« Andy Snitzer 「The Rhythm」(2013) | トップページ | 新作ニュース »

2013年6月24日 (月)

スムースなシングル盤 ⑪

Shaunlabelle13 Austinpauljr1

Single8

サックスプレイヤー、ショーン・ラベルの「I'm Back」と、オースティン・ポール・ジュニアの「Movin' Forward」は、軽快なポップススタイルが、典型的な、スムースジャズ・チューン。4小節のメイン・メロディーをくりかえし展開していくのは、イージーな作風ように思えて、シンプルでキャッチーなメロディーが耳に残る。ショーン・ラベルは、キャリアの長い人のようで、ジェフ・ローバーとも共演している。「I'm Back」では、なかなかファンキーなサックスと、チョッパーベースがアクセントの演奏はシャープなサウンド。オースティ・ポール・ジュニアは、フロリダで活躍する若きサックスプレイヤー。「Movin' Forward」は、ちょっとレイドバックしたビートと、サックスはブルージーな音色が印象的な佳曲。どちらも、B級といったら申し訳ないが、メジャープレイヤーのゴージャスさはないけれど、なんとなく惹かれる「掘り出し物」な2曲。ギタリスト、ブレーク・アーロンの「Desire」(2007)は、スムースジャズギターのベストな一枚だった。それに続くフルアルバムを待ち望んでいるんだけれど、新作のシングル「You're My Miracle」は、ポップなボーカルチューン。ブレーク・アーロンの、ギターインスト中心の新作が早く聴きたい。

|

« Andy Snitzer 「The Rhythm」(2013) | トップページ | 新作ニュース »