« Marc Antoine 「Guitar Destiny」(2012) | トップページ | Four80East「Off Duty」(2012) »

2012年10月21日 (日)

Nils 「City Groove」(2012)

City_groove ニルスのギターは、ヴァレイアーツというアメリカのギターで、今はギブソン傘下のモデル。かつて、ラリー・カールトンやリー・リトナーが弾いていたギターとして有名で、フュージョン最盛期には典型的なギターモデルとして人気を博した。その抜けのよさとか、歯切れのいいストロークの音は、ウエストコーストの景色やハイウエイの疾走感のイメージにピッタリで、ファンキーなフュージョンの代名詞のような音だ。ハイトーンのチョーキングや、ファンキーなコードストローク。ロックだったり、フュージョンだったり。どこかレトロな感じの音でもある。そう、ウェストコーストのAORやフュージョンが流行っていた80年代の雰囲気。この新作タイトル、そのままに、シティムードたっぷりなまさにアーバンミュージック。前作のバイブレーションは、まるで続編のようにこの新作でも変わらない。こんなにハッピーなプレイをしてくれるギタリストは、いそうでいない。

|

« Marc Antoine 「Guitar Destiny」(2012) | トップページ | Four80East「Off Duty」(2012) »