« 『レッキング・クルーのいい仕事』ケント・ハートマン著 | トップページ | Kool & Klean 「Volume IV」(2013) »

2013年1月20日 (日)

Robbie Dupree 「Arc of a Romance」(2012)

Arc_of_a_romance ロビー・デュプリーの新作、5曲入りEP(内1曲はバージョン違い)。ロビーは、AOR系のシンガー・ソングライター。1980年のヒット作「Steal Away(ふたりだけの夜)」はAORファンにとっては忘れられない、エバーグリーンな名作。2010年のアルバム「Time and Tide」は7年ぶりの作品だった。この新作は、「ラブソング」のカバー集。もう66才なのに、80年代と変わらずの繊細で、シブさも加わった唄声。「I Only Have Eyes For You」は、言わずと知れたフラミンゴスの名曲のカバーで、このアルバムのハイライト。アート・ガーファンクルのカバーが有名だけれど、ロビーは、過ぎるほどのゆったりとしたテンポで、なんとも言えない甘美なムードがググッとくる。他3曲も、シブい選曲で、隠れた名曲のカバー。「For The Love of You」は、アイズレー・ブラザースの1975年「The Heat Is On」から。「We Let the Stars Go」は、イギリスのポップ・バンド、プリファブ・スプラウトの曲で、1990年の名作「Jordan:The Comeback」から。「Coronation Street」は、マーク・ジョーダンの「Reckless Valentine」(1993)の中の曲。特に「Coronation Street」は、ウッドベースとピアノをバックに、ジャズのスタンダードのようなバラードに仕上がっていて、ロビーの円熟のボーカルが聴きもの。この路線で、ぜひまたフルアルバム作って欲しい。ところで、「I Only Have Eyes For You」のプロモーションビデオ、往年のハリウッド女優のスライドショーになっていて圧巻。まさに曲の題名通り、釘付けになる演出が心憎い。

« 『レッキング・クルーのいい仕事』ケント・ハートマン著 | トップページ | Kool & Klean 「Volume IV」(2013) »

ボーカル」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」