« Greg Manning 「Dance With You」(2014) | トップページ | Ragan Whiteside 「Quantum Drive」(2014) »

2014年7月31日 (木)

スムーズなシングル盤 ⑲

Summerbreeze_2

Pressure

Maurizio

ヨーロッパ発のクールなスムーズ・ジャズを3曲。クロアチア出身のサックス奏者、イゴール・ジェルジーナの新曲「Summer Breeze」は、ユーロ・ビートの香りもするダンス・チューン。去年のアルバム「One Click World」もなかなかの好盤だったけれど、この新曲もアタック感のあるサックスとサウンドの「ノリ」が何度も聴きたくなること間違いなし。スウェーデンのキーボード奏者、マティアス・ルースの新曲は「Pressure」。前作「Feels Like Home」同様、オーソドックスなスムーズ・ジャズ・チューン。今作のゲストのサックスは、ドイツのスムーズ・ジャズ・ユニット、スリー・スタイルの「金髪美人」サックス奏者マグダレーナ・チョバンコーバという人。アコースティック・ピアノの分かりやすいフレーズの繰り返しと、ちょっとチープな(失礼)サックスの音色が何とも言えず不思議な魅力の曲。これは懐かしや、ギャップ・バンドの名曲「Yearning for Your Love」をカバーしたのは、イタリアのギタリスト、マウリツィオ・グロンドーナが率いる自己名のグループ。セミアコのソリッドなギターの音色は、ウェス・モンゴメリーを思わせて、最後はパット・メセニー的に盛り上がるサウンドがニクい。マティアス・ルースと、マウリツィオ・グロンドーナは、フル・アルバムを期待したい要注意アーティスト。

|

« Greg Manning 「Dance With You」(2014) | トップページ | Ragan Whiteside 「Quantum Drive」(2014) »