« Jessy J 「Second Chances」(2013) | トップページ | Steve Cole「Pulse」(2013) »

2013年9月29日 (日)

Oli Silk 「Razor Sharp Brit」(2013)

オリ・シルクは、1979年英国生まれのキーボード奏者。大学の友人であったベース奏者ダニー・シュガーと組んだフュージョン・バンド「Sugar & Silk」で、2000年にデビュー作「Fact or Friction ?」をリリース。2002年には2作目「Duality」をリリース。その後、オリはソロ奏者に転じて、スムーズジャズのメジャー・レーベル「トリピン&リズム・レコード」から、「So Many Ways」(2006)、「The Limit's the Sky」(2008)、「All We Need」(2010)、の3枚のソロ作品をリリースしている。

この最新作品は、彼の現時点のベスト作品に間違いない。そして、スムーズジャズの作品として、このアルバムは今年の傑作の1枚だろう。かつての、ボブ・ジェームスや、リー・リトナー、デイブ・グルーシンなどが、70年80年代に残した作品が、今やフュージョン・ジャズの名盤と評価されるなら、やがて何十年か後に、2010年代のスムーズジャズを振り返る時が来たら、この作品は間違いなく代表作の1枚と評価されるに違いない。

R&Bやソウル、ブルース、ヒップホップなど、多様なポピュラー音楽のテイストがちりばめられたメロディーやオーケストレーションは、全11曲、どの曲の音作りも完成度が高い。そして、この作品の素晴らしさは、フォーマットは違えど、伝統的なジャズの即興演奏が、生き生きと聴けるところ。オリ自身のピアノやフェンダーのソロ演奏はもちろん、彼と参加プレイヤーが繰り広げる、ゲストプレイヤーとのインタープレイはいずれもスリリング。スムーズジャズのムードを壊すことのない、アドリブの音のパッセージは、現代的で、聴く度に発見があって、ワクワクが尽きない。

M1.「At Your Service」先行してシングルカットされていた、ベース奏者ジュリアン・バーンが客演した曲。ジュリアンのベースは、まるで人間のボーカルのようだ。

M2.「In The Thick of It」サックス奏者エラン・トロットマンと、オリのアコースティックピアノが絡む、フュージョン・チューン。

M3.「Like a Whisper」英国の新人女性歌手カーステン・ジョイが唄うボーカル・トラック。アシッド系ブラコンポップスで、ブラスセクションのアレンジがダイナミック。

M4.「The Prestige」クールな曲調に乗って、チャック・ローブのギターと、オリのエレピ、のアドリブ・インタープレイが、何度聴いてもスリリングだ!

M5.「Supersize!」オリのアコピがファンキーにスイングする。

M6.「Strings For Somebody」ストリングサウンドのシンセに、アコピが絡むバラード小品。

M7.「I'm In, Peace Is(The La La La Song)」明るく壮快なコーラスメロディー。アコピが、躍動感を増して行く展開が印象的な曲。

M8.「Shepards Spy」ヒップホップ風なサウンドデザインに、ファンキーなエレピがかっこいい。

M9.「Every Single Way」これもボーカル曲。唄っているHolly Petrieは英国の歌手らしいが、経歴は分からない。

M10.「Larsons Blues」ギターはポール・ブラウン。ブルースコード進行で展開する、ポールのギターと、オリのフェンダーのインタープレイが、クールな曲。

M11.「All Roads Lead To Home」ドラマチックなアコースティックピアノが美しい。
オリの才能は、いつの日か、いや、近いうちに、より強力な「大傑作」を作るような気がするのだが。今後も期待したい。

|

« Jessy J 「Second Chances」(2013) | トップページ | Steve Cole「Pulse」(2013) »