« Chris Standring 「Don't Talk, Dance」(2014) | トップページ | Paul Taylor 「Tenacity」(2014) »

2014年3月30日 (日)

Nick Colionne 「Influences」(2014)

Nick

ニック・コリオーネは、シカゴ出身のギタリストで、「ジャズ界のベストドレッサー」と称されるそう。そのファッションは、アメリカのステイシー・アダムスというデザイナー・ブランドで固めているそうだが、例えば真っ赤な色のスーツに、白いハット帽の出で立ちは、「ミニー・ザ・ムーチャ」のキャブ・キャロウェイや、ハット帽を欠かさなかったブルース・ギタリストのオーティス・ラッシュ、あたりを彷彿とする。レトロだけれども、かっこいい。コリオーネの弾くギターは、ウェス・モンゴメリーからジョージ・ベンソンへと続くスタイルの継承者だ。使っているギターも、ギブソンや、エピフォーンというセミアコ・ギターで、柔らかいジャズ・トーンを、オクターヴやコードストロークの重弦奏法を多用して、ブルージーでファンキーに奏でるギタリスト。スムーズ・ジャズ界でいえば、ユー・ナムや、ティム・ボウマン、ノーマン・ブラウンあたりが同系列のギタリストと言えるが、このコリオーネが最右翼だろう。M1「Slammin’」は、ホーン・セクションがダイナミックな、まさにベンソンを彷彿とさせるギターがポップな曲。M2「Got to Keep It Moving」も、M3「Nico’s Ride」も、スウィート・ソウルなムードがたっぷりの佳曲で、R&Bべったりでなくて、いずれもポップなところがこの人の特徴。M7「Here’s to You」は、ちょっとメランコリックなテーマが印象的で、シングル・トーンのレイド・バックしたギター・パッセージが、沁みるようにメロウな曲。 M5「Born Again」は、典型的なスィート・ソウルなバラード曲で、ドスのきいた自らの唄声を披露して、女性ボーカリストのMaysaとデュエットしている。最後の2曲、M9「Whatta ‘Bout You」と、B10「Sting Like a King B」は、一転、ブルースに弾けるコリオーネが聴けるファンキーな曲。特に、曲名にも冠した最後の曲は、B.B.キングへのオマージュなのか、チョーキングたっぷりのブルース・ギター大会になって、ちょっと聴きものだ。

|

« Chris Standring 「Don't Talk, Dance」(2014) | トップページ | Paul Taylor 「Tenacity」(2014) »