« スムーズなシングル盤 ⑰ | トップページ | Lisa Stansfield 「Seven」(2014) »

2014年2月22日 (土)

Vandell Andrew 「Turn It Up」(2014)

Turnitup2

ニューオリンズ出身のサックス奏者ヴァンデル・アンドリュー。デビュー作品「Years Later..」(2011)は、ハリケーン、カタリーナに襲われたニューオリンズに想いを馳せたということで、ちょっと「内省的」な作品だった。この新作は、5曲入りミニアルバムだが、いずれもプログラム系のアップテンポのダンス・ビートに、スカっとして弾けるサックスが明るい作品になった。5曲の内、3曲が、ネイト・ハラシムのプロデュースで、これがさすがハラシムという感じで、緻密でタイトなサウンドと、アンドリューのサックスが生き生きとしたミックスは、他2曲と比べてクオリティが明らかに違う。M1「Let’s Ride」、M3「Driven」、M5「Turn It Up」が、ハラシムのプロディース・トラック。ハラシムのワンマン・バンドの音をバックに、アンドリューのアルト・サックスが乗っかるという作り。アンドリューは、彼のサイトで、「スムーズジャズは、スーパーマーケットや歯医者で聞こえてくるエレベーター(の中で聞こえる)音楽なんてレッテルが付いているけれど、この作品でそんなインストゥルメンタル音楽の垣根を壊したい。」と言っている。スムーズジャズは、パーティーやドライブ、色々なシチュエーションで聴かれる使用頻度の高いBGM。それは、ビジネスの点で、重要な要素だが、音楽性の評価は注目されない。たとえスタイルがBGM的でも、アンドリューのようなアーティストの主張ある音楽に耳を傾けないのはもったいない。こんどは、ハラシムの全曲プロデュースでフルアルバムを期待したい。

« スムーズなシングル盤 ⑰ | トップページ | Lisa Stansfield 「Seven」(2014) »

サックス」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」