« Nathan Woodward 「Nathan Woodward」(2014) | トップページ | Dennis Angel 「On Track」(2014) »

2014年9月27日 (土)

Elan Trotman Group 「#liveanduncut」(2014)

Elantrotmangroup

サックス奏者、エラン・トロットマンは、カリブ海のバルバドス出身。サイドマンとしても売れっ子で、多数のビッグ・アーティストのアルバムに参加している。最近の注目新作では、グレッグ・マニングの「Dance With Me」、ジョナサン・バトラーの「Let There Be Light」、カール・ハリス・ジュニアの「Smooth」、ブライアン・シンプソンの「Just What You Need」、デビッド・P・スティーブンスの「In the Pocket」、オリ・シルクの「In the Thick of It」、等々という次第で、それぞれアルバムの中のの曲でエランがサックスを吹いている。エラン自身、自己の作品も、2001年から5枚のアルバムを出している。近年の作品、「Love and Sax」(2011)は、バラード中心のスウィート・ソウルな佳作だった。サウンドはアーバンなムードたっぷりで、エランのバラード・プレイの、抜けのいい音色と、巧者のフレージングが聴きもの。エラン自身がプロデュースした「Tropicality」(2013)は、トロピカルがテーマの作品。カリプソやレゲエなどトロピカル音楽は、彼のルーツだろうから、それまでのアーバン・スタイルから一転、サウンドも明るくて、エラン・トロットマンのサックスは嬉々として、溌剌としたプレイが好感度の高い作品だった。さて、そして、この新作はライブ録音で、バークレー出身のミュージシャン6人と組んだ自己のバンドによる、スタジオ・ライブ。スティールパン奏者が入ったセットは、それだけでトロピカル・ムードたっぷり。硬派ならソニー・ロリンズ、ポピュラーなところではナベサダを思い出す、カリビアン・ジャズの演奏。前作のカリビアン・テーマを下敷きにしているけれど、まったくの別物といっていい演奏。ライブという臨場感と、バンドのグルーヴ、エランの本格的なジャズ巧者のプレイなど、スムーズ・ジャズではなくて、これは一級のコンテンポラリー・ジャズの演奏。ベスト・トラックは、先行していたシングルのロング・バージョン、M2「Smooth’n’Saxy」だろう。メランコリーなスロー・メロディーが印象的なバラード佳曲で、エランのサックス、アコースティック・ピアノ、のインプロビゼーションも秀逸だし、高揚して行って、最後はクール・ダウンしていくバンドのバイブレーションが鳥肌もの。M3「2000 Miles Away」で聴ける、スティールパンから始まる各プレイヤーのアドリブ・サイクルも、ライブならではの臨場感が聴きもの。M4「Funkalypso」は、前作に入っていた曲。このライブ演奏は、荒削りだけれど、さらにパワフルなアレンジに変わっている。その変化が聴けるのも興味深い。ネットで公開されている生演奏は必見。耳を引くけど、目も引いてしまう。演奏の後ろのポートレートのレイチャールズと、エランのTシャツのジャズ・ジャイアンツ。負けず劣らず、プレイするエランも、雰囲気があって、ソウルフルだなあ。

« Nathan Woodward 「Nathan Woodward」(2014) | トップページ | Dennis Angel 「On Track」(2014) »

サックス」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」