« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の記事

2013年4月28日 (日)

Martin Taylor & Tommy Emmanuel 「The Colonel & The Governor」(2013)

309545_10151138413555771_987625981_

トミー・エマニュエルは、オーストラリアのギタリスト。彼の技巧は、チェット・アトキンスをして、最高のギタリストとして評され、チェットから「Certified Guitar Player」(c.g.p.)の称号を授かった、オーストラリアを代表する英雄的ギタリスト。音楽活動は、1979年のデビューアルバムから20作以上のアルバムを出している。かたや、マーティン・テイラーはイギリスのギタリスト。ステファン・グラッペリとの共演から始まり、チェット・アトキンスやデイビット・グリスマンなど共演して、1981年以来ソロ作品は30作品近くにおよぶ。彼も、イギリスで功績のある文化人や芸能人に与えられる大英帝国勲章、MBE(Member of the Most Excellent Order of the British Empire)を受けていて、名前の後にその略称を付けられる。という訳で、ジャケットに記された2人の名前の後の省略記号は、それぞれの称号を表してる。勲章の「プライド」を見せつけるような、胸を張ったようなポートレートに、アルバムタイトルも「The Colonel & The Governor(大佐と総督)」と大仰。けれど、マジではなくて、2人の表情はユーモアたっぷり。トミーはスチール弦のアコースティックギターを弾き、スタイルは(超テクの)フィンガーピッキングを駆使する。彼はアコギファンの間では「神様」と称されているとか。マーティンはセミアコを弾き、チャーリー・クリスチャンから、ウエス・モンゴメリーに繋がる正当派のジャズギタリスト。ステファン・グラッペリが、ジャンゴの再来として見出したとか。その2人が組んだデュエットアルバムは、とにかく、ジャケットの2人の表情同様、ハッピーなギターデュオの演奏だ。ジャンゴのような、マヌーシュスタイルの「Bernie's Tune」や「Heat Wave」の、2人で疾走するスウィングは素晴らしいし。「I Won't Last a Day Without You」は、カーペンターズの名曲のカバーで、あの美しいメロディーを逸脱しないで、2人のギターのブギーで解釈するのだからびっくり。「Jersey Bounce」は、40年代のベニーグッドマンで、コードストロークのスウィングが楽しい。「Secret Love」は、トミーのハーモニクスに注目のバラード。マーティンのオリジナル曲「True」は、とりわけ「美しい」演奏で、景色が見えるような、この2人のギターのなんと「沁みる」ことか。このアルバム、録音も素晴らしい。2人の息づかい、いやギターの指使いが見えるような、リアルな録音。ギター2本の演奏だけれど、時にダイナミックで、メローで、音と静寂の対比が映像のように聴こえる。ジャズとかカントリーとか、ジャンル分けは無用、とにかくグッド・ミュージック。

2013年4月20日 (土)

Bluey 「Leap of Faith」(2013)

Bluey_2

インコグニートが、以前のアルバム「Transatlantic RPM」(2010)で、ボズ・スキャッグスの「Low Down」をカバーしてくれたのには思わず小躍りしてしまった。ボーカルのマリオ・ビオンディとチャカ・カーンの組み合わせも、驚きだったし、ボズのオリジナルをさらにパワーアップしたカバーの名演だった。インコグニートは、結成30年を超えるイギリスのバンド。形容詞に、「アシッドジャズ」や「ファンクジャズ」が付くバンドだけれど、それは初期のイメージだと思う。ずっと聴き続けている訳ではないので、彼らの変遷については、熱烈なファンに譲りたい。いまのインコグニートは、前述の「Low Down」が好例で、R&Bやソウルをベースにした、痛快なダンシングビートのバンドだ。そのインコグニートの結成時からの中心人物、ジャンポール“ブルーイ“モーニックのソロ・アルバムが、これ。30年超で初めての彼のソロ作品であり、彼が全曲リードボーカルを担当したのも注目の作品。彼のボーカルは、正直言って、強いインパクトには欠けるけれど、自然体で、いぶし銀のような低音の唄声が、なんともかっこいい。「Got To Let My Feeling Show」は、とにかく感激もの。ドラムスのタイトでキックなリズムインから始まり、滑り込むように入ってくるストリングス(シンセかも)の音を聴くと、80年代あたりのダンシングチューンを思い出して、わくわくのハイライトトラックだ。その他全11曲、いずれも重厚でタイトなリズムセクションに、ゴージャスなサウンドが加わる、ソウルミュージックのリスペクトを感じる曲ばかり。「Stronger」では、ファンキーなリズムにかぶさるコーラスワークは、マイケル・マクドナルドのドゥービー・ブラザースが過る。ファルセットで歌いきる「Keep Myself Together」は、ホール&オーツ路線のブルーアイドソウル。「Take A Chance On Me」や「Elevate The Feelin'」は、ファンキーだけれど、上質なポップスチューン。タイトル曲「Lead of Faith」は、ブルースなリズムセクションにかぶさる彼の低音の「語り」とファンキーなコーラス、これは、カーティス・メイフィールドかな。ちなみに、前述のマリオ・ビオンディの最新作「Sun」は、ブルーイがプロデュースした作品で、「Low Down」も再録されているので、そちらもチェックしたい。

2013年4月13日 (土)

Jeanette Harris 「Summer Rain」(2013)

Jharris

スムースジャズ系の女性プレイヤー、最近気になります(もちろん音楽的にです)。過去レビューした中から、そして「旬」で活躍中の人を、思いつくまま独断であげてみます。(「ベスト」ではありません。)①シンディ・ブラッドリー(トランペット)、②ジェシーJ(サックス)、③ミンディ・アベール(サックス)、④ポーラ・アサートン(サックス)、⑤キャンディー・ダルファー(サックス)、⑥エリザベス・ミス(ソプラノサックス)、⑦タル・ウィルケンフィルド(ベース)、⑧パメラ・ウィリアムス(サックス)、⑨レーガン・ホワイトサイド(フルート)、⑩ブリットニー・パイバ(ウクレレ)、まだまだいますが、この人、ジャネット・ハリスも注目です。彼女の4作目になる新作は、スウィートソウルなベスト級の好盤。「胸キュン」のスウィートソウルが好きなリスナーなら絶対気に入るはず。何しろ、あのルーサー・バンドロスの名曲「Here & Now」をカバーしている、ということだけでもその路線が分かるはず。その「Here & Now」の演奏は、原曲メロディーをていねいに吹き上げるジャネットのサックスに、あのルーサーの唄声が聴こえるようで、ちょっと感動です。その他、全曲が、共作を含めて彼女の自作で、どの曲もつかみのいい(キャッチーということですね)メローなメロディーは、スウィートソウルのテイスト全開。彼女のメロディーメーカーとしての才能にも注目。彼女の前作「Saxified」(2010)のタイトル曲は、ギタリストのノーマン・ブラウンとの共作の楽曲でしたが、その曲は、グラミー候補にもなったアルバム、ノーマンとジェラルド・アルブライトのデュオ作品「24/7」の中に、別タイトル「The Best is Yet to Come」として採用されています。彼女の作曲の才能がただならないという証です。この新作の白眉は、タイトル曲「Summer Rain」。メローなメロディーと、サックスのソフトな音色が心地よく耳に残るベストトラック。ボーカル入り同曲トラックも入っていて、歌っているのはジョエル・ボウワーズという人。このボーカルバージョンは、ジャネットのサックスがほとんど入らない、ボーカルチューンに変身しています。ジョエルのファルセットを多用する歌声が印象的な(どことなく「平井堅」でニヤリ)、掘り出し物のトラックです。もう一曲のボーカルチューン「Thankful」も、ジョエルのボーカルで、こちらもスウィートすぎるぐらいのR&Bバラード。これぞスムースジャズな曲ももちろん入っていて、元気いっぱいビートの「Oh so Good」、アーバンなムードの「Passing Time」、メランコリーなラテンテイストの「Muy Caliente」、いずれも楽曲として秀逸で、彼女のサックスから飛び出してくるソウルな音色のパンチにガツンとやられます。「Chillin'」、「Ja'licious」は、ムード満点、レイドバックなバラードで、さりげなく泣くサックスがクールこの上ない。唯一、ちょっと路線の違うトラックが、コンテンポラリージャズな「The Ride」。ジャネットのジャズサックスプレイヤーとしての力量に納得するトラックです。スローな4ビート(2ビート?)に乗っかる、ブラスセクション(オーバーダビング?)と、ギター(ダレル・クルークス)とサックスの白熱するアドリブ合戦が痛快です。全13曲はずれ無し、「Summer Rain」のボーカルトラック同様、全曲、歌入りにしたら、大ヒット間違い無しのブラコン・アルバムになりそう。

2013年4月 8日 (月)

新作ニュース

注目盤が目白押しです。アンディ・スニッツアーの新作「Rhythm」が4月16日。ボニー・ジェイムスの新作「Beat」。ブライアン・シンプソンの新作「Just What You Need」。この2作はもうすぐリリース。さらに注目は、ボブ・ジェイムスとデイビット・サンボーンが、あの名作「ダブル・ヴィジョン」以来のコラボレートしたという新作「Quartette Humaine」が出ます。アマゾンによると、先行で日本盤が4月24日発売で、2曲のボーナストラック入り。デイブ・コーズジェラルド・アルブライトリチャード・エリオット、ミンディ・アベールと組んだプロジェクトレコーディングの新作「Summer Horns」が出ます。アマゾンによると6月11日発売。

Andy Boney

Simp

61f7wq8koel_aa160_

515zxsz3hll_sl135_

2013年4月 7日 (日)

Greg Chambers 「After Hours」(2013)

Greg

ポートレートからして、シンフォニーのサックス奏者の風貌で、なんかクラッシックのジャケットみたい。さにあらず、ストレートなスムースジャズの好盤で、ここしばらくヘビロテのアルバムである。サックス奏者グレック・チェンバースのソロ3作目。グレッグのバックグラウンドはクラッシック音楽。UCLAの音楽専科を卒業後、クラッシックのサックス奏者として活躍していた。ジャケットのイメージは、やっぱりそのままなのかな。この作品の中身は、都会的なムードたっぷりで、音をていねいにつむぐようなグレッグのサックスの音色を堪能できる。ゲストはビックプレイヤーで、ギターのポール・ブラウン、ピアノのジョナサン・フリッツエン、ミックスにはダーレン・ラーンのクレジットも!タイトル曲「After Hours」は、ジョナサンのピアノが参加した、ミディアムバラードの佳曲。都会的なサックスと、音色ですぐわかってしまうジョナサンのピアノ、いまのスムースジャズのヒットチューンの王道を行くようなナイストラック。「In the Pocket」と「Chelsea's Song」、いずれもポール・ブラウンのギターが参加したトラック。「Chelsea's Song」はブルージーなバラードで、高音へ盛り上がっていくグレッグのサックスもいいけど、ブルースなポールのギターはなかなかの聴きもの。「In the Pocket」のほうは、いかにものポールのギターリフが出てくる、キャッチーなスムースジャズチューン。「Groovin' High」はディジー・ガレスピーの曲で、わずか2分の展開だけど他の6曲とはことなる、ミュートトランペットとサックスのアンサンブルはまっすぐなニュージャズ。「Your Place or Mine ?」は、スウィートメローなかっこいいバラード。このトラックが個人的にはベストかな。最後の「Human Nature」は、言わずと知れた、マイケル・ジャクソンのカバー。グレッグ自身のサポートバンド、ギターのライアン・タプレイ、ベースのシャイアン・シャカール、ドラムのケビン・ルイスのリズムセクションがフレッシュ。

2013年4月 6日 (土)

「Paul Hardcastle 7」のレビュー訂正します。

ポール・ハードキャッスルの「Paul Hardcastle 7」のレビューの中で、「No Stress (At All)」は、クール&ザ・ギャングの「Summer Madness」をサンプリングしていると述べましたが、間違いでした。同曲にインスパイアされて作られた曲で、ポール自身がそうコメントしているそうです。洋楽のソムリエさんのサイトで、教えていただきました。読んでいただいた方に、間違ってごめんなさい!洋楽のソムリエさん、ありがとうございました!

Freeze Frame 「Best in Life」(2013)

Freeze

初めて聴いたのだけれど、フリーズ・フレームという「バンド」の新作EP。同名義バンドのアルバムは、1989年から10作ほど出ているので、懇意のリスナーも多いのだと思う。過去作については分からないけれど、この5曲入りミニアルバム、なかなかいい。透明感のある演奏は、ヨーロッパ的。そう、例えばジャズのECMの持っている透明な「音」感を思い出す。ドラムスの機械的なミニマルビートが印象的で、テクノ風(古いかな、今ならエレクトロ?)。からむアコースティックピアノがニューミュージック風。調べてみたら、フリーズ・フレームというのは、キーボード奏者レイ・バッハという人のプロジェクトバンドで、曲は彼が作り、多数のサポートプレイヤーが参加する。今作の参加プレイヤーは、トム・ファーマー(サックス)、ペトラ・ラースマン(サックス、女性!)、リッキー・ガルシア(ギター)など。「The Pulse Of '13」や「Day of Sun」は、イントロからドラムビートと、シンセがからむ、ちょっと未来的でクールな楽曲。なんかYMO的だなあ、どうりでドラムは高橋幸宏的。「With Greetings from Greece」は、シンセの導入や、ソプラノサックスとアコピのインタープレイがドラマチックでベストトラックだと思う。残念ながら、5曲のメロディーが似ているので、もっとキャッチーなメロディーの楽曲があれば、「ヒット」するはず。演奏と音は、超クールです。ジャケット写真もクール、「ジャケット賞」(無いけど)候補にしたい。

2013年4月 1日 (月)

スムースなシングル盤 ⑨

Joe Gyrewire

Airborne_2

いずれも、ゆったりしたムードに浸れる新作シングル3枚。ジョー・リーダーのシングルは、ジャズスタンダードのバラード「For All We Know」。バレンタインデーにリリースした、ロマンティック路線「泣き」が満開のソプラノサックスにうっとりするはず。スリー・スタイルは、ドイツはバイエルン(州都はミュンヘン)のコンテンポラリージャズバンド。男性のギタリストと、サックスとドラムが姉妹というメンバー。ラウンジ風で、ちょっとチープな音が、何とも言えない魅力。「Gyre Wire」は新作シングルで、スパイ映画のテーマ曲のような。サックスも、うまさで引きつける訳ではないし、ギターは、あれっジョージ・ベンソン、でニンマリ。このバンドのフルアルバム「Feel The Vibe」がチャートインしているし、サックス奏者マグダレーナ・チョバンコーバ(すごい名前)もソロを多数出していて、彼女の新作「Feb Is Fab」(Single)も注目。エアボーンは、アメリカはコネティカット出身のフュージョンバンド。80年代後半から活動を続けるベテラン。中心は3人で、ピアノのトーマス・ボリーノ、ギターのグレゴリー・ボリーノ、(イタリア系ブラザー?)とサックスのトーマス・サンソーネに他ミュージシャンが加わる。結成25周年(そうとうなシニアのオジさんバンド)を記念してリリース予定のフルアルバムからの先行シングル「Sunshower」は、メランコリックなテーマが印象的で、灼熱でも、ゆったりまったりのリゾートチューン。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」