« スムースなシングル盤 ⑦ | トップページ | Lee Ritenour 「Rhythm Sessions」(2012) »

2012年12月29日 (土)

Carl Stanley 「A Beautiful Thing」(2012)

Carls カール・スタンレー、イギリスから注目のサックスプレイヤーの登場。このデビューアルバムは、UKソウルなスタイルで、スウィートでクールな12曲が並んでいる。この人、14歳の時にナジーを聴いてサックスを始めて、グロバー・ワシントン・ジュニアを聴いて独学でサックスをマスターしたそう。ファンクジャズのロイ・エアーズや、UKソウルの歌手ミーシャ・パリス、と共演していたらしいので、米国のスムース系とは違う、このUKソウルなサウンドは納得。曲間に1分未満の小品が4曲あり、ボーカル曲の同インストバージョンが2曲あるので、実質6曲なのだが、全て自作ということで、どの曲もメロディアスで作曲の才能も注目。サックスは、ナジーやグローバー・ワシントン・ジュニアを思い起こさせるけれど、さらっとブローする、クールな音が持ち味かな。キーボードのオリ・シルクが客演した「Secrets」はスイートソウルな佳曲だし、ヒットチューンになりそうなメロディーの「The Way You Smile」はアーバンな感じのサックスがクール。タイトル曲「A Beautiful Thing」はベストトラック。ソプラノサックスの演奏で、テーマはちょっとひねったメロディで耳に残るし、ミッドテンポのバラードプレイが超クール。UKのスムースジャズは好みなので、この人も注目して行きたい。

« スムースなシングル盤 ⑦ | トップページ | Lee Ritenour 「Rhythm Sessions」(2012) »

サックス」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」