« Gary Honor 「Heads & Tales」(2012) | トップページ | Brian Culbertson 「Dreams」(2012) »

2012年6月26日 (火)

Mezzoforte 「Islands」(2012)

Islandsメゾフォルテといえば大ヒットした「Garden Party」。ほぼ30年も前の曲だけれど、フュージョンの名曲である。そのメゾフォルテの35周年を迎えての新作である。結成時からのオリジナルメンバー4人がいまだに中核でやっているのも驚き。アイスランドのバンドだからということではないけれど、この新作の「クール」なビート感覚がたまらない。こういうフュージョンバンドが最近は少なくなったしまったので、このメゾフォルテを聴くとうれしくなってしまう。個人的に「好み」のバンドである。今回の新作は、全曲通してドラムスとベースの忠実に刻まれるビートがなんとも心地いい。そのビートに酔うだけでもこのアルバムは大正解。おそらくダビングはほぼ無い、一発撮りのようなライブなアンサンブルも聴きもの。M-1「Angel Town」はイントロから、あのフュージョンの名バンド「スタッフ」を思い起こすバイブレーション。M-2「Suitecase」は、ドラムのスカっぽいリズムが疾走する上に、アコースティックピアノがからみ、ホーンアンサンブル、ギターと次々とかぶさっていく展開が、なんともクールな佳曲。M-4「Funkky Homer」も、8ビートでアタックするドラムが重厚で、ギターやホーンがファンキーで、コンテンポラリージャズの最先端の演奏。タイトル曲で最後の「Islands」は、テーマメロディが印象的なスローバラード。ホーンセクションでこういったスロー曲をやられるとガツンとやられるなあ。

« Gary Honor 「Heads & Tales」(2012) | トップページ | Brian Culbertson 「Dreams」(2012) »

グループ」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」