« Marcus Anderson 「Style Meets Substance」(2014) | トップページ | Nathan East 「Nathan East」(2014) »

2014年4月21日 (月)

「バート・バカラック自伝」 バート・バカラック著

Bbacharach_2 Anyone

バート・バカラックは、1928年生まれだから、おそらく85歳。いまだに、演奏公演も行っている巨匠であるが、過去60年にわたる作曲家人生と私生活を振り返ったのがこの自伝。私生活では、女優アンジー・ディキンソンとの結婚離婚、その後は、作品のパートナーでもあったキャロル・ベイヤー・セイガーとの結婚離婚、ひいては幸福をつかんだ現在の家族とのこと。ディンキンソンとの娘で、自閉症だったニッキーへの愛情と悲痛(彼女は他界してしまう。バカラックには「ニッキー」という作品もあり、後に、ハル・デヴィッドが詩を付けている。)。赤裸々に告白される人生は、大作曲家ゆえの、常人では経験できないような波乱に溢れている。自分自身で語る自伝に加えて、登場人物のコメントが差し挟まれるような構成は、映画的な臨場感があって素晴らしい伝記になっている。バカラックの人生についてはもちろんだけれど、音楽ファンとしては、数々の名曲や、音楽のパートナーとの逸話が興味深い。バート・バカラックと、作詞家ハル・デヴィッドは、1972年頃から共作しなくなるが、その原因は、ギャラについての軋轢が原因で、バカラックは、それを自分の過ちだと告白している。共作品がヒットを重ねていても、その賞賛は主に作曲家バカラックに向けられていた背景もあっての、失敗だったのだろう。2人が共作を続けていれば、どんなすばらしい作品が書けただろうかとバカラック自身、後悔を告白している。2人のパートナーシップは17年に及んでいて、名曲の数々で、デヴィッドの作詞が貢献をした過程と、共作の逸話をバカラックは明らかにしている。例えば、「アルフィー」は、「最高傑作」と評する歌詞が先に出来ていたので、8小節に10小節が加わった特徴的な曲になったとか。「雨にぬれても」は、映画「明日に向かって撃て!」の挿入歌だが、映画のシーンでは雨が降っていないのにあの歌詞なのは、仮歌でバカラックが歌った歌詞をそのままデヴィッドが採用したとか。アカデミー賞を取った「アーサーのテーマ」は、クリストファー・クロスの歌でヒットした名作だが、作品はバカラックとセイガー、クロス、とピーター・アレンが共作に名を連ねていて、個人的にもピーター・アレンがどこまで関与した作品か興味があった。実は、「月の光とニューヨーク・シティ〜」という一節の歌詞は、セイガーのアレンとのボツになった別作から取った歌詞を使ったので、4人が作者になったという。なにしろ、この本を読んだら、当然バカラックが聴きたくなるというわけで、。最新のリリースでは、「Anyone Who Had a Heart」(2013)という6枚組ボックス・セットが出ているが、ちょっとボリュームがありすぎるので、その編集CD2枚組(40曲入り)を聴いた。同じタイトルはiTunesでも配信されているが、契約の関係か一部の曲や曲順が違っている。キャロル・ベイヤー・セイガーとの共作時代の名作、パティ・ラベルとマイケル・マクドナルドのデュエット「On My Own」(1986)や、クリス・デバーの「Love Is My Desicion」(1988)、はCDでは聴けるが、iTunes版には入っていない。というように何曲か違いがあるので注意されたし。自伝の方には、日本版独自の詳細なディスコグラフィーが付いている。(訳:奥田祐土、発行:シンコーミュージック)

« Marcus Anderson 「Style Meets Substance」(2014) | トップページ | Nathan East 「Nathan East」(2014) »

BOOK」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」