« ZOE 「Unstoppable」(2013) | トップページ | Chieli Minucci & Special EFX「Genesis」(2013) »

2013年5月27日 (月)

Cal Harris Jr. 「Shelter Island」(2013)

Shelterisland

先行してリリースされていた「Smooth」を含む、キーボード奏者カル・ハリス・ジュニアの新作フルアルバム。スムース&メローな雰囲気に貫かれた内容。聴き方次第で、ニューエイジやヒーリングミュージックの路線でもあり、そういったジャンルが好きなリスナーにも推薦したい。とは言え、聴き込めば、スムースジャズとして秀逸なアルバム。このカル・ハリス・ジュニアという人、ただならない才能の持ち主。彼の弾くピアノやフェンダーは、ブライアン・シンプソンを継承する正当派のスタイルで好感度抜群。メロディーは、単なるチルアウト的な典型ではない、メローでメランコリックがなんとも美しい。サウンドも、それぞれの楽器が流れるように均整の取れたアレンジで構成されていて、一つ一つの音が聴き込む度に、際立って新鮮。ゲストには、「Smooth」でエラン・トロットマン、「Sunset Chasers」ではマリオン・メドウズ、2人のビッグなサックス奏者が参加。ちなみに、このビビッドでドリーミーなアートワークのジャケットは、なんとマリオン・メドウズの作品。マリオンは、グラフックアートや写真のデザインワークのアーティストでもあり、スティーブ・オリバーの最近作も、彼の作品。才能ある人は、多才に長けているんだなあ。さて、このアルバム、曲ごとの細かいクレジットが無いので詳細が分からないけれど、サックスの注目株キース・マッケリー(1曲目のタイトル曲「Shelter Island」で吹いていると思うのだが・・・)、ウェストコーストのギタリストのジョエル・デル・ロザリオ(ソロ新作が待ち遠しい)が参加しているのは注目。このアルバム、「テイスト」を5つ★で評価すると、ポップス度が3つ★、R&B度が1つ★、ジャズ度が2つ★、イージーリスニング度が4つ★。こんな評価点はいかがだろうか。

« ZOE 「Unstoppable」(2013) | トップページ | Chieli Minucci & Special EFX「Genesis」(2013) »

キーボード」カテゴリの記事