« 新作ニュース | トップページ | BWB 「Human Nature」(2013) »

2013年6月30日 (日)

Dave Koz & Friends 「Summer Horns」(2013)

Sumhorns

まさにサックス・オールスターズという顔ぶれ。デイブ・コーズ、ミンディ・エイベア、リチャード・エリオット、そしてジェラルド・アルブライトの4人つまり4管が集まった、ゴージャスな企画アルバム。注目は、中身の演奏はもちろんだけれど、プロデュースのポール・ブラウン。ポール自身もギターで演奏に参加しているけれど、このアルバムは彼のプロデュースの技量が、ギタープレイ以上に、いまやスムースジャズ界でトップ級の売れっ子だということを証明している。客演しているアーティストがすごい。マイケル・マクドナルド、ジェフリー・オズボーン、ジョナサン・バトラー、のボーカリストに、リック・ブラウン、ダーレン・ラーン、ブライアン・カルバートソン。そして、ホーンアレンジが、グレッグ・アダムス、トム・スコット。こんなビッグネームをまとめたのはポール・ブラウンのプロデュース力で、その点で評価されるアルバムだ。それに、「ポール・ブラウン臭く」なくて(ギタープレイも控えめ)、営業的にそうとう売れる内容に徹した感があって、商業的なプロデュースの「完成度」という点で、必聴のアルバム。カバーの選曲も、歓喜しそうなカバー曲が並んでいて、これまたニクい。 M-1:「Always Threre」(インコグニート)、 M-2:「Got to get you into my life」(ビートルズ)、 M-3:「Rise」(ハープ・アルバート)、 M-4:「So Very Hard to Go」(タワー・オブ・パワー)、 M-5:「Hot Fund in the Summer Time」(スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン)、 M-6:「Take Five」(デイブ・ブルーベック)、 M-7:「25 or 6 to 4」(シカゴの「長い夜」)、 M-8:「Reasons」(アース・ウィンド・アンド・ファイアー)、 M-9:「I Got You(I Feel Good」(ジェイムス・ブラウン)、 M-10:「You Haven't Done Nothin'」(スティービー・ワンダー)、 M-11:「God Bless the Child」(ビリー・ホリディ) 。ブラス・ロックから、R&B、ソウルのエバーグリーンのグレーテスト・ヒットという感じ。こんな選曲でも、せっかくならこのメンバーでやって欲しかったなあと、リスナーに思わせるのも、プロデューサーの狙いだろうなあ。例えば、チェイスの「Get It On」、演って欲しかった。 最後のM-12「Summer Horns」が唯一のオリジナル曲で、癒されるいい曲なんだけれど、それまでの「強力」な曲の後では、ちょっとパワー不足かな。タイトル曲なのに、「Bonus Track」とはめずらしい。 4人のサックス・プレイヤーの個別の演奏とアンサンブルは悪い訳ないのだけど、細かいツッコミはさておき、固い事言わずに、楽しむアルバムかな。

« 新作ニュース | トップページ | BWB 「Human Nature」(2013) »

グループ」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」