« スムースなシングル盤⑤ | トップページ | Nils 「City Groove」(2012) »

2012年10月14日 (日)

Marc Antoine 「Guitar Destiny」(2012)

Guitardestiny コンテンポラリー・ジャズでの、お気に入りナイロンギター奏者と言えば、アール・クルーと、ピーター・ホワイト、そしてこのマーク・アントワン。マーク・アントワンは、純血ジプシーの家系で、彼のプレイは伝統的なマヌーシュジャズの継承者なのだ。そこが、アール・クルーやピーター・ホワイトと違う、マークならではの魅力。マヌーシュジャズといえばジャンゴラインハルト。マークのスタイルは、ジャンゴのダイナミックなスウィングとは違うけれど、独特な哀愁のプレイは、間違いなくジャンゴに通じている。この新作も、そんなマヌーシュなムードに溢れいているのは、原点回帰という意図なのだろうか。加えて、どの演奏もジャズっぽい。9曲目「Jazz It Up !」は、マークがセミアコに持ち変えて、題名そのまま、ニュージャズ的なアンサンブルを聴かせてくれる。その他の曲は、いつものガットギターでの演奏で、タンゴ、フラメンコやマヌーシュのテイストのスムースな佳曲ばかりだが、どの曲でもマークのアドリブがたっぷり聴けるのがうれしい。1曲目の「Like It Once Was」は、キャッチーなボサノバの曲。サックスが絡むあたりが、スタンゲッツとジルベルトのような魅力の曲、でも、そうだ「ゴンチチ」風なのが「大発見」。ポール・ブラウンと組んだ「Foreign Exchange」はキャッチーな曲ばかりで今でもヘビロテ盤だけれど、このソロ新作も硬派なマークが堪能できる好盤。

« スムースなシングル盤⑤ | トップページ | Nils 「City Groove」(2012) »

ギター」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」