« Jeff Lorber Fusion 「Hacienda」(2013) | トップページ | Theresa Grayson 「Live2Love」(2013) »

2013年11月24日 (日)

Phil Denny 「The Messenger」(2013)

Messenger

フィル・デニーの新作はクリスマス・アルバムだ。前作「Crossover」は、ネイト・ハラシムのプロデュースの上手さと相まって、なかなかいい作品だった。この新作も、ネイトとフィルの共同作品。クリスマス・アルバムといえば、いまの季節の定番で、ジャズやポップス・カテゴリーで旧作の再発を含めて、新作もたくさん出てくるし、正直あまり食指が動かない。アーティストのほうも、一度は出しておくのがクリスマス・アルバムというような感じもあるのか、心に残る作品はそう見つからない。このフィル・デニーのクリスマス・アルバムは、なかなかクールな味わいのある好盤だ。全10曲のうち、M3「White Christmas」、M6「This Christmas」、M7「Have Yourself a Merry Little Christmas」、M8「Little Drummer Boy」、M9「Deck the Halls」、などいわゆるクリスマス・クラシックが網羅されていて、ソウルフルな味わいのあるアレンジと、デニーのサックスのクールなところが都会的なムードに満ちている。ネイトがプロデュースをしたトランペット奏者リン・ラウントリーも客演している。アルバム冒頭と最後の2曲は、フィルとネイトの共作によるオリジナル曲で、クリスマス・ムードにピッタリなポップチューンのM1「Radio Flyer」と、センチメンタルなバラードのM10「The Messenger」。この2曲は特に光っている。また来年聴きたくなるかな。

« Jeff Lorber Fusion 「Hacienda」(2013) | トップページ | Theresa Grayson 「Live2Love」(2013) »

サックス」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだ新譜を中心に紹介します。
    番外編は、ミュージック本の紹介など。

    Since 2011 by UGASAI