« Cal Harris Jr. 「Shelter Island」(2013) | トップページ | Bob James & David Sanborn 「Quartette Humaine」(2013) »

2013年5月28日 (火)

Chieli Minucci & Special EFX「Genesis」(2013)

スペシャルEFXは、デビューは80年代に遡るフュージョンバンドで、現在は、オリジナルメンバーである、ギタリストのキエリ・ミヌッチの事実上のソロプロジェクト。老舗フュージョンバンドといえば、イエロージャケッツ、リッピングトンズ、などがいるけれど、それぞれメンバーの変動があっても、いずれも現役で「今」も音が聴けるというのはうれしい限り。

スペシャルEFXは、キエリのギターが作り出す「音楽性」のショウケースで、ストーリー性を持ち込んだかのようなドラマチックな編曲が妙のプロジェクト。3年ぶりのこの新作も、全12曲の多彩な曲を集めた秀作。キエリのギターは、エコーを聴かせたドリーミーなトーンや、流れるようなパッセージで、ジャズスタイルからプログレ、ヒーリングのような演奏まで多彩で、ギターキッズは必聴のギタリスト。

このアルバム、冒頭の、「Crazy Eights」「Till the End of Time」、の2曲、フュージョンのバイブレーションが炸裂する。まずこの2曲を聴いて、相当ガツンとやられた。冒頭2曲だけは、ドラムスがオマー・ハキムで、ビートが違うのだ。オマーのドラムスと、サックスのデビッド・マンと、キエリのギターのアンサンブルは、リズムに重点を置いて複雑展開する。さすがのバイブレーションで、オーバーダビングの音も加えられているけれど、ライブ感のある一級のセッション。

その他曲でも、どの曲もキエリの美しい音色のギターが堪能できるけれど、過剰にドラマチックなシンフォニックだったり、ニューエイジ風であったり、ボーカル入りはミュージカル風であったりと、うーん、ちょっと違うんだな。でも、冒頭の2曲、これは必聴。

|

« Cal Harris Jr. 「Shelter Island」(2013) | トップページ | Bob James & David Sanborn 「Quartette Humaine」(2013) »