« Yellowjackets 「A Rise In The Road」(2013) | トップページ | スムーズなシングル盤⑫ »

2013年7月15日 (月)

BOSE SoundLink MIni

7_2

数日前に購入したボーズの「SoundLink Mini」。Bluetoothで接続できる同社のサウンドリンク・シリーズのスピーカーとして、最小のサイズの新製品。デザインもなかなかいい。価格も22,900円で、今までの同シリーズで一番安い。ボーズによれば、「デュアル・オポージング・パッシブラジエーター」と呼ぶ独自技術を採用して、不要な振動を抑え、深みのある重低音を再生するとか。使ってみての感想は、まず小さい(カタログ表示サイズ:横幅180mm、奥行き59mm、高さ51mm)、メタリックなシルバー仕上げは高級感があり、重量(655g)もずっしりと安定感もあり、なかなか上質なプロダクト。デザインも、好みはあるだろうが、スッキリしたボタン配置や、わずかな曲線の処理に、ボーズらしさを感じて飽きが来ない。そのサウンドは、ボーズらしい「重低音」の再生音が、このサイズで実現されているのは驚き。このスピーカーに限らずボーズの特色かもしれないが、中高音に比べると、低音が前に出る感じは強めかもしれない。前面と背面に指向性を持たせたスピーカー配置なので、広域な臨場感。ブルートゥースの感度も、iPad、iPod、MacBook Pro、で使用したが、瞬時でペアリングする。充電用のクレードルが同梱している。

6_2

筆者は、最近は、ほとんどの音源を、iTunesで入手して、iPodやiPadで聴くスタイル。イヤホンで聴かない場合、ブルートゥースのアウトプットを利用することが多い。ちなみに、風呂場ではロジクール社の、「Ue(Ultimate ears) Boom」の耐水性スピーカー(19,800円)を愛用している。これも重低音が特色で、SoundLink Miniより強調された重低音かもしれない。耐水性というのが気に入っていて、風呂場での湿気は心配無い。全方向のサウンド指向で、臨場感もある。こちらのデザインはスポーティーで、スイッチにはラバーを使用しているが安っぽい感じはまったくしない。カラーバリエーションも、6色あって、ポップなプロダクトだ。ペアリングもクイックだし、iPadやiPhone用の専用アプリもある。電源を入れる時や、ペアリングの時、ドラムサウンドが鳴ったり、また、音量調整の両ボタンを押すと電源残量がボイスアナウンス(英語)されたりと、こういったつくりもなかなかクール。SoundLink Miniにしても、Boomにしても、音質はもちろん、プロダクトとしての惹き付ける魅力がある。残念だけど、これが日本製には無いところなんだよなあ。

5_6

« Yellowjackets 「A Rise In The Road」(2013) | トップページ | スムーズなシングル盤⑫ »

コラム」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」