« Down To The Bone 「Dig It」(2014) | トップページ | Cindy Bradley 「Bliss」(2014) »

2014年5月21日 (水)

スムーズなシングル盤 ⑱

Generationnext Bradrambur3 Vincent_ioia

フュージョン的なヴァイブレーションに、ググッと来る新作シングル3枚。トリッピン・アンド・リズム・レコードのスター・アーティストが組んだスーパー・バンドが「ジェネレーション・ネクスト」。デビュー・シングルが「Let It Ride」で、メンバーは、ニコラス・コール(キーボード)、リン・ラウントゥリー(トランペット)、レブロン(サックス)、ジュリアン・バーン(ベース)というから、スムーズ・ジャズ・ファンは必聴。売れて当たり前だけれど、4人の演奏がそれぞれフューチャーされていて、オーソドックスなフュージョン・サウンドなのが嬉しい。アルバムが出たらヒット間違いなしだろうなあ。 サックス奏者ブラッド・ランブールの新作シングルは「Heard You Smile」。ブラッドは、サックスに加えてギターを演奏。グレッグ・マニング(キーボード)とジェームス・イースト(ベース)が参加したサウンドは、グルーヴィーなポップ・チューン。ランブールのギターがロックしているのが聴きもの。ちなみに、ジェームス・イーストは、ネイザン・イーストの弟で同じベーシスト。 ニューヨークのサックス奏者ヴィンセント・イオイアのシングル「No Time Like Now」もなかなか。IT企業で長いキャリアがあり、それも重役クラスから転身してのデビューというから驚き。デヴィッド・サンボーンやラリー・カールトンらと共演したこともあるリッキー・ピーターソン(キーボード)が参加したサウンドは、アーバンなフュージョンで、ヴィンセントのサックスはアタックのある「突抜け」る音色がスカットして気持ちいい。フル・アルバムが待ち遠しい。

« Down To The Bone 「Dig It」(2014) | トップページ | Cindy Bradley 「Bliss」(2014) »

シングル」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」