« Michael J. Parlett 「Keep It Movin'」(2012) | トップページ | Toots Thielemans 「90 Yrs.」(2012) »

2012年5月28日 (月)

Grady Nichols 「Destinations」(2012)

Destinations
グラディ・ニコルスのニューアルバム。ファンキーな一曲目の「London Baby」から始まる全12曲は、アダルトオリエンテッドなポップ・ロックなアルバムだ。音作りというかオーケストレーションが緻密で、ウェルプロディースされているというか、クオリティの高いスムースジャズアルバムだ。1曲目のファンキーなバイブレーションに匹敵するのが、M−3「You Know Me」で、あのシカゴのビル・チャップリンが客演していて、サウンドがイーグルスの「One of These Nights」のような、黒いウェストコースト・ロックっぽいメロディーとビートが印象的な曲。フロントで吹きまくるニコルスのサックスがしぶい。M-11「You With Me」はベストトラック。アーバンなメロディーを吹くニコルスのサックスはめいっぱいメローだし、最後に出てくるジェフ・ローバーのアコースティックピアノのアドリブがジャージーな佳曲。ニコルスのサックスは、どこかデイビッド・サンボーンを感じるところがあるけれど、M-10「Coming Home」のミディアムバラードが盛り上がる楽曲では、誰かに似ていようが、いいプレイだなと伝わってくるんだから、これはグッドミュージックなんだ。

« Michael J. Parlett 「Keep It Movin'」(2012) | トップページ | Toots Thielemans 「90 Yrs.」(2012) »

サックス」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」