« Brian Culbertson 「Dreams」(2012) | トップページ | Curtis Creek Bank 「Curtis Creek Band」(2012) »

2012年7月 7日 (土)

Shilts 「All Grown Up」(2012)

Shiltsシルツことポール・ワイマールは英国のサックス奏者で、ファンクジャズバンドDown To The Bone(DTTB)のオリジナルメンバーとして初期の6アルバムでフロントマンだった。DTTBは、いわゆるアシッド系のファンクジャズバンドで、90年代UKジャズを代表するバンドだ。シルツは、2001年にソロアルバム「See What Happens」を出した後は、カリフォルニアに転居して、2008年には、DTTBも正式に脱退してソロに専念している。ソロ作品としては、この新作は5枚目。題名の「All Gown Up」の意味するところは、このアルバム内容が表している。全曲リズム&ブルースのバイブレーションが生き生きとしたパフォーマンスで、「オレの原点はリズム&ブルースだ!これで育ったのさ!」と伝わってくる。ゴリゴリするようなソリッドでハードなリズム隊をバックに、全曲で吹きまくるシルツのサックスインプロビゼーションが、とにかくブルージー。オルガンやファズ系ギターのアンサンブルやアドリブプレイもそれぞれ光っているけれど、なんたってシルツのテナーサックスプレイが、アルバム11曲を連続して疾走して続く滞空時間がたまらない。11曲聴き通しても、もう終わりなの、もっと聴いていたいと思う、最高のサックスアルバムだ。


« Brian Culbertson 「Dreams」(2012) | トップページ | Curtis Creek Bank 「Curtis Creek Band」(2012) »

サックス」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」