« The Rippingtons 「Build to Last」(2012) | トップページ | Nicholas Cole「Endless Possibilities」(2012) »

2012年9月18日 (火)

Fourplay 「Esprit de Four」(2012)

Esprit
前作から、チャック・ローブを加えたメンバーでの第2作目。チャックが加わったメンバーの成熟度が増したアンサンブルが聴きもの。四人のテクニックはもちろんだけれど、相互のインタープレイにお互いの信頼の深さが伝わってくるようなパフォーマンスに感激してしまう。アルバムジャケットからして、きずなのような精神性を感じる深みのあるアルバムだ。「Venus」や「Put Our Hearts Together」のボブのピアノとチャックのギターは美しく、静謐だし、このあたりが新しいフォープレイと言えるかもしれない。「Espit de Four」の、聴きやすいテーマメロディは、今までのフォープレイ十八番のポップなテイストだけれど、視界が広がるような演奏表現に感動。いつものソリッドなリズムセクションも、チャックが加わってさらに磨きがかかっている。「Sonnymoon」や「Firefly」の、複雑系でかつスウィングしているリズムアンサンブルには、もう脱帽。NHKのドキュメンタリーでも取り上げられていたが、ボブは、東北の震災後に地元のアマチュアプレイヤーと親交を深めたり、仙台でコンサートをしたり、日本のファンへの「想い」を強く持っている人だ。「Put Our Hearts Together」は、そのような過程で作られた曲だそう。最後のボーカルトラックは松田聖子が歌っていて、日本盤だけのボーナストラックかなと思いきや、正式盤にも入っている。彼女の歌はうまいし、このボーカル曲が最後を占めているのが、今回のアルバムの最大のメッセージだろう。

« The Rippingtons 「Build to Last」(2012) | トップページ | Nicholas Cole「Endless Possibilities」(2012) »

グループ」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだ新譜を中心に紹介します。
    番外編は、ミュージック本の紹介など。

    Since 2011 by UGASAI