« Roberto Vally 「Boom Boom Boom」(2013) | トップページ | Phil Denny 「The Messenger」(2013) »

2013年11月23日 (土)

Jeff Lorber Fusion 「Hacienda」(2013)

Hacienda

ジェフ・ローバー(key)が率いる、ジミー・ハスリップ(b)、エリック・マリエンサル(sax)の3人によるユニット、ジェフ・ローバー・フュージョンの新作。前作「Galaxy」(2012)から、わずか1年でリリースされたこの新作を聴けば、このユニットが今や最強のフュージョン・バンドだということを証明してくれるし、乗り乗りのグルーブ・ビートにはガツンの連発で打ちのめされるし、スリリングなインタープレイはまさに鳥肌もの。ジェフ・ローバーの演奏するフェンダーは、煌びやかな音の洪水のようで、いつにも増して弾けている。エリック・マリエンサルのサックスも縦横無尽に、360度の速射砲のようだ。でも、なんといっても、このユニットを最強たらしめているのは、ジミー・ハスリップのベースと、ユニット・メンバーではないけれど11曲中9曲でドラムスを客演しているVinnie Colaiutaのリズム・セクション。まるで複雑な数学の計算式のようで、それでいて疾走するベースとドラムスのリズムに目が回る。ジミー・ハスリップは唯一無比のリズムマシーンで、彼が抜けたイエロージャケッツ、近作「A Rise In The Road」のパワー不足は如何ともし難いなあ。M1「Corinaldo」そんな最高のファンキーなリズム体験ができるベストトラックだし、M2「Solar Wind」では、客演しているラリー・クーンスのギターのスピード感溢れるフレーズが何ともスリリングだ。続くM3「King Kong」は、フランク・ザッパ作曲の「怪」曲、いや名曲で、かつて同名曲を演奏した(1970年のアルバム「King Kong」)ヴァイオリンのジャン=リュック・ポンティ本人が加わったハイライトなトラック。この演奏も、ポンティのバイオリンを中心に、プログレっぽいというかフリー的な演奏だが、インタープレイのバイブレーションが最高。怒濤のようなこの3曲が白眉で、それに劣らず、わくわくするビートがほとんど全編続く、最強のアルバムだ。M9「Playa del Falco」は、バラード曲で、ジェフ・ローバーのフェンダーが印象的な曲。何しろ息もつかせない曲の中の1曲のバラードなので、思いの外美しく聴こえるんだなあ、この曲。

« Roberto Vally 「Boom Boom Boom」(2013) | トップページ | Phil Denny 「The Messenger」(2013) »

グループ」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」