« Rob Mullins 「Soulful」(2014) | トップページ | Paul Brown 「Truth B Told」(2014) »

2014年8月17日 (日)

David P.Stevens 「Mr.Guitar」(2014)

Davidpstevens

デビッド・P・スティーヴンスの新作はタイトルは、こともあろうに「ミスター・ギター」、と来ましたか。気恥ずかしくなるようなタイトルでも、相当な自信の現れなかな。でも、これが、タイトルに違わず、5スター級の素晴らしい内容の作品。シャープなギターの音色とフレージングは、それだけで一級だし、スウィート・ソウルのスピリットに溢れたサウンドは上質なアダルト・オリエンテッド・ミュージック。スティーヴンスのギター・スタイルは、ジョージ・ベンソンのフォロワー。M8「Give Me the Night」は、言わずと知れた、ベンソンの名曲のカバーも演ってい、スティーヴンスのギターとスキャットは、もうそのまんま、ベンソンだけれど、終盤のアドリブはベンソン以上にパワフルで聴きもののトラック。そういえば、ベンソンには「Guitar Man」(2011)というタイトルのアルバムがあったっけ。ガチンコ勝負の意気込みなのかな。M2「For You」はベスト・ソング。ベンソンばりのギターとスキャットのユニゾンや、早や弾きフレージング、ポップな曲想、なかなかかっこいい曲。先にシングルで出ていたM5「Innocence」も、胸キュンのスウィート・ソウル・バラード。ジャネット・ハリスのサックスと、ミディアム・テンポで紡ぐギターがセクシーでググッと来ます。M12「Breath Away」は、ジャズ・イン・ピンクのゲイル・ジョンソンがゲストでジャージなピアノを弾いているバラード。サックス奏者のアンドリュー・ニューが加わったM4「One for Grover」や、エラン・トロットマンが加わったM7「In the Pocket」も聴きもの。今のコンテンポラリー・ジャズの若いギタリストには、このスティーヴンスのように、ベンソンの信奉者が多い。初めからベンソンを聴いて育った新世代アーティスト達かな。モダン・ジャズから、クロスオーバー、フュージョン、R&B/ポップスへと、そのスタイルを開花させたジョージ・ベンソンが、今のスムーズ・ジャズのパイオニアなのだ。

« Rob Mullins 「Soulful」(2014) | トップページ | Paul Brown 「Truth B Told」(2014) »

ギター」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」