iTunes Store
レーベル:Native Language

新しいCDに針を落とすとき、とはもう言わないか。プレイのボタンを押すときか。今や、CDでもなくて、ダウンロードしたデーターを開く時代。いずれにしても、新しいアルバムは出来るだけ先入観無しに聴きたいもの。

アンディ・スニッツアーの新作。ストレート・アヘッド・ジャズもこなすサックス奏者。その他の先入観無しに、このジャケットから想像してみる。写真の表情からして、内省的で、ストレート・ジャズ寄りなのかなと。

聴いてみると、次から次へとバラードの大特集。ほとんどの曲が、スローかミディアムスロー。音も、シンセと打ち込みリズムが、ストレートジャズでなく、メローな雰囲気を作っている。どの曲も、都会的なメロディと、コンテンポラリーなアレンジと演奏、これぞスムースジャズ。

アンディのサックス・プレイは、熱い「泣き」のバラード・ブローをするのかと期待していると、予想に反して、その一歩手前で引き下がって、流れるよう。「メロディを聴いてくれ」、といわんばかりで、このアルバムの意図が見えてくる。例えば、雑踏の中。それもエアポートやメトロの流れていく群集の中で、一人ストレンジャーで居るときに、ふと聞きたい「静けさ」のようなメロディー。

曲は、タイトル曲を除いてすべて、一部共作はあるが、アンディ自身の手によるもの。ポール・サイモンのツアー・バンドにも参加していて、「ポール・サイモンからの刺激が、このアルバムに影響している」と、彼自身のコメントがライナーに載っている。曲作りとサウンドプロダクションに力を注いだアルバムなのだろう。

3曲(M−7、9、10)でソプラノも吹いているが、やっぱりテナーがいい。M−2「BOHEMIA」のミディアム・バラードは、テナーのナチュラルな中間音の出だしにぞくっとくる。「M−4「LOVE SONG」はたっぷりスウィートなメロディの、タイトルからして自信作だろう。曲の中ごろ、このアルバムでは一番「熱い」ブローを聴かせてくれる。それでも、パワー全開の手前で引いていくプレイが余韻を残す。

M-3「LAUSANNE」は、唯一の比較的アップテンポでビート感のある曲。ドラム、ベース、ピアノと一体感あるアンサンブルが、アルバムの中で新鮮。

|

« Michael Franks 「Time Together」(2011) | トップページ | Matt Marshak 「Urban Folktales」(2011) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。