« Andreas Aleman「It's the journey」(2012) | トップページ | Lori Andrews 「After Hours」(2007) »

2013年2月23日 (土)

Paul Hardcastle 「Paul Hardcastle 7」(2013)

Ph7

ナイアガラの滝かもしれない、沈むのか昇るのか、太陽が眩しい。LPなら間違いなくジャケ買い。ポール・ハードキャッスルの新作。ポールのシンセが生み出す音楽世界は、まるで喧噪からのエクソダス。ミニマルリズムにかぶさる音のコラージュは万華鏡のよう。この新作は、未来的なシンセの音世界に、対照的にフューチャーされる、人間的なサックスの「音」。すでにビルボードでチャートインしている、「No Stress (At All)」は、クール&ザ・ギャングの「Summer Madness」(1974)というインスト曲をイントロにサンプリングした曲で、サックスがフューチャーされたクールなダンサブルチューン。サックスを吹いているのは、ロック・ヘンドリックスという人で、前作「ハードキャッスル6」でもほとんどの曲でサックスを吹いていた。彼は、ハワイに住んでいて、セシリア・アンド・カポーノ他のハワイのアーティストと共演しているサックス奏者。ゴリゴリ吹くようなタイプでなく、メローなブローがなかなかの魅力。このアルバムのクレジットを入手していないので、どの曲で吹いているか分からないのだけれど、同様にサックスがフューチャーされた曲がほとんどで、想像するに彼が吹いているのだろう。「Dance of the Wind」は、シンセの打ち込みエイトビートなのに、サックスのストレートジャズの「音色」がして、そのブレンドがクール。「Easy Street」も、スムースジャズタイプの佳曲で、ビートはR&Bのテイストを感じて、サックスが熱くブローする、コンテンポラリーな演奏。ポール・ハードキャッスルというと、マービン・ゲイをオマージュした前作もそうだったこれど、いつもメッセージを楽曲に込める人。おそらくメッセージをこめたこの新作のハイライトは、12分近い冒頭曲「The Truth(Shall Set You Free)」と、エンディング曲「The Truth, Pt.2」。でも正直言って、何度も聴いてみたのだけれど、感情移入が出来なかった。音とリズムがめまぐるしく変化するドラマ展開には、ちょっとついて行けない。でも、彼の欧米での人気は、むしろこういうところにあるのだろうなあ。あまり、プログレ的になるとついていけない。

|

« Andreas Aleman「It's the journey」(2012) | トップページ | Lori Andrews 「After Hours」(2007) »