« Paul Hardcastle 「Paul Hardcastle VI」(2011) | トップページ | Alex Bugnon 「Going Home」(2009) »

2012年1月28日 (土)

スムースなシングル盤4曲

Mjt

最近は、スムースジャズの曲も、フルサイズのアルバムではなくて、シングルだけのリリースというのも結構多い。去年のリリースから、推薦したい以下の4曲。いずれも音源はiTunes Store。

(1)Michael J Thomas 「I Think About Amy」(2011)
マイケル・J・トーマス(サックス)が出したスマッシュヒット・シングル。ファンキーで、パワフルなブロープレイをする人。メロディとアレンジが秀逸な、何度も聴きたくなる曲。ボーカル・バージョンもある。

(2)Jonathan Fritzen「Friday Night」(2011)
ジョナサン・フリッツェン(ピアノ)の新曲。題名どおりの、ダンサブルなビートに、「わかりやすい」ピアノプレイ。これならヒットするなという曲。これも何度も聴いてしまう。今年は、ニューアルバムが出るようなので、この曲も入るだろうし、待ち遠しい。

Friday_2

(3)Renato Falaschi「Where Are You ?」(2011)
レナート・ファラッチ(ピアノ)は、イタリア出身のアーティスト。このシングルは、メランコリックなメロディと、後半のピアノのアドリブが印象的な新曲。ボーカルのバージョンもある。彼は、過去にシングルを数枚出しているが、3曲入りのEP「Summer Rain」(2009)は推薦盤。その中で、ビリー・ジョエルの「Just The Way You Are」を演っていて、これがいい。また、ジョージ・ベンソンで有名な「Breezin'」、ボブ・マーリーの「Waiting In Vain」も、それぞれカバーしたシングル(2010)を出していて、スムースな演奏が気持ちいい。フルアルバムが待ち遠しいアーティスト。

(4)Phil Casagrande 「Island Paradise」(2011)
フィル・カサグランデ(キーボード)は、ニューヨーク出身のアーティスト。シングル6枚がiTunesでリリースされていて、まだフルサイズのアルバムは出ていないようだ。シンセサイザーを多用したワンマンプレイがこの人のスタイルのようで、この新曲も、ミディアムスローなビートに、何層にも重ねられたシンセが行き来して、ピアノやオルガンと絡む佳曲。けだるいムードのスムースジャズ。

Renato_falaschi_where_are_you_ins_2

 

|

« Paul Hardcastle 「Paul Hardcastle VI」(2011) | トップページ | Alex Bugnon 「Going Home」(2009) »