« Gerald Albright & Norman Brown 「24 / 7」(2012) | トップページ | Phil Denny 「Crossover」(2012) »

2012年8月 3日 (金)

ブログ1周年

このブログを初めて1年が経ちました。独断で聴いたスムースジャズ系の新譜を紹介するリスニング日記のようなものですが、こんなブログでも、見て頂いている方に、御礼を申し上げます。確固たるポリシーがある訳ではないのですが、紹介するディスクは、新譜に限るようにしています。音源は、ほとんどがiTunes Storeからです。CDしか聴けないものは手に入れますが、最近はほとんどがiTunesで手に入ります。iTunesではアーティストのクレジットなどが分からないことや、音質がイマイチという弱点もありますが、反面、インディーズ系やアーティストの自主配信が手軽に聴けますし、CDを集めるのは物理的に場所を取るのでデジタルに割り切っています。僕のスムースジャズ好きは、70年代後半から80年代のクロスオーバーやフュージョンに始まりました。クルセイダースや、ラリー・カールトン、リー・リトナーに、ボブ・ジェイムスのタッパンジーレーベル、CTI全盛期のデオダート、アール・クルーに、GRPレーベル。それまでは、アドリブのロジックを解き明かすために聴いていたモダンジャズが、ボブ・ジェイムスやリー・リトナーの、ポップなバイブレーションにガツンとやられて以来、ずっと聴いてきました。新譜の情報元は、Billboard.comSmoothJazz.comのチャートを参考にしています。インディーズやマイナーディスクは、CD Babyが参考になります。Smooth Jazz DailySmooth Jazz Therapyといったブログも参考にします。現代ジャズの広範囲な新譜情報は、CriticalJazzが参考になります。なぜか、日本では、スムースジャズはあまり専門的に注目されないのが、残念です。

« Gerald Albright & Norman Brown 「24 / 7」(2012) | トップページ | Phil Denny 「Crossover」(2012) »

コラム」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」