« 2013年のベスト3+1 | トップページ | 新作ニュース »

2013年12月29日 (日)

Bob Baldwin 「Twenty」(2013)

Twenty

ボブ・ボールドウィンの2012年の作品「Betcha By Golly Wow」は、トム・ベル作品集で、ソウル・クラッシックへのボブの思い入れが感じられた秀作だった。そして、この新作は、タイトル通りソロ20作目という記念碑的大作で、約75分におよぶ全15トラックは、ジャズ、フュージョン、R&B、ファンク、ゴスペル、ソウル、はたまた、ラップからディスコDJまで、怒濤のように続いて、まさに彼自身が標榜する「ニュー・アーバン・ジャズ」のパノラマのよう。フェンダーローズの鍵盤演奏は、伝統的なジャズのピアノに匹敵して、フュージョンの時代から続く今のコンテンポラリージャズのアイコン的な楽器だと思うのだが、テクニックに加えて、フェンダーらなではの、情緒や「ノリ」の良さ、を兼ね添えたベストプレイヤーは、ジェフ・ローバーと、この人、ボブ・ボールドウィンだと思う。特に、2人とも、近年の活動は精力的で、脂がのった演奏はさらにパワフルになり、ファンとしては嬉しい限り。さて、ボブのフェンダーの「音色」に酔ってしまうハイライトは、M3「Chameleon 3000」、M4「Chamelon 3000 Part II」、M12「Butterfly/Let Her Fly」で、2曲ともハービー・ハンコックの名曲カバー。特に、M4は、ボブのフェンダーが、「カメレオン」のテーマを大胆に展開するフリー的なアドリブの妙は圧巻、必聴。ラジオのDJを演出したMCが、「タテのり(よこのりかな)」よろしく始まる、M5「The Mashup」、M6「Turn the Club Up」、M7「Ain’t Nobody Got Time Fo’ Dat」は、80年代をオマージュしたディスコ・ソウル「大会」。M6もM7も、ダンシング・チューンだけれど、ボブのピアノが、いやあああ、かっこいい。M6の粘着性ファンクは「ザ・ギャップ・バンド」だし、M7の腰ノリビートは「MCハマー」だな。そして、スウィートなボブ・ボールドウィンのアコースティック・ピアノも聴ける。M8「On and On」は、たっぷりクワイエット・ストームで、M14「Music Changed My Life」もメランコリックメロディーのバラード、いずれも美しい。ちょっと、曲の展開に、目が回るけれど、傑作の作品。『洋楽のソムリエ』さんが、今年のベスト1に選んだのも、大納得の作品。

« 2013年のベスト3+1 | トップページ | 新作ニュース »

キーボード」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだ新譜を中心に紹介します。
    番外編は、ミュージック本の紹介など。

    Since 2011 by UGASAI