« Andy Snitzer 「TRAVELER」(2011) | トップページ | Jamhunters 「Driftin'」(2011) »

2011年9月 3日 (土)

Matt Marshak 「Urban Folktales」(2011)

Urbanforktales2
音源:iTunes
レーベル:MattMarshak.com














青空の下をドライブする時は、疾走感たっぷりのビートはっきりのアルバムを聴きたい。夜には、静かに一人で飲むなら、摩天楼にささやき通るような、スロウでメローな演奏を聴きたい。ところが、初めから終わりまで、期待通りのバイブレーションが続くアルバムはなかなかないもの。メローな曲に酔っていると、次の曲は突然、青空を突き破るようなファンクチューンが出てきたりして、スキップで飛ばしたり。TPOに合わせて、お気に入りの曲を編集したりする。でもなあ、そんなの面倒だ。同じビートとバイブレーションが続くグッド・ミュージックのアルバムを見つけたい。

マット・マーシャックは、ニューヨーク出身のギタリスト。2001年にデビューアルバムを出してから、この新作が6作目。「この作品は、初めから終わりまで同じバイブレーションで通した、初めてのテーマ・アルバムだ。夜中のシティ・サウンドを表現したかったんだ。」と、彼自身がコメントしているとおり、これは夜にピッタリのミュージック。

同じバイブレーションをキープしながら、ギターの奏法と音色を駆使して作った、万華鏡のような作品集。ワウワウ・エフェクトとエコーで、夜を演出しているような、M-1「Teddy P」とM−6「For So Long」。ポップチューンのような、キャッチーな、M-4「Tell Me How You Feel」とM−5「A Silent Knowing」。チョーキングを効果的に使ってブルース・フィーリングたっぶりの、M−7「Piece By Piece」。ワンツー・ワンツーのスロービートにメローノートを繰り返す、M−8「Harlem River Drive」。オクターブ奏法が冴え渡るクールな、M−9「Cackalaky Cool」。スチール弦のアコースティックサウンドでさわやかな、M-10「Time For Takeoff」。オルガンやホーンセクションが加わって、ワウワウがファンキーな、シカゴのR&Bバンドのような、M−11「Glen Burnie」と、最後を飾るM−13「Dancing With My Daughter」。

これなら、編集いらず、夜に聴き通せるスムース・ジャズの決定版。もう、今年ベスト候補の一枚かな。

« Andy Snitzer 「TRAVELER」(2011) | トップページ | Jamhunters 「Driftin'」(2011) »

ギター」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」