« Euge Groove 「House of Groove」(2012) | トップページ | Marc Antoine 「Guitar Destiny」(2012) »

2012年10月 7日 (日)

スムースなシングル盤⑤

3trac

Calh Caravan















3tracの「D-Phunked」は、ソリッドでファンキーな1曲。3trac(スリートラック)は、サックスのブラッド・ランブール、キーボードのグレッグ・マニング、ベースのジェームス・イーストが組んだ新しいユニット。3人はいずれもスムース系ジャズの才能あふれる若きアーティスト。ランブールは、2010年のデビューアルバム「Can't Put It Down」は正当派スムースジャズの好盤。マニングの、同年の「The Calling」もコンテンポラリーな好盤。ジェームス・イーストは、なんと、フォープレーのベーシスト、ネイザン・イーストの弟である。ひさびさに硬派な演奏に脱帽。これぞフュージョン。これぞクロスオーバー。このユニットのフルアルバムが早く聴きたい。カル・ハリス・ジュニアは、ロサンゼルスのキーボードプレイヤー。新曲シングルの「Smooth」は、エラン・トロットマンのサックスをフューチャーしたテーマメロディーと、カルのエレキピアノが印象的で、チル・ムードな佳曲。ローマンストリートは、アラバマ出身のギタリスト兄弟2人と、友人のバーカッションの3人組ユニット。この新曲「Caravan」も、フラメンコスタイルのギターデュオが、素朴でなぜか新鮮。ピュアなフラメンコやスパニッシュではないけれど、こういった若いアーティストがやると、古いのが新しくてかっこいい。

|

« Euge Groove 「House of Groove」(2012) | トップページ | Marc Antoine 「Guitar Destiny」(2012) »