« Theresa Grayson 「Live2Love」(2013) | トップページ | Chuck Loeb 「Silhouette」(2013) »

2013年11月30日 (土)

Kim Waters 「My Loves」(2013)

Myloves

サックス奏者キム・ウオーターズは、スムーズジャズのスタープレイヤーの1人。デビューは1989年だから、キャリアは25年近くになる。ソロアルバムも20枚近くになる。ソロ活動以外でも、ジェフ・カシワスティーヴ・コールと組んだサックス・トリオ「ザ・サックス・パック」のメンバーで、2008年と2009年に2枚のプロジェクト・アルバムを残している。最近、サックス・パックの方は、再結成をしたらしいが、キムは参加せず、代わりにマーカス・アンダーソンが参加してツアーを行っているらしい。新しいサックス・パックの方も新録アルバムが待ち遠しい。さて、キム・ウオーターズは、ジェントルでメロー、シルキーのようなサックス音色が持ち味の人。ジェフ・カシワ、ナジー、といったアーティスと近いプレイヤーだけれど、キムが一番スィート・ソウルの路線で最右翼な人。この新作も、全11曲、スィートソウルなキャッチー・チューンが並んで、ハズレ無しの秀作だ。ここには、バリバリのブロウも無いし、ガリガリのアドリブも無いけれど、メランコリー・メロディーがジェントルに続いて、クールでシルキーなサックスと、アーバンなサウンドは、全くストレスを感じない。リスナーに題名通りスムーズなムードを提供するスムーズジャズの王道のようなアルバム。とりたてて、どの曲がいいとかではなくて、サックス中心の流れるようなスウィート・サウンドがいいなあ。結局、ヘビー・ローテーションになるのは、こういうアルバム。誰にも紹介しないで、自分だけで聴いていたいアルバム。

« Theresa Grayson 「Live2Love」(2013) | トップページ | Chuck Loeb 「Silhouette」(2013) »

サックス」カテゴリの記事