« Euge Groove 「Got 2 Be Groovin'」(2014) | トップページ | Jeff Gaeth 「Portrait」(2014) »

2014年8月31日 (日)

Richard Elliot 「Lip Service」(2014)

リチャード・エリオットのこの新作は評価が分かれるかもしれない、少なくとも個人的には。

プロデューサーにポール・ブラウンを迎えての作品で、これがもう、ほとんど「ポール・ブラウン・サウンド」。エリオットは、前作「In The Zone」(2011)の後に、「Summer Horns」(2013)に参加。そこで、ポール・ブラウンのプロデュースの元、デイブ・コーズ、ミンディ・エイベア、ジェラルド・アルブライトと一緒にヒット作品を作ったのだから、ブラウンの影響を受けて当然か。

「Summer Horns」のメンバーは、その後、エイベア、アルブライト、ブラウンと、それぞれソロ作品を発表して、エリオットの作品がこれで、デイブ・コーズがまだだけれど、まさかコーズもポール・ブラウンのプロデュースだったりして。ポール・ブラウンのお手並みで、メローでライトなダンス・スウィングというか、軽ーい「ノリ」が粋だし、エリオットのサックスは滑るような音色が心地いい、上質な作品ではある。

M2「Lip Service」は、ちょっとマイナーなテーマが都会的なミディアム・バラード。M3「Givin’ It Up」や、M4「Sweet Spot」、M5「Sookie Sookie」と、ミディアム・テンポのポップス調が続く。こういった、ミディアム・テンポの曲が多くて、エリオットのサックスも終始メロー路線で、心地いいけれど、なんだかなあ。M1「Desire」は典型的な一曲で、エリオットのサックスが、ブラウンのギターに替わったら、そのまんま、ポール・ブラウンのアルバムに入っていても違和感無し。もっと、ガツンとした、骨太なリチャード・エリオットが聴きたい。

|

« Euge Groove 「Got 2 Be Groovin'」(2014) | トップページ | Jeff Gaeth 「Portrait」(2014) »