« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の記事

2014年4月28日 (月)

Ken Navarro 「Ruby Lane」(2014)

Rubylane

ケン・ナバロは、1990年のデビューから通算20におよぶアルバムを出しているキャリアの長いギタリスト。自己のレーベル、ポジティブ・ミュージック・レコードを率いていて、自己の作品だけでなく、グレッグ・カルーカス、トム・ブラクストンなど他のアーティストの作品もリリースしている。そして、この新作が、自身ソロ21作目の作品。 ナバロのギターは、映像的な演奏で、時に、幻想的であったり、爽やかで、ヒーリング・ムードが漂う。アルペジオやストロークも多用するドラマチックな演奏は、パット・メセニー的と評されることも。そういえば、パット・メセニーのアコースティック・ソロ演奏アルバム「What’s It All About」(2011)がビートルズなどポップス名曲のカバー作品だったように、触発されたかどうかは想像だけれど、ナバロの前作「The Test Of Time」(2012)もアコギ・ソロ演奏の作品で、ビートルズ曲もありのカバー作品だった。この新作は、セルフ・ダビングや、ストリングスと共演もあるが、前作の室内楽的なムードを引き継いで、さらに色彩豊かに進化させた作品と言える。始まりの曲、M1「Can I Make It Last」は、これは珍しい、ボズ・スキャッグズ作品のカバーで、オリジナルはボズの「Moments」(1971)に入っていたインスト曲。M3「Kings and Queens」は、2本ギターの掛け合いに聴こえるが、おそらくワンマン・ダビングだろう。M4「Westbound and Rolling」も、複数のギターが重なるが、これもダビングかな。M7「Higher Groud」(スティーヴィー・ワンダーの曲のカバー)も、ダビングが入るが、ほぼギター1本のソロ演奏。オープンチューニングのようにも聴こえるダイナミックなギターの、ブルースっぽいチョーキングやコードストロークのテクニックに圧倒される。このあたりのギター・テクは、12弦アコギのヴァチュオーゾ、レオ・コッケを想起する、ナバロもコッケの影響受けてるのかな。M9「Fortunate Son」は、彼の過去アルバムの「Labor of Love」(1991)、「Ablaze In Orland」(1998)、でそれぞれ録音している曲で、今回はギター・ソロでの演奏。彼の両親に捧げた曲だそうで、思い入れが伝わってくるハートフルな演奏。M5「When the Spirit Speaks」は、弦楽四重奏との共演した演奏で、中盤のスウィングするギターのジャズ的フレージングが新鮮。いずれの演奏も、室内楽的で、ニュー・エイジ風とも言えるかな、ナバロの私的な心象風景が伝わってくる曲の数々。そんな中で、イチオシは、M8「Ruby Lane」。この曲はリズム・セクションが入った演奏で、都会的なサウンドに、繊細でメランコリックなフレーズが美しい。愛妻との結婚40周年を記念して作った曲だとか。曲別に、今年のスムーズ・ジャズ・ベスト・ソングを選ぶとしたら、この曲は間違いなく入れたい。

2014年4月27日 (日)

Michael Lington 「Soul Appeal」(2014)

Soulappeal_lg

マイケル・リントンの新作は、タイトルに偽りなし、リズム&ブルースでソウルなスピリットが炸裂して、ワクワクさせてくれる秀作だ。前作「Pure」(2012)も、ファンキーなサウンドに、マイケルらしい強烈なブロウのサックスが魅力的な、硬派の作品だった。その作品でも、リズム&ブルースの下地を感じさせる演奏だったけれど、この新作は際立ったまさにR&Bな演奏。前作と異なって、1発録りのような演奏と録音は、ライブ的なノリが伝わってリアルな臨場感。マイケルは、デイブ・コーズや、ボニー・ジェイムスの路線のフォロワーと評されるけれど、この新作で、彼の個性はリズム&ブルースなんだという「アピール」の作品。冒頭のM1「Soul Appeal」、M2「Taking Off」、M3「Uptown Groove」は、メンフィス・ソウル連続弾のような、怒濤の3曲。ノリノリのビートに乗ってパワフルに吹きまくるマイケルのサックスにガツンガツンだ。M6「In the Pocket」は、R&Bサックス奏者キング・カーティスの作品で、60年代のファンキーなR&Bのスタイルのホットな演奏、つまりは、キング・カーティスこそマイケルのヒーローで、これがこの作品のテーマなのだろう。M10「Memphis Soul Stew」も、キング・カーティスの作品、60年代の「濃い〜」ソウル・サウンドのヴァイブレーションで、マイケルのサックスが一番炸裂するトラック。方や、バラードでの、マイケルのサックスは、「泣き」のフレーズにもブルーズなソウルを感じる。M5「Manhattan Nights」のミディアム・スロー・バラード、とピアノ・バラードのM11「Follow Your Heart」は、どちらも、美しい。M4「Gonna Love You Tonite」は、ボーカル曲で、唄っているのはソウル・シンガーのケニー・ラティモア。このトラックだけは、AORのようなムードも感じるアーバンな曲。ケニーのソフトな唄声に絡むマイケルのサックスのフレージングが、シャープでかっこいい。今年のベスト候補に入れたい一枚。

2014年4月26日 (土)

Nathan East 「Nathan East」(2014)

Nathaneast_lg

ベース奏者ネイザン・イーストの初めてのソロ・アルバム。フォープレイの1990年結成以来のオリジナル・メンバーで、数々のアーティストの作品に参加してきた40年にもなるというキャリアでの活躍は、スムーズ・ジャズ・ファンならず広く音楽ファンの周知のプレイヤーなので、初めてのソロ・アルバムと聞いて、そうだったのかと意外。満を持してのこの作品、彼の今までの人脈からビッグなアーティストの参加と、ベーシストに留まらない広範囲な音楽性が、花咲いている素晴らしい作品。ネイザンのベースももちろん聞き所だけれど、他のベース・プレイヤーのソロ作品と違って、ベース・プレイを主張している作品ではない。参加アーティストとのコラボレーションは、ネイザンとの意思疎通が伝わる暖かい演奏だし、カバーで取り上げた曲のセレクトや、アレンジや構成など、ネイザンのプロデュース力を発揮した個性あふれる作品。でも、ポピュラーな作品として、ジャンルを超えて多くのリスナーが気に入るに違いない秀作。 スムーズジャズ・ファンとしては小躍りしてしまう1曲目M1「101 Eastbound」は、フォープレイのデビュー作「Fourplay」(1991)に入っていた曲。個人的には、リー・リトナーがいた結成時のフォープレイのデビュー作と、2作目の「Between The Sheets」(1993)は、エバーグリーンな愛聴盤なので、この1曲目はうれしい。 M2「Sir Duke」はスティーヴィー・ワンダーの名作、ネイザンがリード・プレイ取るベースが聴きもの。スティーヴィー作品はもう1曲、M10「Overjoyed」が入っていて、なんと彼自身のハーモニカ演奏がフューチャーされている、アルバムのハイライト。スティーヴィーはハーモニカ演奏のインスト・アルバムを出していて、変名のEivets Rednow(スティーヴィーの逆綴り)名義の「Alfie」(1968)というアルバム。いつか、またハーモニカだけのインスト・アルバムを作って欲しい、なんて叶わぬ夢かなあ。 ヴァン・モリソンのマイケル・マクドナルドが歌で参加しているのは、M4「Moondance」で、言わずと知れたヴァン・モリソンの名曲で、マイケル・マクドナルドのシブくてパワフルなボーカルが聴きもの。マイケル・マクドナルドの作品の、M5「I Can Let Go Now」が入っていて、彼のソロ・デヴュー作「If That’s What It Takes」(1983)の曲。でも、歌っているのはサラ・バレリスで、しっとりとした唄声がいいなあ、マイケル・マクドナルドとデュエットしたら最高なのに。 M8「Can’t Find My Way Home」(スティーヴ・ウィンウッド作)は、伝説のバンド、ブラインド・フェイスの「Blind Faith」(1969)に入っていた曲で、なんとブラインド・フェイスのひとりであった、エリック・クラプトンがギターとで、ネイザンのボーカルというコラボだから、これは驚愕の1曲。M7「Sevenate」は、チャック・ローブ、M9「Moodswing」はボブ・ジェイムス、それぞれフォープレイの盟友との共演。 日本盤のボーナスに入っているM12「Finally Home」は、小田和正の曲に、ネイザンが詩を付けて歌った曲。ネイザンの優しい唄声がしっとりして心地いい。昔、オフコースが、全曲英語で唄った「Back Streets of Tokyo」(1985)というアルバムがあったけれど、小田さんの楽曲に英語詩はなかなかハマって、コンテンポラリーな作品だった。日本語詩の世界観はちょっと感傷的だからね。 バラエティに富んだどの曲も聞き逃せないアルバムだけど、ここはやっぱり、ネイザンのベースとスキャットがフューチャーされた、スムーズ・ジャズかファンクなタイプのインスト曲にググッときてしまう。その点では、M1「101 Eastbound」、M2「Sir Duke」、M6「Daft Funk」(共作のマイケル・トンプソンのギターも必聴)、が個人的ベスト・オブ・ベストかな。

2014年4月21日 (月)

「バート・バカラック自伝」 バート・バカラック著

Bbacharach_2 Anyone

バート・バカラックは、1928年生まれだから、おそらく85歳。いまだに、演奏公演も行っている巨匠であるが、過去60年にわたる作曲家人生と私生活を振り返ったのがこの自伝。私生活では、女優アンジー・ディキンソンとの結婚離婚、その後は、作品のパートナーでもあったキャロル・ベイヤー・セイガーとの結婚離婚、ひいては幸福をつかんだ現在の家族とのこと。ディンキンソンとの娘で、自閉症だったニッキーへの愛情と悲痛(彼女は他界してしまう。バカラックには「ニッキー」という作品もあり、後に、ハル・デヴィッドが詩を付けている。)。赤裸々に告白される人生は、大作曲家ゆえの、常人では経験できないような波乱に溢れている。自分自身で語る自伝に加えて、登場人物のコメントが差し挟まれるような構成は、映画的な臨場感があって素晴らしい伝記になっている。バカラックの人生についてはもちろんだけれど、音楽ファンとしては、数々の名曲や、音楽のパートナーとの逸話が興味深い。バート・バカラックと、作詞家ハル・デヴィッドは、1972年頃から共作しなくなるが、その原因は、ギャラについての軋轢が原因で、バカラックは、それを自分の過ちだと告白している。共作品がヒットを重ねていても、その賞賛は主に作曲家バカラックに向けられていた背景もあっての、失敗だったのだろう。2人が共作を続けていれば、どんなすばらしい作品が書けただろうかとバカラック自身、後悔を告白している。2人のパートナーシップは17年に及んでいて、名曲の数々で、デヴィッドの作詞が貢献をした過程と、共作の逸話をバカラックは明らかにしている。例えば、「アルフィー」は、「最高傑作」と評する歌詞が先に出来ていたので、8小節に10小節が加わった特徴的な曲になったとか。「雨にぬれても」は、映画「明日に向かって撃て!」の挿入歌だが、映画のシーンでは雨が降っていないのにあの歌詞なのは、仮歌でバカラックが歌った歌詞をそのままデヴィッドが採用したとか。アカデミー賞を取った「アーサーのテーマ」は、クリストファー・クロスの歌でヒットした名作だが、作品はバカラックとセイガー、クロス、とピーター・アレンが共作に名を連ねていて、個人的にもピーター・アレンがどこまで関与した作品か興味があった。実は、「月の光とニューヨーク・シティ〜」という一節の歌詞は、セイガーのアレンとのボツになった別作から取った歌詞を使ったので、4人が作者になったという。なにしろ、この本を読んだら、当然バカラックが聴きたくなるというわけで、。最新のリリースでは、「Anyone Who Had a Heart」(2013)という6枚組ボックス・セットが出ているが、ちょっとボリュームがありすぎるので、その編集CD2枚組(40曲入り)を聴いた。同じタイトルはiTunesでも配信されているが、契約の関係か一部の曲や曲順が違っている。キャロル・ベイヤー・セイガーとの共作時代の名作、パティ・ラベルとマイケル・マクドナルドのデュエット「On My Own」(1986)や、クリス・デバーの「Love Is My Desicion」(1988)、はCDでは聴けるが、iTunes版には入っていない。というように何曲か違いがあるので注意されたし。自伝の方には、日本版独自の詳細なディスコグラフィーが付いている。(訳:奥田祐土、発行:シンコーミュージック)

2014年4月20日 (日)

Marcus Anderson 「Style Meets Substance」(2014)

Anderson_lg

マーカス・アンダーソンは、プリンスのバンド、ニュー・パワー・ジェネレーション(NPG)のホーン・セクションに、2010年から参加しているサックス奏者。ソロ・アルバムも、デビュー作「My Turn」(2005)から通算4作品をリリースしていて、この新作が5作品目。ジェフ・カシワスティーヴ・コールが、かつてキム・ウオーターズと組んだ「ザ・サックス・パック」(2008年〜2009年)の再結成にあたり、キム・ウオーターズが抜けて、このアンダーゾンがツアーに参加した(2012年)というニュースも伝わって来た。この新作は、プリンスのバンドなど、そういった経験を踏まえた上での作品ということもあるだろう、サウンドやアレンジの厚みの豪華さと、アンダーソンのサックス・プレイは、テクニックもさることながら、色っぽいというのか、並々ならぬ力量を感じる。3秒ほどのイントロから始まる仕立てからしてそうなのだが、全13曲(イントロ以外)がそれぞれドラマチックな構成で、アルバム全体もなにかストーリーがあるようで、曲ごとにリスナーのハートをつかむような魅力に溢れている。アンダーソンが中心になったホーン・セクションが炸裂するパワフル・ビートな曲、M1「Style Meetis Substance」、M2「Bee Maroon」、M7「Just Like Me」、は、いずれもソウルフルでポップなダンス・チューンで、複雑系のホーン・アレンジメントあたりは、プリンスの影響かもしれない。一方、スウィート・ソウルなバラードのM9「Your Wish Is My Command」は、アンダーソンのサックスがグッとハートに来る曲で、デリケートにフレーズを表現するテクニックに圧倒される。胸キュンメロディーが、映画の1シーンのようなM4「You Made My Day」は、ひたすら上質なポップ・チューン。M10「All About You」は、ヒップなダンス・チューン。アンダーソンのサックスはボーカルのごとく表情豊かな演奏で、3分たらずで終わらないで欲しいなあ。この数週間、この作品は相当にヘビー・ローテーションだったし、これは間違いなく今年のベスト級の作品。

2014年4月16日 (水)

Citrus Sun 「People of Tomorrow」(2014)

Citrussun_lg

シトラス・サンは、インコグニートのブルーイがプロデュースしたプロジェクト・バンド。シトラス・サン名義では、2000年に「Another Time Another Space」をリリースしている。今回の新作は、フューチャーされているギタリストがジム・マレンだというから、80年代のUKフュージョンに魅了されたファンとしては、何とも懐かしい。サックス奏者ディック・モリッシーとマレンが組んだバンドが、モリッシー=マレンだった。80年代初めのフュージョン・ブームの時代に、シャカタクやレベル42のUKバンドが人気を博して、同じUK発のモリッシー=マレンも人気があった。モリッシー=マレンの作品「It’s about time…」(1983)は特に記憶に残っていて、「ブレードランナーのテーマ」のカバーを演っていたりと、その頃はかなり聴き込んだ記憶があるが、もう手元にCD(レコードだったか?)も無いし、残念ながら廃盤のようで、日本のiTunesにも無い。You Tubeで何曲かは聴けるぐらい。さて、シトラス・サンだけれど、リズム・セクションはインコグニートのメンバー、マット・クーパー(key)、フランシス・ヒルトン(b)、ジョアオ・カエタノ(per)、フランチェスコ・メンドリア(dr)、そのまま。インコグニートがバタ臭いファンク・パワーだとすると、方や、ラウンジ・ジャズというのか、もっとソフトでメローなスタイルを追求しているこがシトラス・サン。陰と陽な感じといったらよいのか、ブルーイの音楽性の両面を聴いているようで興味深い。マーヴィン・ゲイの名曲、M6「What’s Going On」は、マレンのギタープレイがフューチャーされているが、ベテランの味というのか、おおらかなプレイに、ほんわかとしたムードのカバー。M4「What Color Is Love」は、テリー・キャリアーの名曲をカバーしていて、歌っているのはヴァレリー・エティエンヌという人。このトラックはすばらしい。魅惑的なボーカルにうっとりする。沁みる、いい曲だなあ。ボサノバのM1「Mais Uma Vez」、ラテン・ビートのM7「Tonight We Dance」は、いずれもキャッチーなナンバーで、どこかレトロなムードがあるけれど、リーピートしたくなる佳曲。M2「Cooking With Walter」は、パワフルなホーン・セクションに、ちょっとインコグニートを感じる一番ファンキーなナンバー。メローなムードに浸れる曲もあるけれど、でもヤワな感じはしない、硬派なリズムセクションがやっぱり本物という感じ。それにしても、このブルーイという人のサウンド・ディレクションは、今や乗っているという感じ。偉大なるクインシー・ジョーンズあたりのポジショニングに、近づいている?

2014年4月 6日 (日)

Paul Taylor 「Tenacity」(2014)

Tenacity

ポール・テイラーの10枚目の新作。メローな美音色のサックス奏者といえば、ケニーG、ナジーマリオン・メドウズ、など、聴き逃せないアーティストが多いが、この人、ポール・テイラーは個人的にベスト・プレイヤーのひとり。いや、最右翼かな。ソウルフルなサウンドや、ファンキーなプレイも、この人の持ち味だけれど、美しいサックスの音色は、知的で、ピュアなところが、一番の魅力。この新作は、全10曲、比較的スローな曲が中心で、バラード作品集という趣のアルバムになっていて、メローなテイラーが堪能できる。特に、M1「Supernova」(ピアノはジョナサン・フリッツエン)、M5「Luxe」、M9「More to Come」、の3曲は、ソプラノ・サックスを吹いているトラックで、その音色とメロディーには癒されてしまう。方や、視界が広がるような心地よさを与えてくれるアルトの音色も魅力的だ。M2「Tenacity」は、ミディアムスローなポップな曲で、ファンキーなサックスだけど、ノリを押さえ気味なところがテイラーらしいサウンド。M8「Open Road」は、バラード中心のアルバムの中で、ミディアム・テンポだけれど爽快感あふれる曲。セルフ・ダビングのサックスがかっこいい。M4「Spur of the Moment」は、R&Bムードの曲で、これも疾走しそうでしないというか、タイトなリズムに乗っかって、ユニゾンダビングされたサックスがファンキーだ。ポール・テイラーのデビュー作「On The Horn」(1995)は、キーボード奏者ケイコ・マツイの夫でありプロデューサーのカズ・マツイがプロデュースした作品。その後、9枚のソロアルバムを、ほぼ2年ごとにコンスタントにリリースしている。テイラーは、1999年頃、ザ・リッピングトンズのサックス奏者でもあった(ジェフ・カシワの後任)。ザ・リッピングトンズのアルバムでは、「Topaz」(1999)、「Live Across America」(2000)が、テイラーのリード・サックスが聴ける作品。今回の新作は、彼のデビュー当時からサウンドを共作していたDino Espositoという人が、プロデューサーで、1曲をのぞく全作品をテイラーと共作している。バックサウンドは、Espositoのキーボードや、リズムもプログラムによるワンマンバンドなので、好みが分かれるところ。もっとR&Bでソウルフルなグルーヴのテイラーなら、近年作の「Burnin’」(2009)がいい。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」