« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の記事

2014年2月23日 (日)

Lisa Stansfield 「Seven」(2014)

Lisastansfieldpng1_600x600

リサ・スタンスフィールドといえば、最大のヒット曲「All Around the World」(1989)が印象的で、その後も聴き続けている訳ではないけれど、彼女のようなUK出身の「ブルーアイド・ソウル」のシンガーがなぜか好みである。90年代のディスコブームでは、日本でもかなり人気があって、それ以降、女優もしていたようだが、作品もしばらく出てなかったのでニュースも伝わってこなかった。忘れた頃に久しぶりにこの嬉しい新作。アルバムとしては、前作「The Moment」(2004)以来、およそ10年振り、オリジナル作品としては7枚目の新作で、タイトルも「Seven」。 先行シングルで出ていたM1「Can’t Dance」は、90年代を思わせるちょっとレトロなディスコ調チューン。ピッキング・ギターや、タイトなドラムス、ブラス・セクションのサウンドが、どこかマイケル・ジャクソンを思わせてかっこいい。そのはず、この曲のドラムスは、マイケルの作品で叩いていたジョン・ロビンソン(!)。M7「The Rain」や、M8「Conversation」はストリングスが入る劇場型の曲だが、スタンスフィールドの唄い方は、ちょっとオーバー・パワーで聞き苦しい。この人は、やっぱりR&Bビートのダンスチューンが似合う。M9「Carry On」は、ストリングが入った、ちょっとモータウンっぽい、ヒット性のキャッチーな曲で、スタンスフィールドの「復活」にふさわしいガツンとくる作品。M10「Love Can」も、アシッドなテイストのメロディーと、ストリングの組み合わせがクールなアレンジで、力を抜いたスタンスフィールドの歌がアルバム中一番ファンキーな曲。プロデュースは、スタンスフィールドの夫のイアン・デヴェニーで、曲もほとんどをスタンスフィールドと共作。パワフルなストリングスを取り入れながら、ソウルでファンキーなサウンドは豪華だし、久しぶりのスタンスフィールドの歌もブランクを感じない。今の歌姫アデルの成功に刺激されたのかな、アデルの生まれた年(1988)のすぐ次の年に、スタンスフィールドがデビューアルバム「Affection」をリリースしているわけで、比べたら失礼だね。

2014年2月22日 (土)

Vandell Andrew 「Turn It Up」(2014)

Turnitup2

ニューオリンズ出身のサックス奏者ヴァンデル・アンドリュー。デビュー作品「Years Later..」(2011)は、ハリケーン、カタリーナに襲われたニューオリンズに想いを馳せたということで、ちょっと「内省的」な作品だった。この新作は、5曲入りミニアルバムだが、いずれもプログラム系のアップテンポのダンス・ビートに、スカっとして弾けるサックスが明るい作品になった。5曲の内、3曲が、ネイト・ハラシムのプロデュースで、これがさすがハラシムという感じで、緻密でタイトなサウンドと、アンドリューのサックスが生き生きとしたミックスは、他2曲と比べてクオリティが明らかに違う。M1「Let’s Ride」、M3「Driven」、M5「Turn It Up」が、ハラシムのプロディース・トラック。ハラシムのワンマン・バンドの音をバックに、アンドリューのアルト・サックスが乗っかるという作り。アンドリューは、彼のサイトで、「スムーズジャズは、スーパーマーケットや歯医者で聞こえてくるエレベーター(の中で聞こえる)音楽なんてレッテルが付いているけれど、この作品でそんなインストゥルメンタル音楽の垣根を壊したい。」と言っている。スムーズジャズは、パーティーやドライブ、色々なシチュエーションで聴かれる使用頻度の高いBGM。それは、ビジネスの点で、重要な要素だが、音楽性の評価は注目されない。たとえスタイルがBGM的でも、アンドリューのようなアーティストの主張ある音楽に耳を傾けないのはもったいない。こんどは、ハラシムの全曲プロデュースでフルアルバムを期待したい。

2014年2月16日 (日)

スムーズなシングル盤 ⑰

Pstevens

Shelter

Jq

デイヴィッド・P・スティーヴンスは、ギタリストであり作編曲、プロデューサーをこなすマルチタレント。新曲シングル「Innocence」は、サックス奏者ジャネット・ハリスをフューチャーした、フィラデルフィア・サウンドのスウィート・ソウル・バラード。スティーヴンスのちょっと硬質なギターに、ハリスの泣くようなサックス、そしてコーラス、と来れば「オールド・スクール」タイプの「お決まり」のスタイルだけれど、沁みるなあ。 カル・ハリス・ジュニアのシングルは、アルバム「Shelter Island」の冒頭を飾っていたタイトル曲。でも、このシングルはアルバムと内容が違う興味深いバージョン。このシングルのサックス演奏はユージ・グルーヴ。アルバム・バージョンの方のサックスはクレジットが無いので、見抜けないのだが、このシングルでは、出だしから、いかにもグルーヴだと分かるフレーズが出てきて、終盤までサックス演奏が長く登場する。アルバムでは、中盤はハリスのピアノが中心のミックスだが、シングルのほうは、グルーヴのサックスが前面に出てきて際立っている。グルーヴのファンは聴かなくっちゃあ。カナダのフュージョン・ジャズ・バンド、グルーヴ55。そのキーボード奏者で、バンドの中心人物が、ジャック・ミノー。彼のソロ名義のシングル「The Rabbit Trail」は、ジョージ・デュークに捧げたという曲。グルーヴ55のメンバーも参加してタイトなリズムを刻み、ミノーのエレキピアノが軽快なフュージョン・ナンバー。フェイドアウトするのが残念、もっと聴きたい。

2014年2月 9日 (日)

Willie Bradley 「Another Day & Time」(2014)

Anotherdaytime

トランペット奏者、ウィリー・ブラッドリーのソロ作品。50才ぐらいの人で、10年以上も前から、ジャズやゴスペルを、自己のトリオなどで、出身地であるノースカロライナはフェイエットビルで演奏活動をしている。このデビュー作品のプロデュースは、18才の気鋭キーボード奏者、ニコラス・コール。コールによるサウンドデザインは、レイドバックなムードが満点で、彼のデビュー作品「Endless Possibilities」に通じる、コールならではのサウンド・カラー。コールのアコースティックピアノはリリカルで美しいし、ブラッドリーのホーンサウンドは、どの曲でもソフト&メローに響いて、包容力にあふれている。ゲストも、マーカス・アンダーソン、ジェフ・カシワリン・ラウントリーなど、注目だ。M2「I’m Ready」は、ブラッドリーとアンダーソンの絡むホーンセクションが、クラッシックなスウィート・ソウルの雰囲気な佳曲。M8「All Said and Done」はバラードで、カシワのサックスと、ブラッドリーのトランペットがメローに絡んで、いい感じなのだが、フェイドアウトしてしまうのが残念。M9「What You Won’t Do For Love」は、ボビー・コールドウェルの名曲のカバー。リン・ラウントリーとのツイン・トランペットが聴きもので、コールのピアノが絡んで、オリジナルとは違う、洗練されたファンキーさがかっこいい。この曲は、いろいろなアーティストに良くカバーされるけれど、これは秀逸なバージョンのひとつにあげたい。M3「Manhattan Bridge」、M4「Only Time Will Tell」、M7「Another Day & Time」、はいずれも、コールのアコースティック・ピアノと、ブラッドリーのトランペットが、ユニゾンするテーマや、会話するアドリブのやりとりから、心地よいヴァイブレーションが伝わってくる、このアルバムのハイライト・トラック。全編、リズム・トラックが「打ち込み」系の音で、個人的にはちょっと残念。これはコールの「作り方」かもしれないが、巧者のドラマーやベーシストのリズム陣を使って、リアルなヴァイブレーションで作り上げたら、「大正解」になるのだけれど。でも、寒い冬の夜に聴くのにピッタリなスムーズ・ジャズ作品。

2014年2月 8日 (土)

Magnus Lindgren 「Souls」(2013)

Souls

マグナス・リングレンは、スウェーデンのサックス奏者(フルート、クラリネットも吹く)。作編曲家でもあり、才能溢れるジャズ・アーティストだ。スウェーデン・グラミーなど多くの受賞歴もあり、スウェーデン・ジャズ界を代表するアーティストの1人。ハービー・ハンコック、ジェイムス・イングラム、ニコラス・コンテなど、世界的なミュージシャンとも共演している。同じスウェーデンのミュージシャンで、「スウェーデンのクインシー・ジョーンズ」と呼ばれている(らしい)、トロンボーン奏者ニルス・ラングレン主催のファンク・バンド「ニルス・ラングレン・ファンク・ユニット」のメンバーでもある。ちなみに、この「ファンク・ユニット」は必聴!新譜が出たら紹介したい。 さて、リングレンのこの新作は、ボーカリストを迎えて、リングレンが「歌伴」にまわるという企画的な内容。複数のボーカリストが参加しているので、アルバムの統一感より、コンピレーションのようだが、それぞれカラーが違っても完成度の高い楽曲ばかり。参加しているボーカリストは、イヴァンス・リンス、グレゴリー・ポーター、マーク・ライリー(マット・ビアンコ)、リグモール・グスタフソン、アンナ・クリストッフェション、マリー・フレデリクソン(スウェーデンのロックデュオ、ロクセットの1人)。中でも、注目は、新人とは思えないカリスマ性のある、男性ジャズ・ボーカリスト、グレゴリー・ポーター。伝統的なジャズボーカルのスタイルであり、黒っぽいソウルな「味」もある唄声の持ち主。ポーターが参加した3曲、M1「Souls」、M7「Small Stuff」、M8「Broken Heart」は、いずれも「しぶい」ポーターの唄声に耳が奪われる。でも、ゲスト参加ということもあるのか、ポーターは少し「控えめ」な唄いっぷり。それがむしろピッタリな楽曲と言える「Souls」は、AORのような楽曲で、ボーカルとサックスの掛け合いがメローでかっこいい。「Small Stuff」はファンキーな楽曲で、フルートがこんなファンキーなんて、出色のトラック。ボーカル無しのインスト3曲もすばらしい。M3「Creepin」(スティービー・ワンダー)では、オーバーダビングのフルートとサックスの重なりが印象的だし、M6「Barcelona」(これはリングレンの自作曲)はメランコリックなサックスが、これはまさしく正当派ジャズのプレイヤーという感じで、曲のメロディーも、絡むギターも美しい佳曲。最後の曲は、スティング作のポリスの名曲、M11「Wrapped Around Your Finger」で、ここでも彼のフルートが聴きもののベスト・トラック。色っぽく艶やかで、力強くもある音色は、そうか、まるで「唄声」のようなフルート。これが、リングレンのこのアルバムの「答え」なのかな。

2014年2月 2日 (日)

グラミー賞の結果

第56回グラミー賞が発表された。「ベスト・ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」の受賞は、ハーブ・アルバートの「Steppin’ Out」。カテゴリー名に付いている「ポップ」という捉え方なら、この作品はバラエティに富んだ内容だし、広い層のリスナーを魅了する点では、文句無し。でも、他のノミネートの4作品が、今の時代の「スムーズ・ジャズ」であったから、選ばれなかったのはちょっと残念ではある。中でも、ジェフ・ローバーの「Hacienda」は、ポップ・インストゥルメンタル、いやスムーズ・ジャズと呼ぶより、フュージョン・ジャズと呼びたい、最も近未来的なグルーヴの作品だから、ノミネートされただけでも、これらの周辺音楽の潮流を示しているようで、「快挙」だったのかもしれない。何度か書いたように、グラミー賞に「スムーズ・ジャズ」というカテゴリーが無いのは、まだ「市民権」が得られてないのかなと。日本はまだしも、このブログで紹介しているように、本場の米国発アーティストも作品も人気とクオリティは、もう充分だと思うのだが。グラミー賞の「カテゴリー」というのも、変遷があって面白い。「ベスト・ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」というのも2000年から「新設」されたカテゴリーで、受賞作品はこのようになっている。
Best Pop Instrumental Album:
2013 - Steppin’ Out, Herb Alpert
2011 - The Road from Memphis, Booker T.Jones
2010 - Take Your Pick Larry Carlton & Tak Matsumoto
2009 - Potato Hole, Booker T.Jones
2008 - Jingle All The Way, Bela Fleck & The Flecktones
2007 - The Mix-Up, Beastie Boys
2006 - Fingerprints, Peter Frampton
2005 - At This Time, Burt Bacharach
2004 - Henry Mancini: Pink Guitar, James R.Jensen
2003 - Mambo Sinuendo, Manuel Galban & Ry Cooder
2002 - Just Chillin’, Norman Brown
2001 - No Substitutions Live in Osaka, Larry E.Carlton & Steven Lukather
2000 - Symphony No.1, Joe Jackson
顔ぶれを見ると、歌無しのインスト作品という共通点で、ロックありブルースあり、はたまたカントリーやイージー・リスニングありという訳で、行き場のない良作品が選ばれていて、グラミー賞の「意義」なのだろう。2002年のノーマン・ブラウン「Just Chillin’」は、ポール・ブラウンがプロデュースした作品で、今聴いても「かっこいい」スムーズ・ジャズ作品で、必聴。
スムーズ・ジャズがまだ「中途半端」なジャンルというのも現実かもしれない。「ジャズ」と名前が付いていても、グラミー賞の「ジャズ」カテゴリーにはまったく関係無いようだし。グラミー賞「ジャズ」部門では、メインストリームで、インプヴィゼーションが中心のアーティスや作品が中心。ちなみに、「ベスト・ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム」の近年受賞は次の作品。
Best Jazz Instrumental Album:
2013 - Money Jungle: Provocative In Blue, Terri Lybne Carrington
2012 - Unity Band , Pat Metheny Unity Band
2011 - Forever, Chick Corea, Lenny White & Stanley Clarke
2010 - Moody 4V James Moody
2009 - Five Peace Bank Live, Chick Corea & John McLaughlin Five Peace Band
2008 - The New Crystal Silence, Chick Corea & Gary Burton
2007 - Pilgrimage, Michael Brecker
2006 - The Ultimate Adventure, Chick Corea
2005 - Beyond The Sound Barrier, Wayne Shorter Quartet
2004 - Illuminations, Christian McBride, Gary Bartz, Lewis Nash, McCoy Tyner & Terence Blanchard
2003 - Alegria, Wayne Shorter
2002 - Directions In Music, Herbie Hancock, Michael Brecker & Roy Hargrove
2001 - This Is What I Do, Sonny Rollins
2000 - Contemporary Jazz, Branford Marsalis Quartet
実は、2000年から2010年まで「ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム」というカテゴリーがあって、受賞作品はこれ。
Best Contemporary Jazz Album:
2010 - The Stanley Clarke Band
2009 - 75 , Joe Zawinul & The Zawinul Syndicate
2008 - Randy In Brasil, Randy Brecker
2007 - River : The Joni Letters, Herbie Hancock
2006 - The Hidden Land, Bela Fleck And The Flecktones
2005 - The Way Up, Pat Metheny Group
2004 - Unspeakable , Willam Frisell
2003 - 34th N Lex, Randy Brecker
2002 - Speaking Of Now, Pat Metheny Group
2001 - M2, Marcus Miller
2000 - Outbound, Bela Fleck And The Flecktones
どちらのベスト作品も、チック・コリアや、パット・メセニー、ハービー・ハンコックといった、今のジャズの巧者達で、「ジャズ」そのものが、「バップ」や「モード」など留まるはずもなく、今やコンテンポラリーそのもので、分ける必要も無くなったということだろう。ジャズの方は、アンサンブルやアドリブの「芸術性」を評価されるジャンルで、スムーズ・ジャズのようなスタイルは、ジャズと名乗ってはいても、相手にしてもらえない。スムーズ・ジャズは、専門家に言わせれば、ジャズのサイドからは「本物」と思われず、ポップスの立場からは「亜流」なのか。スムーズ・ジャズは、要は「スムーズなミュージック」な訳で、ボニー・ジェイムスや、デイブ・コーズらの、ワクワクする音楽が、人気に加えて、音楽としてもっと「評価」されれば、それでいいのだけれど。

2014年2月 1日 (土)

Level 10 「Vector」(2014)

L10

レベル10、先日紹介したシングル「Imagine That」、に続いてのこれが新作アルバム。過去作品は、「Together」(2009)、「Crossover」(2011)があって、この新作は3作目。彼らの音楽は、「フュージョン」なのだが、下敷きというか、フォーマットというか、イエロージャケッツや、リッピングトンズ、スパイロジャイラといったフュージョンバンドを彷彿とする「音」。いずれも老舗のフュージョンバンドは、今も活躍しているけれど、見渡せば彼らぐらいなもので、80年代初めの頃のフュージョン・スタイルは、モダン・ジャズ同様に、いずれクラッシック化、レトロ化してゆく音なのかもしれない。そんなところに、このレベル10登場。なんと、その「レトロ化」して行くかもしれないフュージョンを、ひねらずに、ストレートなバンドサウンドでやってくれる。それも、かなり巧者の「音」と「グルーヴ」に、嬉しくなってしまう。中心人物でキーボードがLevy DeAndrade、サックスがRex Freligh、ベースがYovannis Rogue、ドラムスがIvan Diaz Avila、の4人編成のバンドで、リズムはタイトでシャープだし、ベースの「うねり」も聴きものだし、サックスやキーボードもダイナミックだ。M1「Given」から始まり、シングルの「Imagine That」を含めて続く6曲は、連続するフュージョン・サウンドで、この疾走感がたまらない。M6「Traffic」は、「かけ声」を入れてファンキーというかヒップな音で、このあたりは、昔のフュージョンのコピーではなく、彼らのオリジナリティを感じる佳曲だ。最後の2曲はちょっと変わった路線で、M8「Side By Side」は、ピアノがリチャード・クレイダーマンのような「ロマンス路線」だったり、M9「Pra Voce」も、ピアノが中心の、「クィークカ」(動物の鳴き声のような、あの楽器です)が入るソフトなサンバ曲。この2曲は「ご愛嬌」として、アルバムを通してのフュージョン・バイヴレーションが生き生きとした作品で、このレベル10は注目のバンドだ。最近のジェフ・ローバーが作る進化したフュージョンもそうだし、今年はフュージョンが熱くなる年になるかなあ。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」