« Craig Sharmat 「Bleu Horizons」(2013) | トップページ | スムースなシングル盤 ⑨ »

2013年3月31日 (日)

Marion Meadows 「Whisper」(2013)

Mead

スムースジャズはポップスのカラオケだ、なんて思っている人に、ぜひ聴いて欲しい。マリオン・メドウズの新作、これは最高のクオリティの「ポップス」アルバムだ。マリオンは、ビックネームのソプラノサックス奏者で、過去のソロアルバムは11作。前作は2009年の「Secrets」だから、4年ぶり12作目のアルバムだ。ラテン系のメランコリックなメロディーをボーカルのごとくメローに吹くソプラノがこの人の特徴。1曲目の「The Visitor」から「Whisper」「Black Pearl」と続くメローなソプラノ音色の3連発にうっとりしてしまう。もちろん唄を歌っているわけではないけれど、ボーカルがある無しに関わらず、いやそれ以上に「唄っている」マリオンのソプラノは、最高のポップスチューンだ。一方で、ボブ・ボールドウィンが客演している「Bottoms Up」はコンテンポラリージャズで、「Sky Dive」(フレディ・ハバードのカバー)はビックバンドのアンサンブルで、それぞれメインストリームなソプラノサックスのアドリブプレイを演ってくれる。「Wild Thing」はヒップなダンスチューンで、この当りの音を聴くと、ケニーGと持っているものが違うんだなと。ラストチューンの「Turn Up the Quiet」は、明るいミディアムバラードのポップスチューン。最後もやっぱり、メローなソプラノサックスが心地いい。

|

« Craig Sharmat 「Bleu Horizons」(2013) | トップページ | スムースなシングル盤 ⑨ »