« Vincent Ingala 「Can't Stop Now」(2012) | トップページ | Gabriel Mark Hasselbach「Kissed By the Sun」(2012) »

2012年7月15日 (日)

Richie Cannata 「New York State of Mind」(Single)(2012)

Cannataリッチー・カナータは、ビリー・ジョエルのバックバンドのサックス奏者だった人。ビリーのヒットアルバム、「Turnstiles(ニューヨーク物語)」(1976)、「The Stranger」(1977)、「52nd Street」(1978)に、サックス奏者としてクレジットされている。「The Stranger」の裏ジャケにもビリーと一緒に映っている。「Turnstiles」に入っている「New York State of Mind」は、もちろんビリーの代表曲で、いまやスタンダードになっている名曲。オリジナルは、切ない音色を奏でるサックスが印象的なトラックだった。そのサックスを吹いていたのがリッチーで、このソロバージョンは、オリジナルのアレンジにほぼ近いムードで、自身のサックスをフューチャーしたパフォーマンスだ。ビリーの歌より、あの時のサックスの音色にハートをわしづかみにされて、もっと聴きたいと思っていたファンとしては、このリッチーのバージョンで、やっと欲求不満が解消された感じ。切ないサックスの音色は、オリジナルそのままで、涙ものだ。リッチーは、昨年ソロアルバム「Richie Cannata」を出しているこれど、このシングルトラックは入っておらず、今回ボーナストラックの体裁で追加されたようだ。ビリー・ジョエルは、この曲だけでなく、サックスを効果的に使った曲が多い。「Just the Way You Are(素顔のままで)」も名曲だけれど、この曲のオリジナルトラックのサックスはフィル・ウッズの客演。リッチーもライブではやっていたはずだから、今度は「素顔のままで」のリッチー版を出してほしいなあ。

« Vincent Ingala 「Can't Stop Now」(2012) | トップページ | Gabriel Mark Hasselbach「Kissed By the Sun」(2012) »

サックス」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」