« Eight 02 「Drive」(2012) | トップページ | Art Garfunkel 「The Singer」(2012) »

2012年12月 2日 (日)

Bobby Caldwell 「house of cards」(2012)

Hoc ボビー・コードウェルの新作。AORの名作で、今も色褪せない、あのデビューアルバムの大ファンとしては、あのボビーよもう一度の期待が膨らむ。なにしろ、最近はジャズシンガーの趣きで、スタンダードを歌うエンターテイナーという感じだったから。ボビーも61才だし、それも良し。それでも、あと一枚でいいから、デビュー盤からセカンド「Cat in the Hat」(1980)、サードの「Carry On」(1982)で展開した名作AORの復活のようなアルバムを長いこと待っていた。そこでこの新作。ジャケットのボビーが広げるカード、意味深で挑戦的な視線が意味するところ。カードの中身が分かるかい。色々なジャンルに彩られた11曲が、ボビーが持っているカードなのだ。なんとカントリーな2曲、「Dinah」と、初期のイーグルスのような「Heart's on Fire」。4ビートのジャズ「It's all Coming Back to Me Now」と、ブルースの「Dear Blues」は、ジャズを歌って養った表現力の結晶かな。「Dance With Me」はタンゴと来て、「Mazatlan」はウエストコーストロックで、これはまさにTOTO。そして5曲が、AORの趣きで、どれも嬉しい。その1曲、「What About Me」は、低音階で歌う歌声が、ボビーと分からず驚き。「Blue」はどこか哀愁的なメロディが耳に残るし、客演したデイブ・コーズのサックスが入るだけで、この曲が輝いてしまう。このボビーの新作の驚きは、タイプの違う全曲だけれど、どの曲も円熟した歌のうまさに脱帽。

« Eight 02 「Drive」(2012) | トップページ | Art Garfunkel 「The Singer」(2012) »

ボーカル」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」