« Steve Oliver 「World Citizen」(2012) | トップページ | Michael J. Parlett 「Keep It Movin'」(2012) »

2012年5月26日 (土)

スムースなシングル盤③

Lovelight_2Blue_moon_2Grand_slam_2










1) 「エレメンツ」という、初めて聴くグループのデビューシングル「Love Light」(2012)。ベース、キーボード、ドラム、サックスの4人組のバンド。この曲は80年代のR&Bの「のり」というかビートがかっこいい佳曲。どこか荒削りなサウンドで、クロスオーバーのクルセーダースやスタッフをちょっと感じさせるグルーブのあるサウンド。フルアルバムが期待できるバンド。
2)ベースプレイヤーのジェイソン・スミスのソロシングル「Blue Moon」(2012)。エレキベースの奏でるリードメロディーがスウィート&メローで美しい。夏のリゾートを思わせるアレンジメントとサウンドプロダクションは、まさにアダルトなスムースジャズの定番という感じ。後半に出てくるチョッパー奏法のメロディーが耳に残る。夏にピッタリなスムース・チューン。
3)サックスマン、ウィル・ドネートが「のりのり」で吹きまくる「Grand Slam」(2012)。なんたって題名は、野球で「満塁ホームラン」だから、ホーンセクションのフロントで、ガツンと吹き捲くるサックスが壮快だ。プロデューサーは、ギタリストのスティーブ・オリバー。このウィル・ドネートはスティーブのアルバムでも吹いていたっけ。「Radio Edit」となっている3分程度のシングルバージョンだけれど、ぜひもっと長いバージョンで聴きたい。元気が出ること間違い無しのパワーチューン。

 

« Steve Oliver 「World Citizen」(2012) | トップページ | Michael J. Parlett 「Keep It Movin'」(2012) »

シングル」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」