« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の記事

2013年9月29日 (日)

Oli Silk 「Razor Sharp Brit」(2013)

Sharp

オリ・シルクは、1979年英国生まれのキーボード奏者。大学の友人であったベース奏者ダニー・シュガーと組んだフュージョン・バンド「Sugar & Silk」で、2000年にデビュー作「Fact or Friction ?」をリリース。2002年には2作目「Duality」をリリース。その後、オリはソロ奏者に転じて、スムーズジャズのメジャー・レーベル「トリピン&リズム・レコード」から、「So Many Ways」(2006)、「The Limit's the Sky」(2008)、「All We Need」(2010)、の3枚のソロ作品をリリースしている。この最新作品は、彼の現時点のベスト作品に間違いない。そして、スムーズジャズの作品として、このアルバムは今年の傑作の1枚だろう。かつての、ボブ・ジェームスや、リー・リトナー、デイブ・グルーシンなどが、70年80年代に残した作品が、今やフュージョン・ジャズの名盤と評価されるなら、やがて何十年か後に、2010年代のスムーズジャズを振り返る時が来たら、この作品は間違いなく代表作の1枚と評価されるに違いない。R&Bやソウル、ブルース、ヒップホップなど、多様なポピュラー音楽のテイストがちりばめられたメロディーやオーケストレーションは、全11曲、どの曲の音作りも完成度が高い。そして、この作品の素晴らしさは、フォーマットは違えど、伝統的なジャズの即興演奏が、生き生きと聴けるところ。オリ自身のピアノやフェンダーのソロ演奏はもちろん、彼と参加プレイヤーが繰り広げる、ゲストプレイヤーとのインタープレイはいずれもスリリング。スムーズジャズのムードを壊すことのない、アドリブの音のパッセージは、現代的で、聴く度に発見があって、ワクワクが尽きない。

M1.「At Your Service」先行してシングルカットされていた、ベース奏者ジュリアン・バーンが客演した曲。ジュリアンのベースは、まるで人間のボーカルのようだ。
M2.「In The Thick of It」サックス奏者エラン・トロットマンと、オリのアコースティックピアノが絡む、フュージョン・チューン。
M3.「Like a Whisper」英国の新人女性歌手カーステン・ジョイが唄うボーカル・トラック。アシッド系ブラコンポップスで、ブラスセクションのアレンジがダイナミック。
M4.「The Prestige」クールな曲調に乗って、チャック・ローブのギターと、オリのエレピ、のアドリブ・インタープレイが、何度聴いてもスリリングだ!
M5.「Supersize!」オリのアコピがファンキーにスイングする。
M6.「Strings For Somebody」ストリングサウンドのシンセに、アコピが絡むバラード小品。
M7.「I'm In, Peace Is(The La La La Song)」明るく壮快なコーラスメロディー。アコピが、躍動感を増して行く展開が印象的な曲。
M8.「Shepards Spy」ヒップホップ風なサウンドデザインに、ファンキーなエレピがかっこいい。
M9.「Every Single Way」これもボーカル曲。唄っているHolly Petrieは英国の歌手らしいが、経歴は分からない。
M10.「Larsons Blues」ギターはポール・ブラウン。ブルースコード進行で展開する、ポールのギターと、オリのフェンダーのインタープレイが、クールな曲。
M11.「All Roads Lead To Home」ドラマチックなアコースティックピアノが美しい。
オリの才能は、いつの日か、いや、近いうちに、より強力な「大傑作」を作るような気がするのだが。今後も期待したい。

2013年9月24日 (火)

Jessy J 「Second Chances」(2013)

Jessy

ジェシーJは、デモを聴いたポール・ブラウンに見出される。ポールは、デビュー作「Tequila Moon」(2008)をプロデュース。次作の「True Love」(2009)、「Hot Sauce」(2011)、とすべてポールがプロデュースや演奏に深く関わっている。いずれも、ポールが作るサウンドの特色の、アダルト・オリエンテッドなR&Bムードに加えて、メキシコ系のジェシーならではのラテン路線をブレンドした洗練されたスムーズジャズ作品だ。ポール・ブラウンの秘蔵っ子と言っていいジェシーだが、よくありがちな方向性として、今回のこの新作「Second Chances」は、ポール・ブラウンが関与しない初めての作品になった。「Second Chances」というタイトルには、「諦めずにチャレンジする」意味を込めたと、ジェシー自身がライナーに記している。「2」をテーマにして、その数字がタイトルに入っている曲が、全10曲中6曲もあるのも面白い。ポール・ブラウンはいないけれど、共演しているのは、ジェフ・ローバーやノーマン・ブラウンなど大御所で、過去作品と遜色は無い内容だ。プロデュースは、ジェシー自身と共同したのが、ジェフ・ローバー(4曲)、ジョニー・ブリット(2曲)で、この2人が演奏にも加わっていて、この2人が関与した作品が、彼女の新しい方向性なんだろう。ジェフ・ローバーは、ベースのジミー・ハスリップに、ギターのマイケル・トンプソンを従えてのバック・アップで、このメンバーは「ジェフ・ローバー・フュージョン」そのまま。M8「Double Trouble」は、そのジェフ・ローバー・フュージョンに、ジェシーJが加わって、ストレートなフュージョン・ジャズのバンド・アンサンブルが聴けるところは、ジェシーの新境地だろう。同じジェフ・ローバーでも、M1「Listen 2 The Groove」、M5「Tango For Two」は、クール&メローな料理の仕方で、両曲はジェシーの今までの路線を踏まえたようなアレンジをしているのが興味深い。だけど、ポール・ブラウンにしても、ジェフ・ローバーにしても、最近のメジャーなスムーズ・ジャズ作品には、必ずどちらかが関与していて、超売れっ子だ。いずれの2人も、音作りも演奏も、間違いなくトップ級で、手堅いのは分かるけれど、音が同質的でちょっと新鮮味に欠ける。一方、ジョニー・ブリットが共同プロデュースした、M2「Second Chances」、M10「Twice」の2曲は光っている。ジョニー・ブリットは、フリューゲルフォン奏者でもあり、ボーカリスト。かつて、IMPROMP2というメローなソウル系デュオグループの一員だったそう。彼のソロ・アルバム「Feels So Good」(2012)は、コンテンポラリーなR&Bスタイルの作品で、彼のキャッチフレーズが「マービン・ゲイ・ミーツ・マイルス・デイビス」というのだから、ビッグな可能性の期待のアーティスト。「Second Chances」には、ギタリストのノーマン・ブラウンも参加、ジョニー・ブリットがコーラスとトランペットで参加している。「Second Chances」も「Twice」も、コンテンポラリーななかなかの楽曲で、ジェシーのサックスも、健康的で明るい音色が発揮されている。ジョニー・ブリットこそ、ポール・ブラウンに替わる、グッド・パートナーという感じがする。次回は全曲、ジョニー・ブリットと組んでみたらどうだろうか。

2013年9月23日 (月)

Patrick Yandall 「Soul Grind」(2013)

Soul

パトリック・ヤンダルの前作「Acoustic Dreamscape」は、アコギ1本のなかなか趣のあるいいアルバムだった。そして、彼の新作は、久しぶりにオーケストレーション・サウンドをバックに彼のギターが堪能できる秀作。彼の自作曲11曲に加えて、カバーを3曲演っている。そのカバー3曲は、マイケル・ジャクソンの名曲M4「Human Nature」に、ラリー・カールトンのM6「Room 335」と、M14「Josie」はスティーリー・ダン。いずれも、コメント不要の名曲で、どちらかといえば「ベタ」な選曲。普通は、これだけビッグな曲をカバーすれば、アルバム中のハイライトになって、その他の曲が埋もれてしまうもの。でも、パトリックのメロディー・メーカーとしての才能は、そんなビッグなカバー曲がある中、自作曲がけっして劣らず、いずれもすばらしい楽曲で、肩を並べている。ギター・プレイヤーとしてのパトリックは、スムーズ・ジャズ系ギタリストでもトップ・クラスだけれど、作曲の才能はもっと注目されてもいい。この新作は、その楽曲の質の高さと、演奏を含めたアレンジの素晴らしさで、ポップ・インストルメンタル・アルバムとしてトップ級。アルバムタイトルや、ジャケ写真のパトリックの風貌からして、80年代初めを回帰するのが今回の作品のテーマなのだろうか。サウンドも、どこか懐かしいファンキー・ビートを感じてしまう。M1「My Lady」やM13「Bump This」は、なんとなくディスコ時代を思わせるビートに、メランコリックなギターリフが、クールな曲。M2「Sould Grind」にしても、ファンキーなチョッパーベースが印象的で、中低音を強調したギターリフがやたらにかっこいい。ミディアム・バラードのM5「Foreever」や、M14「Sir Mango」の、オクターブ奏法のギターや、とりわけ美しいパッセージと爽やかなアレンジは、上質なポップ・チューンとして完成度の高い作品になっている。ゴスペル的なメロディーのM8「Lay Me Down」も、ギターサウンドを際立たせた、シンプルなアレンジが安らぎを感じる佳曲。M10「The Don」は、モータウン・サウンドをオマージュしたような、楽しいメロディーの作品。パトリック・ヤンダルは、もっと評価されていいギタリスト。

2013年9月22日 (日)

スムーズなシングル盤⑭

Grooveme Higher_2

Mattias

ピアノ・プレイヤーによる新作シングル3曲。以前紹介した、グレッグ・マニングの「Dance With You」は、秀逸なポップ・インスト・チューンで、けっこうヘビロテで聴いたお気に入り曲だった。ちなみに、同曲のサックスは、ミンディ・エイベアーです。さて、彼の新曲「Groove Me」は、前作がさらにパワーアップした8ビート全開のスピード感溢れる作品。テーマメロディーはキャッチーだし、ベースやエラン・トロットマンのサックスがファンキーで、リピートしたくなるヒット性のポップ・チューンだ。でも、コンテンポラリー・ジャズ・リスナーには、中盤に出てくるグレッグのピアノのインプロビゼーションに注目してもらいたい。オン・ビートで疾走感あるアドリブプレイは、ジャズファンも唸るはず。早くフル・アルバムを出して欲しいなあ。ジェイムス・コラーの新曲は、彼自身が唄ったボーカル・チューン。フェンダーの演奏は、おなじみの軽快なサウンドで、爽快感たっぷり。シンプルなメロディーと歌詞を唄う彼のボーカルはとにかくハッピーで楽しくなる。スキャットのパートが、意外性があって聴きもの。マティアス・ルースは、スウェーデンのピアニストで、「Sweco」というバンドのキーボード奏者。ソロの新曲「Feel Like Home」は、軽めのジャンプ・ナンバーといった趣の、キャッチーな曲。アコピのメロディーラインや、アーバンな曲想に、ジョナサン・フリッツェンを思わせるのは、同じスウェーデン出身だからなのかな。

2013年9月16日 (月)

Jeff Golub「Train Keeps a Rolling」(2013)

Golub

ジェフ・ゴラブのデビューは1988年。いままで、すでに13作品のアルバムを出している、26年のキャリアを持つギタリスト。アタックがやや強い音色を弾く人で、ロックやブルース系寄りのコンテンポラリー・ジャズ・ギタリスト。前作の「The Three Kings」(2011)は、ブルース界の3人の”キング”、BBキング、フレディ・キング、アルバート・キングへトリビュートした、ディープでゴージャスなブルース作品だった。そのジェフ・ゴラブの新作。ジャケットの彼はどこかワイルドな感じで、今までの貴公子なイメージとどこか違う。題名も「Train Keeps a Rolling」だから、タイトル表現の、電車の引き込み線をバックにした撮影だろう、と。寄り添う犬は、あれっ「盲導犬」?。ワイルドに見えたジェフは、サングラスをかけている? そう、うかつにも、知らなかった。ジェフは、前作アルバムの録音を完了した後、2011年の7月に、視神経の障害で視力を失ってしまう。「The Three Kings」のレコーディング中に、すでに右目の障害が始まっていたが、誰にも語らず演奏したそうだ。そして、その後、両目の視力を失ってしまう。それから1年後の2012年9月には、ニューヨーク市内の地下鉄ホームから落下をする事故にあう。地下鉄が接近する間一髪のところを、自ら這い上がってまさに九死に一生を得て、幸運にも擦り傷だけで助かるのだ。その事故は失明の不運より、彼に生きるパッションを与えたのかもしれない。事故後のインタビューでも、「今でもショックだよ。死んでいたかもしれないからね。でも、見えていない事を心配しない。」と語っている。彼の身の上に起こったそんな事実を知らなくても、このアルバムを聴けば彼の音楽へのパッションが伝わってくる。共演は、イギリス出身のオルガン奏者、ブライアン・オーガー、という人。そのブライアン・オーガーが結成していたオブリヴィオン・エクスプレスの「Closer To It」(1973)というアルバムを、15才のジェフは聴いて感銘を受ける。「ロック・ミュージシャンがジャズを演奏するのを初めて聴いて、ジャズを演奏するにはジャズ・ミュージシャンである必要はないと分かった」、とジェフはライナーに書いている。このアルバムの11曲はいずれも、ジェフのギターとブライアンのオルガンを中心とした、バンドセッションの作りなのだが、どの曲もタイプの違いはあれ、ロックやブルースをベースにしたわくわくするバイブレーションに溢れている。ブライアンの弾くハモンドオルガンが、70年代を感じさせるレトロなビートがいい。ブルーススピリットを外さない、どちらかというとロックビートを炸裂させるようなジェフのギターは元気いっぱいで壮快なプレイだ。M1の「The Cat」は、オルガンの巨人ジミー・スミスがラロ・シフリンと組んだ名盤(1964)タイトル曲のカバー演奏。オリジナル以上にパワー・アップしたホーン・セクションをバックに、チョーキングプレイのジェフのギターと、ジミー・スミスを彷彿するブライアンのオルガンがグッド・バイブレーションを炸裂するハイライトチューン。この冒頭曲にいきなりガツンとやられる。M3のアルバムタイトル曲は、ジェフのペンによる曲で、ジェフのロックギターが疾走してゆく。M5の「Pusherman」は、カーティス・メイフィールドのサントラ名盤「Superfly」(1972)に入っていた曲のカバー演奏。70年代のファンク・ブルースな雰囲気で、サビのジェフのギターが文句無しにカッコいい。M6「How Long」は、ポール・キャラックの同名曲を、フリストファー・クロスが参加して唄ったカバー演奏。ブルー・アイド・ソウルな原曲を、クリストファーが唄って、西海岸風のAORに仕上がったベストでポップなトラック。ジェフのコードストロークもウェストコーストロックしている。M7「J&B」とM9「Shepherds Bush Market」は、前作からの流れを感じる、いずれもシカゴ・ブルースなセッション・トラック。ディープでワイルドな、ジェフのブルースパッセージのギターが堪能できる。M8「Happiness Is Just Around the Bend」とM10「Whenever You're Ready」は、アレックス・リガートウッドがボーカル参加したロックな2曲。アレックスは、サンタナのバンドのリードボーカルを務めた人で、サンタナ以前はブライアン・オーガーのバンドにも参加していた。最後の曲M11「Walking On The Moon」は、スティングの曲のカバー。ボーカルは、AORファンには懐かしい人、「Biggest Part of Me」(1980)のヒットで有名なアンブロージアのボーカリストだったデイヴィッド・パック。このアルバムは、AORからロックやブルースのタイプの曲が集められているけれど、聴きものは「前向き」なジェフのギターと、ブライアン・オーガー率いるセッション・バンドが作り出す、グッド・バイブレーション。ギターインストアルバムとして今年のベストな一枚に推薦したい。

2013年9月 8日 (日)

Pieces of a Dream 「In The Moment」(2013)

Dream2

かつて、ピーセス・オブ・ア・ドリームが、グロバー・ワシントン・ジュニアに見出されてデビューしたのは、彼らがまだ10代の1976年だった。編成はジャズのピアノトリオで、出身であるフィラデルフィアのソウルや、ゴスペルのテイストを持った、新しいコンテンポラリージャズのバンドだった。かつて、1970年後半からソウル系ラジオ番組から人気を博した「クワイエット・ストーム」なる音楽ムーブメントが、いわゆるメロウで都会的な音を指すジャンルになった。ジャズでは、CTIレーベルの音や、グロバー・ワシントン・ジュニアあたりが代名詞となったのは、その後のいわゆるスムーズ・ジャズの展開に続いたのかもしれない。日本のFM番組「クロスオーバー・イレブン」は、いわゆる「クワイエット・ストーム」を持ち込んだ先駆的な番組だったのだろう。アメリカでは今も「クワイエット・ストーム」な深夜の音楽番組が多くあるようで、そういった背景の違いが、スムーズ・ジャズの日米の人気の違いなのかもしれない。さて、ピーセス・オブ・ア・ドリームのデビュー以来、長いキャリアを経たこの新作は、20作目を数える。現在のバンドの中心メンバーは、デビュー以来の、ピアニストのジェームス・ロイド、ドラムスのカーティス・ハーモンの2人。このサウンドは、まさに前述した「クワイエット・ストーム」のメインストリームでなかろうか。スゥイートなソウルテイスト、メロウで、シブくて、ジャズの艶っぽさもあって、ゴスペルやストレート・ジャズがブレンドされている。彼らの演奏する音やメロディーに、ラムゼイ・ルイスや、グローバーや、ルーサー・ヴァンドロスあたりがデジャブのように聴えるのは錯覚だろうか。20作目を経て、彼らの原点回帰の作品なのかもしれない。

2013年9月 1日 (日)

Lebron 「Shades」(2013)

Albumart2

新人サックス奏者、レブロン(本名レブロン・デニス)のデビュー作。彼のサックスプレイも、サウンドも、好感の持てる作品。アーバンなサウンドで、カラッとしたR&Bテイスト。中間音を中心に柔らかな音色に終始するサックスプレイも、耳に心地いい。思い浮かぶのはジェフ・カシワや、ダーレン・ラーンユージ・グルーブ、時にはケニーG、といったメジャーなサックスプレイヤーだし、サウンドはいかにもの黄金律のスムーズ・ジャズ・バイブレーション。デビュー作にしてこの完成度だから注目のアーティスト。シングルのM3「Groove City」のようなキャッチーなハイライトチューンもあって、アルバム全10曲が、心地よいバイブレーションで繋がっている。アルバム全体がスムーズに同期しているサウンドデザインに、このアーティストのコンセプトが感じられる。あえて、ジャズ的なアドリブや感情移入を押さえて、リスナーに心地いいサウンドとバイブレーションを届けてくれる。プロデューサーはダーレン・ラーン。「Groove City」では、ポール・ブラウンがギターで客演。同じレーベル(カットモア・レコード)のニコラス・コールが参加しているのはM5「Kiss and Tell」。ほとんどの作曲はダーレン・ラーンによるもので、3曲がレブロンとの共作。ダーレンのサックスもM2「Double or Nothing」で参加していてレブロンとのファンキーなデュエットプレイが聴ける。最後のM10「Turn It Up」が、アルバムの中では一番ファンキーでパワフルなナンバー。この路線で、次回の作品はもっと弾けたサックスが聴きたい。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」