« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の記事

2013年6月30日 (日)

Dave Koz & Friends 「Summer Horns」(2013)

Sumhorns

まさにサックス・オールスターズという顔ぶれ。デイブ・コーズ、ミンディ・エイベア、リチャード・エリオット、そしてジェラルド・アルブライトの4人つまり4管が集まった、ゴージャスな企画アルバム。注目は、中身の演奏はもちろんだけれど、プロデュースのポール・ブラウン。ポール自身もギターで演奏に参加しているけれど、このアルバムは彼のプロデュースの技量が、ギタープレイ以上に、いまやスムースジャズ界でトップ級の売れっ子だということを証明している。客演しているアーティストがすごい。マイケル・マクドナルド、ジェフリー・オズボーン、ジョナサン・バトラー、のボーカリストに、リック・ブラウン、ダーレン・ラーン、ブライアン・カルバートソン。そして、ホーンアレンジが、グレッグ・アダムス、トム・スコット。こんなビッグネームをまとめたのはポール・ブラウンのプロデュース力で、その点で評価されるアルバムだ。それに、「ポール・ブラウン臭く」なくて(ギタープレイも控えめ)、営業的にそうとう売れる内容に徹した感があって、商業的なプロデュースの「完成度」という点で、必聴のアルバム。カバーの選曲も、歓喜しそうなカバー曲が並んでいて、これまたニクい。 M-1:「Always Threre」(インコグニート)、 M-2:「Got to get you into my life」(ビートルズ)、 M-3:「Rise」(ハープ・アルバート)、 M-4:「So Very Hard to Go」(タワー・オブ・パワー)、 M-5:「Hot Fund in the Summer Time」(スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン)、 M-6:「Take Five」(デイブ・ブルーベック)、 M-7:「25 or 6 to 4」(シカゴの「長い夜」)、 M-8:「Reasons」(アース・ウィンド・アンド・ファイアー)、 M-9:「I Got You(I Feel Good」(ジェイムス・ブラウン)、 M-10:「You Haven't Done Nothin'」(スティービー・ワンダー)、 M-11:「God Bless the Child」(ビリー・ホリディ) 。ブラス・ロックから、R&B、ソウルのエバーグリーンのグレーテスト・ヒットという感じ。こんな選曲でも、せっかくならこのメンバーでやって欲しかったなあと、リスナーに思わせるのも、プロデューサーの狙いだろうなあ。例えば、チェイスの「Get It On」、演って欲しかった。 最後のM-12「Summer Horns」が唯一のオリジナル曲で、癒されるいい曲なんだけれど、それまでの「強力」な曲の後では、ちょっとパワー不足かな。タイトル曲なのに、「Bonus Track」とはめずらしい。 4人のサックス・プレイヤーの個別の演奏とアンサンブルは悪い訳ないのだけど、細かいツッコミはさておき、固い事言わずに、楽しむアルバムかな。

2013年6月25日 (火)

新作ニュース

フォープレイのギタリスト、チャック・ローブの新作は「Silhouette」、8月リリース。スティーブ・ガッドは、25年ぶりのスタジオ録音のリーダーアルバム「Gadditude」。クロスオーバー時代の「24丁目バンド」でも知られた(古いかな)、フュージョンのベテランベーシスト、ウィル・リーは20年ぶりのソロ「Love, Gratitude and Other Distractions」を、日本先行で7月リリース。スティーブ・ガッドもウィル・リーも、「いぶし銀」の新作を聴いてみたい。

Chuck_sm

Gadd_sm Wlee_sm

2013年6月24日 (月)

スムースなシングル盤 ⑪

Shaunlabelle13 Austinpauljr1

Single8

サックスプレイヤー、ショーン・ラベルの「I'm Back」と、オースティン・ポール・ジュニアの「Movin' Forward」は、軽快なポップススタイルが、典型的な、スムースジャズ・チューン。4小節のメイン・メロディーをくりかえし展開していくのは、イージーな作風ように思えて、シンプルでキャッチーなメロディーが耳に残る。ショーン・ラベルは、キャリアの長い人のようで、ジェフ・ローバーとも共演している。「I'm Back」では、なかなかファンキーなサックスと、チョッパーベースがアクセントの演奏はシャープなサウンド。オースティ・ポール・ジュニアは、フロリダで活躍する若きサックスプレイヤー。「Movin' Forward」は、ちょっとレイドバックしたビートと、サックスはブルージーな音色が印象的な佳曲。どちらも、B級といったら申し訳ないが、メジャープレイヤーのゴージャスさはないけれど、なんとなく惹かれる「掘り出し物」な2曲。ギタリスト、ブレーク・アーロンの「Desire」(2007)は、スムースジャズギターのベストな一枚だった。それに続くフルアルバムを待ち望んでいるんだけれど、新作のシングル「You're My Miracle」は、ポップなボーカルチューン。ブレーク・アーロンの、ギターインスト中心の新作が早く聴きたい。

2013年6月23日 (日)

Andy Snitzer 「The Rhythm」(2013)

Rhytm_lg ボニー・ジェイムスの新作が「ザ・ビート」で、このアンディ・スニッツアーの新作は「ザ・リズム」。ほとんどリリースが同じ2枚、タイトルがダブらなくて良かったななんて、どうでもいい心配をしてしまう。スタイルにほとんど共通性は無いけれど、スムースジャズのサックスプレイヤーを代表する2人の新作が、奇しくもなんとなく似ているのは、「トリビアの泉」的発見だと思うけど、だれも分かってくれないだろうな。さて、前作「Traveler」は、都会の裏側のような雰囲気で、静けさにアンディの骨太のサックスが響き渡る、なかなかいいアルバムだった。今回のアルバムは、前作に比してアップテンポのリズミックな演奏ばかりかというとそうでもなく、音作りは前作の延長にあって、ストレートアヘッドなアンディのブローやインプロビゼーションが力強いし、もの悲しいメロディーラインや、MIDIプログラムのシンセの背景音は聴いただけでアンディと分かるサウンドデザインだ。前作に比べると、メロディーがキャッチーな曲が多くて、この当りは作曲家としての彼の進化が伺える。全11曲、共作も含めて、アンディ自身の作曲。オープニングM1「Candy」とM2「Velvet」は、ハイライトな2曲で、マイナーなメロディーラインが、さりげなく知的な雰囲気のあるいい曲。「Velvet」の、リズムセクション、ドラムとベースがシャープに刻まれて、ギターのバッキングはちょっとR&B風にかっこいいし、後半のアンディのストレートアヘッドなアドリブは、本格派ジャズサックスプレイを味わえるし、出色のトラック。M8「Caso de Amor」ボッサリズムのジャージーな曲で、チャック・ローブとの共作で、チャックもゲスト参加した曲。これがなかなかいい演奏で、スタン・ゲッツを彷彿させてメローに吹くサックスが新鮮。今度、ボサノバのアルバムを作って欲しいなあ。アンディは、デビューのころ、デビッド・サンボーン・クローン(モノマネ)と酷評されたそう。たしかに、サンボーンのフォロワーではあるけれど、今やオリジナリティを確立した出色のサックスプレイヤーだ。ちなみに、アンディは「プロ・ツールス」と呼ばれるデジタル・オーディオ・システムに長けていて、デジタルの音作りはプロ級で、自己のレコーディングはもちろん、ボン・ジョビやデスティニー・チャイルドといったアーティストのデジタルエンジニアも手がけているそう。また、この人、ニューヨーク大学でMBAを取得して、J.P.モルガンで働いていた事もあるというから、頭の構造が違うんだろうなあ。これも「へえー」という「トリビア的」情報でした。

2013年6月22日 (土)

Ronny Smith 「Can't Stop Now」(2013)

Cantstopnowcvrwebギタリスト、ロニー・スミスの新作。とにかく全曲、スゥイングというかシャッフルというか、生きのいいギターが弾けていて、かっこいい。彼のギタースタイルは、「ジョージ・ベンソン」フォローワー。でも、「てらい」など無くて、胸をはって「ベンソン風」に弾きまくるから、聴いているこちらも、固いこと無しに、ただただ彼のスウィングに酔わされてしまう。全10曲、最後の2曲、M9「Valentine」と、M10「Popped Off」は、複管ブラスが入る演奏で、M9はソウルバラード、M10はホーンセクションとオルガンがフューチャーされたR&Bセッションのような演奏で、他曲とはちょっと「味」が異なっていて、悪くないけれど他曲の良さにおよばない。M1からM8は、コンテンポラリーでキャッチーな佳曲揃い。オープニングのM1「Lift Off」は、つかみのあるメロディーと、パッセージにチョーキング、コードストローク、混ぜ混ぜの縦横無尽なギタープレイが壮快で、おっ、このアルバム行けてるなあ、と期待が膨らむ演奏。アルバムタイトル曲のM5「Can't Stop Now」は、疾走するギターにガツンとやられる。M4「A Spyro Spin」と、M8「Brown Town」は、ベストな2曲。どちらもウエストコースト風の「青空の下で乾燥系」メロディー(勝手なネーミングです)がきもちいいし、ギターは「ベンソン節」が一番炸裂する演奏。ベンソンの、いわゆる「機関車風コードストローク奏法」(これも勝手に名付けてます。和音をちょっとスライドさせる「あれ」です。)が、随所に出てくるところがにくい。ロニー・スミスは、「Long Time Comin」(2001)、「Laid Back」(2002)、「Got Groove」(2005)、「Simply Stated」(2007)、「Just Groovin」(2009)、とコンスタントに作品をリリースしている。この新作は壮快なスムースジャズギターアルバムとしてイチオシな一枚。

2013年6月10日 (月)

新作ニュース

なんといっても、アール・クルーの新作「Hand Picked」が待ち遠しい、7月のリリース。作品を量産していた昔に比べて、最近は新作のペースは落ちて、ちょっと残念だけれど、マイペースでリラックスしているアール・クルー。前作品「The Spice of Life」(2008)も、とてもいい作品だった。5年ぶりの新作に注目。キム・ウオーターズの新作「My Loves」は、今月リリース。題名から察するに、キムのサックスがロマンティックに唄い上げる、王道のスムースジャズに違いない。これも期待の新作。ポール・ブラウンが看板のレーベル「ウッドワード・アヴェニュー・レコード」からリリースされる、イタリア系ギタリスト、アンドレア・ラツアッティの新作「Front Street」に注目。ポール・ブラウンのプロデュースに、パティ・オースティンも参加しているというのだから、悪いわけない。

Handpkd

Myloves

41nnfy9gxml_sl500_sl130_

2013年6月 9日 (日)

Ron Boustead「Mosaic」(2013)

Mosaic1

ロン・ボーステッドは、ソングライターでもあり、シンガーとして3枚のアルバムを出している。加えて、マスタリング・エンジニアとしてのキャリアはトップクラスで、プリンス、ローリングストーンズ、ジャネット・ジャクソンといったポップスのビックネームの作品を手がけている。スムースジャズ系でも、ブライアン・シンプソン、グレッグ・カルーカス、ニルス、カーク・ウェイラム、マイケル・リントン、オリ・シルク、などなどのアーティストの作品を手がける、売れっ子のエンジニアなのである。この新作は、前作「Blend」(2006)に続く作品で、彼の幅広い交友関係から多くのビックミュージシャンが参加している。商業的にサポートミュージシャンを集めて作った作品とは一線を画す、「ロン・ボーステッド&フレンズ」の趣のある、とても暖かい作品。10曲の作品ごとに参加ミュージシャンも異なり、作品性も違うのだけれど、ボーステッドのボーカルが、テクニックを駆使するのではなく、終止「ハート」で歌い、周知の友人と丁寧に作り上げている楽しさが伝わってくる、とてもいい作品なのである。全曲粒ぞろいだけれど、カバー曲の選曲には、うなってしまう。「音」といえば、ボーステッド自らのマスタリングが秀逸で、際立ちのいい音とビートが統一感のある作品になっている。ボーカルアルバムだけれど、サウンドは、クオリティの高いスムースジャズ。5★の大推薦盤です。

① Moon Song - メランコリックなメロディーに、ちょっと個性的なスロー・ボッサのリズム(変拍子?)が心地いい。これは、いい曲だなあ、誰の曲だろうとチェックしたら、ブラジルのシンガーソングライター、レオ・ミナックスの作品。彼の「Aulanalua」(2006)というアルバムに入っている。現代的なサウンドアレンジは、マイケル・フランクスの名曲「アントニオの唄」を思い起こす。最後の当りで、アントニオ・カルロス・ジョビンの「三月の雨」のメロディーを唄うのは、アドリブだと思うが、にくいなあ。トランペットはリック・ブラウン、ベースはブライアン・ブロムバーグ、ピアノとアレンジは、AORファンに懐かしい人、ビル・カントス。
② You're Sensational - この曲もボサノバのリズムにR&Bっぽいメロディー、スキャットが壮快で明るく粋な曲。ジョン・ルシエンの「Listen Love」(1991)の中の一曲。ルシエンは、かつて、デイブ・グルーシン、グローバー・ワシントン・ジュニア、ジェフ・ローバーといったフュージョンのジャイアンツと作品を残したボーカリスト。今となると、ルシエンあたりが、スムースジャズのクラシックと呼んでもいいようなアーティスト。フェンダーで軽快なフレーズを弾くのは、グレッグ・カルーカス。
③ No Me Without You - 沁み入るようなマイナーメロディーで、泣きのスローバラード。ボーステッドと、アンドレアス・オールマンの共作。オールマンもキーボードで参加している。サックスはカーク・ウェイラム。それだけでもすごいのに、バックコーラスも只者ではないと思ったら、アーノルド・マッカラー。ジェイムス・テイラーやリッキー・リー・ジョーンズ、デービッド・サンボーンなどと共演した、「ミスター・バックコーラス」。
④ Wishful Thinking - キャロル・キングの作品。こんないい曲、彼女のどのアルバムに入っていたのか、とチェック。「Colour Of Your Dreams」(1993)に入っていた曲。メロディーも、ボーカルも、円熟の味で、いい感じ。ピアノはビル・カンリフェ、ギターがパット・ケリー、いずれもメインストリームジャズ系の人で、結構知る人ぞ知るアーティスト。まとめているのが、ボーステッドの盟友、キーボードのマイケル・マクレガー。
⑤ And Now ? - ボーステッドの自作曲。スローボッサの雰囲気と、ヒーリング・ミュージックのような、おおらかで丁寧なボーカルが心休まる曲。オーガニックなスキャットがいいなあ、ルネ・スタールという人。
⑥ Careless Wind - この曲は注目。ジャズピアニストのフレッド・ハーシュと、ボーステッドの共作。2人は古くからの友人だとか。ピアノをハーシュが弾いている。スローなボサノバジャズという感じで、軽快なハーシュのピアノが聴きもの。ハーシュはメインストリームジャズだけれど、好きなピアニストで、近作のソロのライブアルバム「Alone at the Vanguard」(2011)は愛聴盤。ボーステッドとの組み合わせに驚きと感激。
⑦ Every Moment Of You - この曲も、ボーステッドの友人でビリー・ランキンというピアニストで作曲家の作品。ジャージーなワルツで、いい曲だなあ。ピアノはビル・カントス、ベースはブライアン・ブロムバーグ、ドラムがマイク・シャピロ、のコンボが生み出すシャープなジャズビートが聴きもの。
⑧ Everything Be OK - ボーステッドとマイケル・マクグレガーの共作。「So Far So Good」と唄うシンプルなテーマの、力強いボーカルが印象的な曲。こんな曲を聴くだけで元気が出ます。
⑨ Whatever Happens - ビル・ウィザースとラリー・カールトンの共作で、ウィザースのアルバム「Watching You, Watching Me」(1985)に入っている。ヴァネッサ・ウィリアムスがデビューアルバム「The Right Staff」(1988)でもカバーしていたっけ。ボーステッドと、ウィンディ・ワグナーという女性ボーカリストがデュエットで歌い、「カントリー」の味付けがピッタリはまったカバーバージョン。
⑩ Secret Love - 最後の曲は、ジェイムス・テイラー。彼の「JT」(1977)の中の曲。ジャズピアニストのミッチェル・フォアマンのピアノは、唄伴というより、ボーステッドとのデュエットのような存在感で、ストリングスを入れた編曲が、エンディングならではの演出がにくい。
(ロン・ボーステッドの本作品は、愛読させて頂いているサイト「Sound of The Breeze」のマスター、「洋楽のソムリエ」さんから紹介を頂きました。Thanks !)

2013年6月 1日 (土)

Bob James & David Sanborn 「Quartette Humaine」(2013)

Quartettehumainecover

Mi0002510714 ボブ・ジェームスが、デビット・サンボーンとコラボした「Double Vision」(1986)は、フュージョンの「名作」。なんと、その時から27年を経て、その2人が再演したのが、新作「Quartette Humaine」。まず、「Double Vision」を久しぶりに聴き直してみた。当時、あきるほど聴いたはずなのに、今でも色あせない名演。サポートしたのは、マーカス・ミラー(ベース)、スティーブ・ガッド(ドラムス)の最強リズム隊。デビッドのサックスは、「泣き」で鳴らしていた人気絶頂の頃。このボブとのコラボでは、潤いが伝わってくるような音色がクール。名作「Touch Down」から、一連のタッパンジーのフュージョンヒット作品を連発していた、ボブジェームス。この作品でも、彼のフェンダーエレピサウンドが、ポップなビート感が最高。マーカスの重量級チョッパーベースは、当時のフュージョンのスタイルで、今聴くとちょっと懐かしい。さて、この新作のメンバーは、ドラムスが同じスティーブ・ガッド、ベースはジェームス・ジナスで、カルテットコンボによる、ジャズフォーマットの演奏。その「音」は、27年前の「Double Vision」にあらず、一発撮りライブのようで、ときに室内楽的で、精緻で上質なコンテンポラリージャズ。主役は、もちろんデビットとボブだけれど、必聴は、スティーブ・ガッドのドラムス。ブラシワークがすばらしい。ブラシのスラッシュとヒットワーク、シンバルとハイハットの多彩なドラミングテクニックは、まるでオーケストレーションのよう。スティーブのドラムスが、このカルテットの「音世界」を広げている。録音も秀逸なので、彼のドラムスを聴くだけでも、この作品は価値がある。1曲目「You Better Not Go To College」や、3曲目「Sofia」は、特に鳥肌もの。ブラシのスラッシュワークが、こんなに胸に染み入るなんて、涙もの。ジナスのベースも、よけいな「おかず」を入れないけれど、さりげないシンコペーションノートが現代的。デビッドのサックスは、コブシを廻して絞りこんだり囁いたり、「湿り気」の熱唱ならば、ボブのピアノはそれを「中和」する清涼水のよう。このカルテットのアンサンブルは、モードではない、ちょっとビーバップ的なスウィング感があって、それでいて現代的なジャズの解釈にあふれている。この作品は、デイブ・ブルーベックとポール・デスモンドへのトリビュートがテーマらしい。「黄金のカルテット」と言われた、ブルーベックカルテットのリズム陣は、名手ジョー・モレロのドラムスが不可欠だった。まさしく、スティーブ・ガッドが、ジョー・モレロなのか。この作品は、フュージョンとかジャズのジャンルを超えて、ボブ・ジェイムスとデビッド・サンボーンの27年後の「アナザー名盤」。「Double Vision」は、グラミー賞を受賞したっけ。この「Quartette Humaine」も、遜色なしの候補作品になるに違いない。次は、ボブ・ジェイムスとアール・クルーの再演が実現しないだろうか。過去3枚のコラボで、最後は1992年の「Cool」だから20年も前。再演を切に願いたい。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」