« 新作ニュース | トップページ | Jonathan Butler 「Living My Dream」(2014) »

2014年6月28日 (土)

Tristan 「Full Power」(2014)

Tristan

トリスタンは、オランダのバンド。ボーカルに5名のリズム・セクションを配した6人編成。ソリッドなバンド・アンサンブルの音は、ちょっと懐かしいフュージョンやファンク・ジャズ。爽快感と疾走感に満ちていて、久々にガツンとやられる。このバンドを聴いたスティーブ・ルカサーは、「良き70年代を2013年に蘇らせる(バンド)」と評したそう。インコグニートや、ザ・ブランド・ニュー・ヘヴィーズダウン・トゥ・ザ・ボーン、といった、アシッドやファンク・ジャズ系の老舗バンドを追随する、新世代バンドの登場だ。今年のグラミー賞のベストR&Bパフォーマンスに選ばれたアメリカのバンド、スナーキー・パピーも、もっと骨太で複雑系だけれど、ホーン・セクションを配したスタイルで、R&Bやフュージョンを新しく解釈しているところは、このトリスタンと共通点がある。リバイバルのようで、この生き生きとした音こそ新しい潮流かな。このトリスタンは、ボーカリストのエヴェリン・カランシーの歌のうまさに加えて、キーボードのコーエン・モレナールという人が、サウンドの中心人物のようで、タイトなリズム・セクションや、それぞれの楽曲の後半で聴けるプレイヤーの技巧的アドリブ演奏も必聴。楽曲もポップなところも聴きやすい。M1「Keep On」は、AORっぽいメロディーが懐かしい、ローテーションしたくなるベスト・ソング。M4「Step Into Bright Light」は、アース・ウィンド&ファイヤーを彷彿とするホーン・セクションが鳥肌もの。M2「Moontune」は、フュージョンなリズム・アンサンブルが聴きもので、後半のエレピのアドリブにはしびれます。なかなかの掘り出し物のアルバムですぞ。

« 新作ニュース | トップページ | Jonathan Butler 「Living My Dream」(2014) »

グループ」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」