« Nils 「What the Funk ?」(2010) | トップページ | Yellowjackets 「Timeline」(2011) »

2011年12月 4日 (日)

Paul Brown & Marc Antoine 「Foreign Exchange」(2009)

Fx_music_pg
音源:iTunes Store
レーベル:Peak Records














マーク・アントワンとポール・ブラウンがコラボレーションをしたギター・デュエットのセッション・アルバム。マークがナイロンギター、ポールはエレクトリック・ギター。マーク・アントワンは、パリ出身のギタリストで、スパニッシュ・テイストのプレイが持ち味。ポール・ブラウンは、スムースジャズ界の売れっ子プロデューサー兼ギタリストで、ブラック・コンテンポラリーな曲作りが持ち味。スムースジャズ界最強の2人が組んだのだから悪いはずがない。
タイトル曲のM-4「Foreign Exchange」がまさにこのアルバムのコンセプトを代表する演奏。ミディアムなエイトビートに乗って、2人のギターのユニゾンで始まるウキウキする旋律と掛け合いの演奏が楽しい。全10曲を2人で共作して、どちらかが主役になるのではなく、お互いがイーブンのコラボレーション。マークのナイロンギターは、フラメンコのテクニックなのかダイナミックなビートを刻んで、ポールのエレキに負けない。ポールのエレキは、時にジョージ・ベンソンを思わせるソフトでメローなプレイ。お互いのアンサンブルは、まるでボーカルのデュエットを聴いているようで、一体感のある演奏は壮快。
ジョージ・ベンソンとアール・クルーのディエット・アルバム「Collaboration」(1987)を思い出す。この「Foreign Exchange」は、あのベンソンとクルーへのオマージュなのかもしれない。ベンソンとクルーのアルバムは、名作だけれど、ベンソンがやっぱり役者が上だった。このマークとポールのアルバムは、お互いが公平に「会話」をしている。パート2を作ってくれないかな。

« Nils 「What the Funk ?」(2010) | トップページ | Yellowjackets 「Timeline」(2011) »

ギター」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」