« スムースなピアニスト:ブライアン・シンプソン | トップページ | Patrick Yandall 「Acoustic Dreamscape」(2012) »

2012年3月31日 (土)

Darren Rahn 「Speechless」(2012)

Darrenrahn
音源:iTunes Store
レーベル:Trippin 'n' Rhythm

ダーレン・ラーンは、サックス奏者として、自身のアルバムを今まで3枚出している。加えて、サポートプレイヤーやプロデューサーとしても、ウェイン・ティスデール、デーブ・コーズ、ジョナサン・フリッツエンなどなど、スムースジャズの多数のアーティストをサポートしている。サックス奏者としては、派手なブロープレイヤーではないが、安定感のある音色を奏でる。
そのダーレンが、注目のスムース・ジャズのレーベル、トリッピン・リズム・レコード(TNR)と契約した。TNRは、1996年に設立されたコンテンポラリージャズの専門レーベル。近年のスムースジャズのジャンルでは、かなりメジャーな存在になっている。直近のチャートを見ても、TNRリリースのアルバムは上位に複数チャートインする常連。契約しているアーティストも、ビッグネームのポール・ハードキャッスルを筆頭に、シンディ・ブラッドリー、ジャード、オイル・シルクなど、スムースジャズの旬なアーティストを独り占めするかのような布陣だ。そのサウンドは、明確にヒット指向で、ポップスやR&Bの手法の、コンテンポラリーミュージック。その路線で、ジャズのスキルに長けたアーティストがサウンドを作り上げるのだから、単なるイージーリスニングとは一線を画した上質なスムースジャズだ。
TNRからのこの新作の路線は、リッチでコンテンポラリーなソウル・アルバム。80年代の、例えば、クール&ザ・ギャング、シャラマーやギャップ・バンドあたりを思い起こすようなグルーブを感じるのだが。デイブ・コーズとツイン・サックスでコラボするM-11「Flashback」は、ハイライトなトラック。タイトル通り、フラッシュバックするのは80年代のソウルミュージック。ナジーのフルートと競演するM-7「Studio 54」や、M-2「Into the Light」、M-3 「Magical」あたりは、懐かしい「ソウルトレイン」へのオマージュに聴こえる。クールダウンするバラード系のトラックも秀逸。M-4「Give 'n' Take」は、ポール・ブラウンのギターが聴ける、スウィート・ソウルなスタイル。ポール・ハードキャッスルの娘、マキシーヌ・ハードキャッスルがボーカルを取るM-8「Speechless」は、やっぱりハードキャッスル風になっている「チル・アウト」。M−9「One Step Ahead」は、フュージョンスタイルで新鮮。このアルバムはヒットするだろうし、ダーレン・ラーンの代表作になるに違いない。

|

« スムースなピアニスト:ブライアン・シンプソン | トップページ | Patrick Yandall 「Acoustic Dreamscape」(2012) »