« Bluey 「Leap of Faith」(2013) | トップページ | Brian Simpson 「Just What You Need」(2013) »

2013年4月28日 (日)

Martin Taylor & Tommy Emmanuel 「The Colonel & The Governor」(2013)

309545_10151138413555771_987625981_

トミー・エマニュエルは、オーストラリアのギタリスト。彼の技巧は、チェット・アトキンスをして、最高のギタリストとして評され、チェットから「Certified Guitar Player」(c.g.p.)の称号を授かった、オーストラリアを代表する英雄的ギタリスト。音楽活動は、1979年のデビューアルバムから20作以上のアルバムを出している。かたや、マーティン・テイラーはイギリスのギタリスト。ステファン・グラッペリとの共演から始まり、チェット・アトキンスやデイビット・グリスマンなど共演して、1981年以来ソロ作品は30作品近くにおよぶ。彼も、イギリスで功績のある文化人や芸能人に与えられる大英帝国勲章、MBE(Member of the Most Excellent Order of the British Empire)を受けていて、名前の後にその略称を付けられる。という訳で、ジャケットに記された2人の名前の後の省略記号は、それぞれの称号を表してる。勲章の「プライド」を見せつけるような、胸を張ったようなポートレートに、アルバムタイトルも「The Colonel & The Governor(大佐と総督)」と大仰。けれど、マジではなくて、2人の表情はユーモアたっぷり。トミーはスチール弦のアコースティックギターを弾き、スタイルは(超テクの)フィンガーピッキングを駆使する。彼はアコギファンの間では「神様」と称されているとか。マーティンはセミアコを弾き、チャーリー・クリスチャンから、ウエス・モンゴメリーに繋がる正当派のジャズギタリスト。ステファン・グラッペリが、ジャンゴの再来として見出したとか。その2人が組んだデュエットアルバムは、とにかく、ジャケットの2人の表情同様、ハッピーなギターデュオの演奏だ。ジャンゴのような、マヌーシュスタイルの「Bernie's Tune」や「Heat Wave」の、2人で疾走するスウィングは素晴らしいし。「I Won't Last a Day Without You」は、カーペンターズの名曲のカバーで、あの美しいメロディーを逸脱しないで、2人のギターのブギーで解釈するのだからびっくり。「Jersey Bounce」は、40年代のベニーグッドマンで、コードストロークのスウィングが楽しい。「Secret Love」は、トミーのハーモニクスに注目のバラード。マーティンのオリジナル曲「True」は、とりわけ「美しい」演奏で、景色が見えるような、この2人のギターのなんと「沁みる」ことか。このアルバム、録音も素晴らしい。2人の息づかい、いやギターの指使いが見えるような、リアルな録音。ギター2本の演奏だけれど、時にダイナミックで、メローで、音と静寂の対比が映像のように聴こえる。ジャズとかカントリーとか、ジャンル分けは無用、とにかくグッド・ミュージック。

« Bluey 「Leap of Faith」(2013) | トップページ | Brian Simpson 「Just What You Need」(2013) »

ギター」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」