« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の記事

2013年8月31日 (土)

Scott Allman 「Next Stop Home」(2013)

Next

スコット・オールマンは、シカゴを中心に活躍しているキーボード奏者。プロとしてのキャリアは20年を超えるという。最近はラリー・カールトンのツアーバンドにも参加しているようだ。彼のソロアルバムは、「Generations」(2011)がデビュー作で、この新作が2作目。彼自身のコメントによると、デビュー作は"Not Jazz"な仕上がりだったので、新作では「コンテンポラリー・ジャズ・ジャンル」を指向したという。そして、12の自作曲のテーマは、トラベルであり、"Home"はどんな場所にもある。どんな道もHomeにつながっている。そんなテーマが伝わってくるような、ドラマティックな曲想にあるれたアルバムだ。サウンドとしては、パット・メセニーや、ブライアン・カルバートソンスティーブ・オリバーあたりの路線かな。情景を思い起こす奥行きの広いアレンジメントは、ムードミュージック的であったり、コンテンポラリージャズであったり、映画のサントラのようでもあり、この人のキーボード奏者より、アレンジメントとサウンドデザインの才能が発揮されている。サックス奏者ダーレン・ラーンが参加した、M1「Different Sun」と、アルバムタイトル曲M6「Life Within」は、いずれもラーンのパワフルなサックスと、オールマンのピアノとラーンの会話がキャッチーなスムーズ・ジャズ・チューン。リン・ラウントゥリーのトランペットが物悲しいM8「Gibraltar's Jewel」は、映画音楽のようなムーディーなバラード。フィル・デニーのサックスがどことなくまったりと、タイトル通りリゾート気分のスローバラードM4「Island Bound」も印象的な曲。彼のピアノやシンセがフューチャーされた、M3「Road to Chongquing」とM12「Ten Mile Lake」は、彼の優しい演奏にほっとする。それなりにゴージャスなサウンドなんだけれど、ちょっと万華鏡的過ぎてるような印象のアルバム。もちろん、悪くはないんだけれどね。

2013年8月24日 (土)

Garry Goin 「Road Trip」(2013)

Roadtripcover

ギター奏者ゲリー・ゴーインのメジャーな仕事は、 BWBに参加しているサックス奏者カーク・ウェイラムとの共演だ。ウェイラムの作品「Into My Soul」(2003)と「Roundtrip」(2007)では、作品共作、プロデューサー、ギタリストとして参加していた。ゴーインのソロ新作は、2004年の「Goin' Places」、そしてこの作品がそれに次ぐ新作。サウンドは、R&Bソウルのテイストで、メンフィス・ソウル系。プロデューサーとしてクレジットとされているデビッド・ポーターは、アイザック・ヘイズやサム&デイブの時代の超有名ソング・ライターで、そのデビッド・ポーターが、ゲリー・ゴーインを気に入って、ウェイラムとの共演などのプロジェクトに参加することになったらしい。ギタリストとしてゴーインは、曲によって、セミアコか、ガットギターを弾いているのだが、メンフィス・ソウル系のサウンドをバックに、ガットギターを弾いている演奏が、なかなかクール。M1「Roundtrip」、M3「Coast 2 Coast」、M5「You Were My (First Love)」で聴けるガッドギターは、アール・クルーのような柔らかい音色ではないけれど、やや固いがシャープでビートを感じる音色がいい。ウェイラムも客演している、M7「Are We There Yet」、M4「Cruisin'」(ボーカルは、ケビン・ウェイラム)、などは、エレキに持ち替えて、黒っぽくソウルフルな演奏。アイズレー・ブラザーズの曲をカバーで取り上げているのが、M8「Groove With You」。バックコーラスが絡むスウィート&メローなメロディーを、ゴーインはガット・ギターで演るのだが、こちらは洗練された80年代ソウルのグルーブで、カバーとしてはなかなかのグッド・チューン。全10曲、曲によってガットやエレキを弾いたり、ちょっと散漫な感じもするけれど、タイトル曲「Roundtrip」や「Groove With You」あたりは光っている佳作。

2013年8月17日 (土)

The Brand New Heavies 「Forward」(2013)

Forward

猛暑の夏ならば、むしろパワフルなファンクやソウル、またはアシッド系の音が聴きたくなる。夏のそばやうどんに飽きた頃に、むしろステーキてな感じ。80年代のギャップ・バンドや、シャラマーあたりのディープな横揺れビートや、レベル42のアシッド・フュージョン・サウンドが懐かしい。昔の音もサイコーだけれど、このブログのテーマは、「今」の音源だから、このディスクを紹介したい。ブラン・ニュー・ヘヴィーズの新作。彼らは、言わずと知れたイギリスのアシッド・ジャズ系のバンド。結成は90年代初期の長寿バンド。正直、まだやっていたとは知らなかった。結成時からの3人(Jan Kincaid、Simon Bartholomew、Andrew Levy)が、今でも中心のバンド。初期は、インスト・バンドで始まって、ボーカルのエンディア・ ダヴェンポートを迎えて評価が高まった。ダヴェンポートが辞めたり、再演したりという時期もあり、他のボーカリストでは、クインシー・ジョーンズやマイケル・ジャクソンとの共演で有名なサイード・ギャレットがメンバーだったこともある(彼女はどうしているのだろう)。この新作は、ダヴェンポートを再びボーカリストに迎えたことが話題の作品だ。ただし、ダヴェンポートがボーカルを取っている曲は、M2「Sunlight」、M3「Do You Remember」、M6「Addicted」の3曲だけ。もう1人の女性ボーカリスト、ドーン・ジョセフが他数曲唄っていて、それはそれでいい感じの演奏なのだけれど、やはりダヴェンポートのボーカルの曲が光っている。「Sunlight」は、80年代後半のダンス系ソウルで、チャカ・カーンを彷彿とさせる、ポップでパワフルなハイライト曲。彼女のボーカルを別にしても、このバンドの演奏のグルーブには脱帽で、80年代90年代のファンク・ソウルを今に継承している王道のバンドだ。オープンの「Forward」とM8「Itzine」と、コーラスが入るアシッドなM11「Turn The Music Up」の3曲は、インスト曲で、このパワーにはガツンとやられる。粘着性のあるベースと、体を突き抜けるタイトなドラムスに、アッパーカットなブラス・セクションのアンサンブルといったら言うことなし。比較したら悪いけれど、このブラス・セクションを聴いたら、デーブ・コーズの「Summer Horns」の音もパワー不足に聴こえてしまう。この夏のヘビ・ロテ用推薦盤、スムーズ・ジャズ・ファンも必聴。

2013年8月 9日 (金)

Rod Tardik 「Limitless」(2013)

Limitless

スムーズジャズ系のギタリストで、アコースティック・ギターを弾く人の中で、この人、ロブ・ターディックは個人的にベスト級のプレイヤー。スムーズジャズといっても、ポップス系の音と、フュージョンやコンテンポラリー・ジャズ系の流れがあるとすると、この人は最右翼のポップス系。自作メロディーは、キャッチーでポップだし、音作りもイージーリスニング風。こういうタイプのギタリストは、あまり評価されないかも知れないが、固いこと言わないで、聴いて欲しい、いいんだから。前作「B.E.L.L.」に続く、新作アルバムは、ちょっと意表をつくような曲は何曲かあるけれど、先行して発表されたシングル「One World」を筆頭に、今回もいつも通り彼らしいポップな秀作。 1曲目、レコードのノイズが聴こえて始まる「RobBop」が、まず意表をつくフュージョンな曲。ウェール・ラーソンのワイルドなサックスと、絡むギターもアコギではなくエレキで80年代フュージョンっぽくて、あの時代のオマージュなのかな。アルバムタイトル曲のM3「No Limits」も、ファンキーなメロディーが硬派な感じで、今までの彼の路線からすると新鮮。さあ、いつもの、でました、という感じが、M5「Givin' Back」。ヴィンセント・インガラの弾けたサックスとのユニゾンリフ、チョッパーベース、8ビートに乗ったアコギのパッセージは、本当に彼らしい1曲。M6「Moments」はキャッチーなバラードで、こういう曲をシングルトーンでメロディーを紡ぐのが彼のスタイル。複雑なアドリブプレイを弾くのがいいとも限らない。彼のこういうシンプルな演奏がいいんだよなあ。M7「My Own Lane」は、「One World」の続編のようなこれもラテン系のキャッチーな曲。M9「My JaM」も意外なエレキプレイの曲。マージービートかリバプールサウンドを思わせる、グループサウンズか、という演奏にニンマリ。うーん、でもかっこいい。最後の曲「Always There」は、もっとも彼らしい、ハッピーなメロディーの曲。唄うようなギターの音色がじわっとくるベスト・トラック。そう、この人はテクニックじゃなくて、ハートで弾く人なんだよね。同曲のボーナストラックは、フィル・デニーのサックスが客演しているバージョンで、フィルのおかげでゴージャスな仕上がり。

2013年8月 4日 (日)

新作ニュース

オリ・シルクの新作は「Razor Sharp Brit」、9月リリース。サックス奏者スティーブ・コールの新作「Pulse」も9月リリース。前作のスタンダードカバーもよかったけれど、新作はスムーズジャズ路線になりそうで期待の新作。ギタリスト、パトリック・ヤンダルの新作は「Soul Grind」。アコギ・ソロの前作も良かったけれど、今度は題名からしてR&Bソウルっぽいのかな。注目はジミー・ウェッブの新作「Still Within The Sound Of My Voice」。14曲全てゲストとの共演で過去作品のセルフカバー集のようだ。アート・ガーファンクル、ルーマー、デビッド・クロスビーとグラハム・ナッシュ、アメリカ、カーリー・サイモンなど、豪華ゲストの顔ぶれ。前作「Just Across The River」(2010)も、ビリー・ジョエルやリンダ・ロンシュタットなど豪華ゲストとの共演集だったけれど、カントリー路線だった。今度の新作は、AOR路線だと好みなんだけれど。ジェシー Jの新作は「Second Chances」。セルジオ・メンデスの「Magdalenha」を、ジェフ・ローバー、ジミー・ハスリップ、ノーマン・ブラウンらと演っているらしい。いまや硬派のフュージョン・サウンドの重鎮、ジェフ・ローバーの新作は「Hacienda」で、ジミー・ハスリップが加わったフュージョン・ビートに期待。

Olisilk

Pulse

Soulgrind

Jimmywebb

Jessyj2

Hacienda_sm

2013年8月 2日 (金)

Earl Klugh 「HandPicked」(2013)

Hand_lg

アール・クルーの新作は、3曲のゲストとの演奏を除いて、他13曲ギターソロによるアルバム。アールのオリジナルが3曲入っているが、ほとんどがジャズやポップスの名曲をカバーした彼のフェバリット・ソング・ブックという感じの選曲。それぞれの曲のオリジナルへの想いというより(かなり古い曲もあるからね)、彼が影響を受けたギターのジャイアンツのカバー演奏を振り返るような意味で、私的な思い入れの曲が選ばれているのかもしれない。ゲストが入る3曲もデュエットの演奏で、アルバムを通して、アールの柔らかいギター音色が堪能できる、なんだかほっとする新作。

1.Alfie(1966):バート・バカラックとハル・デビッドの名曲。パット・メセニーもソロギターアルバム「What's It All About」で演っていた。
2.Lullaby Of Birdland(1952):ジョージ・シアリングのジャズの名曲。チェット・アトキンスもレパートリーにしていたので、そのオマージュかもしれない。
3.Blue Moon:1934年にリチャード・ロジャースとロレンツ・ハートが書いたポピュラーソング。エルビス・プレスリーも唄っている。ビル・フリーゼルのエレキギターと、アールのガット・ギターが対比的な、ジャズ的なインプロビゼーション会話のデュオ演奏。
4.In Six:アールのオリジナル。6拍子の、アールらしい軽快なメロディ。
5.Cast Your Fate to The Wind(1965):チャーリー・ブラウンの音楽で有名なヴィンス・ガラルディの曲。アールは、「Magic In Your Eyes」(1978)でも同曲を演っている。
6.Hotel California:言わずと知れたイーグルスの名曲。ジェイク・シマブクロのウクレレとのデュエット。
7.More And More Amor:ビング・クロスビーの1944年のヒット曲。ハープ・アルパートとティファナ・ブラスや、フリオ・イグレシアスのバージョンが有名。
8.'Round Midnight(1944):セロニアス・モンクの名曲。ジョー・パスの「Virtuoso」(1973)でジャズ・ソロ・ギター演奏の衝撃は忘れられない。そのアルバムでジョー・パスが演奏したスタイルを彷彿とする、アールの演奏。低音を弾く親指の運指のテクはすごいなあ。
9.But Beautiful(1947):これもポップスのクラッシックで、ジャズのスタンダード。ギタリストの演奏では、ケニー・バレルがジミー・スミスと組んだ演奏が印象に残っている。アールの演奏は、さりげない小品だけれど、アールのパッセージはいつになくストレートジャズしている。
10.All I Have To Do Is Dream:エバリー・ブラザーズの1958年のヒット曲。チェット・アトキンスがギターを弾いていたそう。ここではカントリーのビンス・ギルのギターとデュエット。後半に出でくるビンスのボーカルで、あっという間にカントリーの世界。
11.Going Out Of My Head:リトル・アンソニーとザ・インペリアルズの1964年のヒット曲。ウェス・モンゴメリーが同名アルバム(1966)で取り上げた演奏が、ギターファンにはエバーグリーン。
12.If I Fell:ビートルズの曲。ガボール・ザボが「Gypsy'66」(1965)で演っている。
13.Where The Wind Takes Me:アールのオリジナル。シャンソンを思わせる、物悲しいメロディー。
14.Morning Rain:アールのオリジナル。アールの曲って、FM番組のジングルに使われることが多い。この曲もさわやかな朝の雰囲気だから、どこかの番組で使われるかも。ちなみに、「Winter Rain」という曲が「Move」(1994)に入っていた。
15.Love Is A Many Splendored Thing(1955):同名映画の主題歌としてヒットした曲。フランク・シナトラやナット・キング・コールが唄っている。これもストレートジャズ的な解釈の粋な演奏。
16.This Time:アールの初期のアルバム「Finger Paintings」(1978)に入っていた曲の再演。その時もアルバムの最後の曲だったけ。
アールは過去にもソロ・ギターのアルバムを何作か出していて、この新作もいつも通りのスタイルのアール・クルーが聴けるのでファンとしては満足。個人的には、前作「The Spice of Life」(2008)のようなポップなアレンジやオーケストレーションのアール・クルーが好みではあるけれど。ゲストとの3曲はちょっと違和感がある。他曲のソロ演奏が、選曲も、演奏も統一感があるので、特にそう感じる。ジェイク・シマブクロとの演奏は、意外な選曲のイーグルスのバージョンそのままで、なんだかフォークデュオのような感じだし。ビンス・ギルのカントリーボーカルも、ビンスのファンには申し訳ないが、唐突な感じだし。ビル・フリーゼルのエレキギターも、いいけれど。やっぱり、アール・クルーのギターだけ、で十分。

2013年8月 1日 (木)

「フレディ・マーキュリー 孤独な道化」レスリー・アン・ジョーンズ著

9784636881905_2

フレディ・マーキュリーが45歳で他界したのは、1991年11月24日。それから22年も経つというのに、彼の唄声は色褪せないし、史上最高のロックボーカリストの1人。とりたててクイーンのファンではなくても、「ボヘミアン・ラプソディ」や一連の名曲に魅せられない人はいない。この本は、フレディ・マーキュリーの伝記であるが、偉大なロック・ボーカリストの業績を詳細に掘り起こす内容ではない。彼の残した作品にまつわる裏話などももちろん出てきて興味深いが、コアなファンなら周知かもしれないので、そういった興味だけで読む本ではない。かくいう筆者も、クイーンはもちろん嫌いではないけれど、特にファンというわけではない。けれどこの評伝に引込まれてしまった。希代稀に見る成功の階段を駆け上がり、奇異に満ちた人生を最後は悲劇的に終わらせた、フレディ・マーキュリーというひとりの人間の姿に。彼の死因がエイズだったことや、男性女性に限らない奔放な交友関係、または、金任せの豪遊癖など多々のゴシップなどは、彼がいなくなった今でも、時にはおもしろおかしいく流布されている事実である。そういった「事実」の裏側で、フレディという人間が、彼自身の性癖に戸惑い、いつも罪の意識に苛まれ、家族を求め続けた人間で、その苦悩の表現として、対極的な生命力のあふれた楽曲を作り出していたのだ。フレディは、アフリカはザンジバル島のパールシー教徒の一家に生を受けた。彼はいわゆるペルシャ人であって、厳格な信教徒の家庭で育った。厳格ゆえに、家庭内の堅苦しい愛情表現で幼少期を過ごしたことが、大人になってから肉体的な愛情に固執してしまうと、フレディ自身も思っていたようだ。いわゆるアングロサクソン系の白人のロックスターが主流の時代に、フレディは自分自身の出自にしても隠していたから、フレディーのボーカルスタイルが、ステージに上がったとたん神がかりにパワフルなパフォーマンスを見せていたのも、コンプレックスの解決方法だったのかもしれない。彼がクイーンを率いて、怒濤のヒット曲を連発して成功して行く反面、私生活ではいつも苦悩していて、時に破壊的で、かつシャイで、友達や家庭を愛し、ユーモアに富んでいた人間性には、読んでいて心が打たれる。ちなみに、クイーンの「輝ける日々(These Are The Days Of Our Lives)」のプロモーションビデオでは、公式ビデオとしてはフレディの生前最後の姿が見れる。見るのも痛々しい姿だけれど、優しい唄声と彼特有のスタイルに拍手したい。ところで、ハリウッドではフレディの伝記映画の企画が進んでいるらしいが、監督も決まらないようで、主役に決定していたサシャ・バロン・コーエンも最近、降板したとかで、迷走中。(岩木貴子訳 出版:ヤマハミュージックメディア)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」