« 第54回グラミー賞 | トップページ | Rob Tardik 「B.E.L.L.(Balance. Energy. Laughter. Love)」(2011) »

2012年2月25日 (土)

Reza Khan 「A Simple Plan」(2011)

Rezakhan
音源:iTunes Store
レーベル:Painted Diaries

ジャケット写真、アジアのどこかだろうか、変わった形の台車に人を乗せて疾走するブレたスナップ。アルバムのタイトルは「シンプル・プラン」。1曲目を聴こえるメランコリックメロディーとアコースティックギターの旋律は、どこか無国籍なムードで、何か違った音楽感を体験できる期待に膨らむ。M-3「Language of Love」、キャッチーでコンテンポラリーなテーマメロディーを、プログレ風ロックのギターアドリブと、力強いサックスブロー(アンディ・スニッツアー)が盛り上げる佳曲。M-4「Simple Plan」、タイトル曲は、インド辺りのエセニックなイントロから始まる。民族的な器楽音色とコーラスの旋律が、近代的なエレキギターやベース、ドラムと絡む、独特な音楽世界。このジャケット写真を見ながら感じる、何か別の世界。M-8「Funktionality」は、チョーキングフレーズのギターで始まり、アンディ・スニッツアーのこれまたブルージーなブロウが追いかける、ブルースなビート感が伝わってくる演奏で、ここからこのアルバムの旅程が変わる。M-9「Sweetest Things」は、題名のイメージ通り、フォークロックのような旋律をアコースティックギターが紡いで、さわやかな一曲。最後のM-12「September Morning」は、情緒深く奏でるアコースティックギターとエレキバイオリンのバラード曲。全編を通しての無国籍旅行を終えるような瞑想的なムードの曲。
リーザ・カーンは、バングラデシュ出身のギタリスト。インドでCDリリースをしたのがキャリアの始まりのようで、その後、ニューヨークへ留学して、平和活動者として、国際連合で働き、南米、アンゴラ、などを訪れて、南アフリカに住んでいたようだ。その後、アメリカに戻って、2001年にアルバム「Painted Diaries」を発表。
そういった経歴から察するに、この音楽世界から、何かのメッセージ性を感じるかもしれない。このジャケット写真からも。
ちなみに、You Tubeで見れる「Language of Love」のビデオは、映像作品としてなかなか秀逸。

« 第54回グラミー賞 | トップページ | Rob Tardik 「B.E.L.L.(Balance. Energy. Laughter. Love)」(2011) »

ギター」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」