« Willie Bradley 「Another Day & Time」(2014) | トップページ | Vandell Andrew 「Turn It Up」(2014) »

2014年2月16日 (日)

スムーズなシングル盤 ⑰

Pstevens

Shelter

Jq

デイヴィッド・P・スティーヴンスは、ギタリストであり作編曲、プロデューサーをこなすマルチタレント。新曲シングル「Innocence」は、サックス奏者ジャネット・ハリスをフューチャーした、フィラデルフィア・サウンドのスウィート・ソウル・バラード。スティーヴンスのちょっと硬質なギターに、ハリスの泣くようなサックス、そしてコーラス、と来れば「オールド・スクール」タイプの「お決まり」のスタイルだけれど、沁みるなあ。 カル・ハリス・ジュニアのシングルは、アルバム「Shelter Island」の冒頭を飾っていたタイトル曲。でも、このシングルはアルバムと内容が違う興味深いバージョン。このシングルのサックス演奏はユージ・グルーヴ。アルバム・バージョンの方のサックスはクレジットが無いので、見抜けないのだが、このシングルでは、出だしから、いかにもグルーヴだと分かるフレーズが出てきて、終盤までサックス演奏が長く登場する。アルバムでは、中盤はハリスのピアノが中心のミックスだが、シングルのほうは、グルーヴのサックスが前面に出てきて際立っている。グルーヴのファンは聴かなくっちゃあ。カナダのフュージョン・ジャズ・バンド、グルーヴ55。そのキーボード奏者で、バンドの中心人物が、ジャック・ミノー。彼のソロ名義のシングル「The Rabbit Trail」は、ジョージ・デュークに捧げたという曲。グルーヴ55のメンバーも参加してタイトなリズムを刻み、ミノーのエレキピアノが軽快なフュージョン・ナンバー。フェイドアウトするのが残念、もっと聴きたい。

« Willie Bradley 「Another Day & Time」(2014) | トップページ | Vandell Andrew 「Turn It Up」(2014) »

シングル」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」