« Jeff Kashiwa 「Let It Ride」(2012) | トップページ | Julian Vaughn 「Breakthrough」(2012) »

2012年8月26日 (日)

U-Nam & Friends 「Weekend In L.A(A Tribute to George Benson)」(2012)

Unamla
ユー・ナムは、パリ出身、本名エマニュエル・アビテブール。フランスでの演奏活動を経て、米国のスムースジャズ・ソウル系のギタリストとして活躍している。ちょっと変わったステージネーム「ユー・ナム」だが、由来は、本名エマニュエルの愛称「マヌー(Manu)」のつづりの逆さ読みをもじって、「U-Nam」、らしい。先行してリリースされていたシングル、ジョージ・ベンソンのカバー「Love X Love」を聴いて初めて知った。その本家顔負けのギタープレイにびっくりだったが、この新作フルアルバムは、その「ベンソン節」がエンジン全開、フルスロットの爆発プレイに「脱帽」である。参加ゲストは、ジョージ・デューク、マーカス・ミラー、パトリース・ラッシェン(!)など、そうそうたるメンバー。ユー・ナム、いったい「何者」なのか、という感じだが、初期はプロデューサーとして、バリー・ホワイト、クール&ザ・ギャングなど、かなりビックアーティストとやっていたらしい。ギタリストとしては、すでに3枚のアルバムを出している。ユー・ナムの弾くギターは、ベンソンと同じ「アイバニーズ」で、まさに本家以上のサウンド。彼のプレイも、ベンソンのオクターブ+5度奏法や、スピーディーに流れるようなピッキング、ブルージーなフレージング、などなど、本家をさらにパワーアップしたスタイルで、このアルバム全12曲(1時間18分!)怒濤のように続き、圧巻である。曲は、まさにベンソンのヒットオンパレードで、M-2「Give Me the Night」、M-9「Never Give Up On a Good Thing」、M-12「On Broadway」などは、オリジナルにも勝るグルーブ感とパワーに、息が抜けない、感動の連続!また、偉大なジョージ・ベンソンが聴きたくなった。ユー・ナムにも注目したい。

|

« Jeff Kashiwa 「Let It Ride」(2012) | トップページ | Julian Vaughn 「Breakthrough」(2012) »